タトゥー除去の費用相場は治療方法によって金額が全然違う?

費用相場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オシャレでかっこいいタトゥーですが、タトゥーは社会に出るときや、婚約するときには邪魔になってしまうモノです。

日本ではなかなか浸透しないタトゥーを社会に出るときや、結婚を機に消したいと思う人が多いそうです。

しかし、タトゥー除去はタトゥーを入れるときよりも、費用相場が格段に上がるといわれています。

実際の相場はどのくらいなのでしょうか?
今回はタトゥー除去の方法と共に、平均相場をまとめてみました。

※2018/06/08最新の情報に更新

タトゥー除去の治療方法を大まかにご紹介

まずは、タトゥー除去の大まかな治療方法をご紹介します。

タトゥー除去は基本的に美容整形外科で治療を行います。
病院でタトゥー除去の治療方法を行う場合には、自由診療となるのでかなり高額になるという特徴があります。

病院によって金額が変わってくるので、ここでご紹介する費用相場は目安としてご覧ください。
色んな病院のHPを見て自分の予算内の病院を探しましょう。

どの治療方法も医師免許が必要な施術なので、あまりに安い金額でタトゥー除去を行っている機関がある場合違法機関である可能性が多少なりとも考えられますので、気を付けるようにしましょう。

治療方法によって費用が変わるだけでなく、通院期間が変わったり、傷跡の残り方が変わって来るのでよく理解しておきましょう。

PR

【ランキング】タトゥー除去に最適!人気のクリニックベスト3
刺青・タトゥー除去に最適のクリニックをランキング形式でご紹介!全国各地にあるクリニックからオススメのクリニックBEST3をまとめています。カウンセリング・アフターケア、最新の医療技術を備えた店舗を厳選しています。
「タトゥーを消す!」決心してからやるべき事とクリニック選びのコツ
タトゥーを消す方法は4つ。「皮膚切除」「植皮手術」「アブレーション」「レーザー治療」です。このページでは、それぞれの治療方法や刺青除去に対応しているクリニック選びのコツやポイントについて説明しています。

レーザー治療で消す方法

レーザー治療

タトゥーの色素を壊すことで除去するレーザー治療は、肌に負荷がかかりにくく、傷跡が残りにくいため人気の治療方法です。

しかし、レーザー治療は何度も繰り返し行い、回数を重ねる必要があるため、最も面倒な治療法とも言われています。

1回の治療後は、数か月開ける必要があるため、タトゥー除去が完全に終わるのは1年半以上かかるそうです。

黒一色のタトゥーには強く、多色のタトゥーは除去しきることができないようでしたが、最近になって日本で使用開始されたピコレーザーなら、多色タトゥーでも除去することが可能なようです。

除去手術で消す方法

手術

レーザーでは、黒一色や特定の色しか消すことができず、治療期間が非常に長いというデメリットがあります。

一方、タトゥー除去手術で行う治療方法は、最短でその日のうちに除去を行うことができ、長くても半年かからずタトゥー除去を終わらせることができます。

タトゥー除去手術は大きく分けて切除手術・剥除手術・植皮手術の3つの治療方法があります。

その他の消す方法

その他の方法

タトゥーを消すのは何も、治療方法だけではありません。

タトゥーを消すためには刺青の色素を薄くするもしくは、壊すことができればいいのです。

また、タトゥー除去でデメリットを背負うくらいなら、タトゥーを消すのではなく、隠すのも一つの手です。

タトゥー(入れ墨)があると生命保険入れない?医療保険も?
生命保険に加入しようと思い始める世代は20代・30代だと思います。生命保険・医療保険加入には審査がありますが、タトゥー入れ墨があると審査が通らないのはご存知でしょうか?入れる保険会社はあるものなんでしょうか?
タトゥー除去どっとこむの評判や口コミは?本当に綺麗に消える?
若気の至りで入れたタトゥーを今消したいけれど色々と悩んでいる方におすすめなのが名古屋にある『タトゥー除去どっとこむ』キレイに消えるレーザー除去を施すという口コミを見かけたので詳しく調べてみました!評判は如何に?

レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療は皮膚に入り込んだ色素の塊をレーザーで破壊してタトゥーを除去していく治療方法です。

黒のタトゥーに強いですが、病院で使用しているレーザーの種類によっては色の入ったタトゥーには対応できないというデメリットがあります。

クリニックによって使っているレーザーが違うため、費用の相場のふり幅が広いので、しっかりとリサーチすることが必要になってきます。

メリットとデメリット

レーザー治療によるメリット

・一回の治療代は比較的安い
・黒のタトゥーに対しては威力を発揮する
・皮膚にメスを入れないので負担が少ない
・治療の傷跡が残りにくい
・施術時間がそこそこ早い

レーザー治療によるデメリット

・色の入ったタトゥーは苦手
・複数回の通院が必要で期間が必要
・痛みが強く感じられる

レーザー治療の費用相場

範囲 参考価格
1㎝×1㎝ 10,000円
2㎝×2㎝ 31,500円
3㎝×3㎝ 52,500円
4㎝×4㎝ 73,500円
5㎝×5㎝ 94,500円

レーザー治療方法は、短時間で施術は終了しますが治療期間が長い事が挙げられます。
しかし、他の治療方法に比べて肌への負担が少ない事、一回にかかる費用が安いことがメリットとして挙げられています。

痛みを強く感じる治療方法ですが、病院での施術で有れば麻酔を使うことができるので、追加料金がかかっても痛みに弱い方は麻酔してもらえるか担当医と相談してみるとよさそうです。

ピコレーザー治療

今注目を浴びている、最新のレーザー治療方法がピコレーザーです。

従来のレーザーよりも照射力が格段に上がり、多色タトゥーも消すことができるのがピコレーザー最大の特徴です。

ピコレーザーでの治療は従来のレーザーに比べて、色素を集中的に狙って照射するため、治療の回数が少なくすむという特徴があり。他にも、肌を傷つけることなく治療でき、傷跡が最も残りにくいと言われています。

メリットとデメリット

ピコレーザー治療によるメリット

・黒だけでなくどんな色の入れ墨でも除去が可能
・レーザー治療以上に肌に負担をかけない
・レーザー治療よりも少ない回数で施術が完了する
・広範囲のタトゥーにも対応可能

ピコレーザー治療によるデメリット

・照射した部分が水膨れする
・複数回の通院が必要
・費用が安定していない
・痛みは強く感じられる

ピコレーザー除去治療の費用相場

範囲 参考価格
1~5㎠ 22,800円
6~10㎠ 33,000円
11~30㎠ 42,000円
31~50㎠ 49,200円

従来のレーザーより進化しているピコレーザーでも痛みは強く、タトゥーを入れたときより格段に強いそうです。

ピコレーザーの方が値段は高くとも、従来のレーザーより短期間で治療が終わるので、トータルではピコレーザーの方が安くなることもあります。

ピコレーザーはまだ日本に入ってきたばかりのレーザー機です。そのためクリニックによってはモニター価格で安く治療を受けることができます。

ピコレーザーのメリットは、ほとんどがレーザー治療と比べるとといった具合で格段に良くなったわけではありませんが、これからレーザー治療を考えているならピコレーザーを試してみるのがよさそうです。

タトゥー除去のレーザー治療方法が最もおすすめな理由とは?
タトゥー除去をしたいと思っている方必見!主なタトゥー除去の治療方法のメリットとデメリットをまとめてみました!その結果、一番おすすめの治療方法は”ピコレーザー”に!おすすめの理由とピコレーザーの情報を大公開しちゃいます!
タトゥー除去のピコレーザーに痛みはある?切除費用は安い?
タトゥー除去を考えている人の間で話題の『ピコレーザー』は、従来のレーザーに比べてタトゥー除去の速さや綺麗さ、痛みまでもが改善された最強のレーザーです。登場したばかりのピコレーザーは除去手術よりも値段が安いそうですが…

剥除手術

そぎ落とす

剥除手術は、大きなタトゥーでもできる手術ですがその方法が実に奇抜…。

刺青が入り込んでいる部分の皮膚を削ぎ落す治療方法です。
自然治癒で皮膚が治るまで経過を見る手術方法ですが、皮膚に入り込みすぎているタトゥーが残ってしまったり、治癒中はものすごく痛いというあまり主流ではないタトゥー除去方法です。

メリットとデメリット

剥除手術によるメリット

・タトゥーによっては1度の治療で終わる
・ぼかすようにタトゥーを消す
・一応広範囲でも可能

剥除手術によるデメリット

・色素が深くまで入り込んでいる場合複数回治療が必要
・火傷のような傷痕が多く残る
・傷が完治するまで時間がかかる
・場合によっては皮膚移植が必要になる
・痛々しい

剥除手術の費用相場

範囲 参考価格
~25㎠    150,000円
26~50㎠ 202,500円
51~100㎠ 255,000円
PR

植皮手術

入れ替える

自身の他の部分から皮膚を取り、タトゥーの部分に植皮するというタトゥー除去の治療方法です。

レーザーで消すことができないタトゥーを除去することができる治療方法ですが、移植するための皮膚を取る手術が必要になり、最低でも2回手術を行う必要があります。

また、タトゥーがあった場所と使用する皮膚の色が違えば、不自然な状態が続き、移植のために切り取った皮膚部分に傷が残るというデメリットがある治療方法です。

移植が成功したとしても、皮膚が生着するかは別の話で、生着しなければその部分は壊死し再び手術を行わなくてはなりません。

メリットとデメリット

植皮手術によるメリット

・一回の手術で除去可能
・色の入ったタトゥーも除去できる
・広範囲のタトゥーに対応している

植皮手術によるデメリット

・別の場所から皮膚を切り取るため移植元・移植先に手術痕が残る
・傷の回復に時間がかかる
・皮膚が定着しないことも考えられる

切除手術

切り取る

切除手術とは、タトゥーが入っている部分を切り取り、周りの皮膚を縫い合わせる治療方法です。

ポイントタトゥーなどの小さなタトゥーに有効的な方法です。

タトゥー部分を切り取っているので、除去後にタトゥーが残っているということはありません。

ただし、皮膚を無理やりつなぎ合わせているので身体を動かすと突っ張ることがあるそうです。

メリットとデメリット

切除手術によるメリット

・一回の治療で完了する
・色の入ったタトゥーも消すことができる
・細長いデザインのものには有効的

切除手術によるデメリット

・手術痕が残る
・広範囲のタトゥーには向いていない
・術後皮膚が安定するまで突っ張る

切除手術の費用相場

範囲 参考価格
~2㎝ 126,000円
~4㎝ 189,000円
~6㎝ 197,000円

植皮手術の費用相場

範囲 参考価格
~25㎠ 262,500円
26~50㎠ 337,500円
51~100㎠ 412,500円

タトゥー除去クリーム

除去クリーム

タトゥー除去クリームは塗り続けることによって刺青の色素を薄くし、目立たなくさせることができるというものです。

自宅で簡単に行うことができ、1日2回タトゥー部分に塗り込むことで効果を発揮します。

完璧とまでは行きませんが、かなり薄くできるそうです。

メリットとデメリット

タトゥー除去クリームによるメリット

・痛みはない ・他の治療方法に比べると安い

タトゥー除去クリームによるデメリット

・長い期間が必要
・使用後10分間は放置が必要で面倒
・薄くなるだけで完全に消せるわけではない

お試し三か月分:20,800円

タトゥー隠しシール

肌隠し

折角入れたタトゥーを消したくない、リスクを負いたくない。といった場合には、タトゥーを隠すという手もあります。

タトゥー隠しのファンデーションや、ファンデーションテープなどもおすすめ。

水や汗に強く1週間くらい粘着力が続くというファンデーションテープもあります。

メリットとデメリット

タトゥー隠しシールによるメリット

・気軽に使用できる
・比較的安価
・タトゥー消したくない人にはおすすめ

タトゥー隠しシールによるデメリット

・貼り方に少々コツがいる
・タトゥー消しとしては一時的

8㎝×10㎝サイズ 7枚1,380円

タトゥー除去クリームは効果なし!通販の口コミと評判まとめ
タトゥー除去は痛みも値段も入れる時より大きいものとされていますが、カナダで販売されていタトゥー除去クリームは簡単にタトゥー除去できるそうです。通販で購入できるそうですが、口コミでは効果なしとの声も詳しく調べてみました。
過去に若気の至りで入れた刺青・タトゥーを簡単に消す方法5選!
若い頃って、後先考えずにやっちゃうんですよね…若気の至りで入れたタトゥーや、刺青を後悔している方必見!過去の過ちを簡単に消す方法は無いのか探ってみました!明日だけどうにか、今だけでも、そんな時におすすめです。
 

タトゥー除去の費用相場は+αで大きく変わる

見積もり

タトゥー除去を行う治療方法は、治療にかかるお金だけなく、様々な場面で金額が加算される可能性があることをよく覚えておきましょう。

タトゥー除去の費用についてもう少し深く探っていきたいと思います。

治療方法によって変わる費用相場

方法と値段

さきほどのタトゥー除去治療方法一覧でもご紹介したように、治療方法によって費用相場が大きく変わります

治療にかかる金額は次の通りです。

植皮手術 > 切除手術 > 剥削手術 > レーザー治療

広範囲に対応しており傷跡が比較的少ない植皮手術は一番金額が高く、傷跡が残りやすくリスクの高い剥削手術は手術の中では安価です。

レーザー治療は、安く見えますが1回の治療費が安いだけで、回数が重なれば他の治療方法と変わらなくなってしまうので注意が必要かもしれませんね。

クリニックによっても大きく金額が変わる

病院

タトゥー除去手術は完全保険適用外です。

そのためどうしても何十万、何百万単位を自腹で払う必要性が出てきてしまいます。

保険適用外の治療費用は、病院側が自由に決めることができるので金額はそれぞれ違い、大まかにこのくらいという相場が決まっているだけでカウンセリングしたらもっと金額がかさんでしまうこともあります。

大きさごとに金額が変わることもあり、大体はタトゥーを入れた時の10倍といわれているのです。

背中に20万円かけて彫った刺青は約200万円で消せるという事ですね。

診療代やアフターケアで金額が変わることも

アフターケア

シッカリとHPを見て金額を調べたのに治療を受けたらそれ以上に金額がとられた!なんてトラブルが後を絶ちません。
というのもリサーチ不足なんですよね…。

HPに記載されているのはタトゥー除去治療の費用であって診察料・アフターケア代が入っていない事があるのです。

病院によってはカウンセリング代・アフターケア込みと書かれていることもあるので注意しましょう。

また、大抵の場合病院を訪れて1回目はカウンセリングのみで終わることがほとんどです。
この時点でカウンセリング料・初診料が取られてしまうことも…。

なるべくカウンセリング料無料と書かれている病院を選ぶのがいいでしょう。

カウンセリングの段階でアフターケアにかかる大まかな費用を聞いておくといいかもしれませんね。

ピコレーザーの効果やメリット・デメリットについて教えます
ピコレーザーに関して、効果・メリット・デメリットなどの基本的な情報をまとめています。美容への作用やタトゥー除去への適応もあり、話題の医療用レーザー機器なので、お肌に悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
タトゥーで後悔する前に知っておくべき情報やタトゥー除去のリスク
タトゥーを彫って後悔する人は少なくありません。このページでは、タトゥーを彫ろうか迷っている方や、彫って後悔している方の為に、日本国内での刺青に対する意見や口コミ、タトゥー除去する際の治療方法などを紹介しています。

タトゥー除去の費用相場まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、タトゥー除去にかかる費用について詳しくご紹介させていただきました。

若気の至りで入れてしまったタトゥーも今や消すことができます。
後悔をしているのなら一度、病院を訪れてカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

担当医と話すことで最適な治療方法を教えてもらうことができますし、考えを改めることができるかもしれませんしね。

タトゥーや入れ墨って簡単に消せる事はご存じですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で入れた入れ墨、もう消してしまいたいタトゥー。様々な想いで入れた刺青は簡単に消せる時代です。

中央クリニックは主要都市にあるので通いやすく、3種類のピコレーザーで痛みの緩和や治療回数の軽減に成功している最先端のタトゥー除去クリニックです。

先ずはあなたに合った治療方法をカウンセリングで提案してもらいましょう。治療期間やご予算も考慮して貰えるので何度も通院したくない方にはおすすめです。

※中央クリニックはあらゆるタイプの入れ墨・タトゥーに対応しています。先ずは公式サイトで詳細を確認してみましょう。


少しでも悩んだら相談

あなたへのオススメ

コメントを残す

*