もう絶対に吐きたくない!お酒が簡単に強くなる方法4選

吐きそうな男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み会に合コン、一人晩酌。

お酒を飲むための場はいろいろとありますよね。

女性と出会うための場も、飲み会などで出会うことも多いと思います。

しかし、お酒が弱い人にとって飲み会の誘いはとても辛いもの。

「俺だって飲みたくても弱いから飲めないんだよ!」

て言いたくもなり、お酒が強くなる方法があれば知りたい人も多いのではないでしょうか?

今回はお酒が強くなる方法を伝授したいと思います。

お酒にヘパリーゼZはもはや常識です

ウコンなどのを飲み会前に飲むことが多いですが、今は【ヘパリーゼZ】を飲み会前に服用することが今や常識です。

その人気は楽天ランキング各カテゴリーで1位を獲得していることからもわかるでしょうが、身体を元気にサポートする5つの成分がお酒に対してしっかりと対応してくれます。

肝臓エキスやウコンエキス、オルニチンにセサミン、L-シスチンと1袋3粒にふんだんに含まれています。

まだ知らないあなたもその効果を実践してみませんか?

お酒を飲んでも酔わない方法・酔わない飲み方を元ホストが伝授
日本人の多くはお酒に弱い人が多い人種です。これは遺伝によってアルコールを分解する酵素が弱いためなのですが、とはいってもできるだけ悪酔いはしたくないものです。今回はお酒に酔わない方法・酔わない飲み方をまとめてみました。
お酒を飲んでも顔が赤くならない方法まとめ
もう飲めないのかと呆れられる、単純に顔が赤いって恥ずかしいなど理由は様々ですが、アルコールで顔が赤くなることを嫌と思う人は多いようです。そんな人のため、お酒で顔が赤くならない方法と顔が赤くなる原因についてまとめています!

お酒が弱い人と強い人との違い

二人酒

お酒が強い酒豪の人がいるように、お酒が弱い下戸の人もいますが、なぜ同じ人でこんなに違いがあるのでしょうか?

それは両親から受け継いだ遺伝子によるものです。

お酒によってアルコールを摂取すると肝臓でアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドへと分解されます。このアセトアルデヒドは人体に有害物質であるため、アセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸へと分解されその後二酸化炭素と水に分解され体外へと排出されます。

この人体の有害物質であるアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱いと飲んだ際の不快な状況を長く続いてしまう結果となりお酒があまり飲めない状態となってしまいます。

このアセトアルデヒド脱水酵素の活性度は遺伝子によって決められており、お酒が弱い人は活性度が低いタイプといえます。日本人などの黄色人種は白人や黒人と比べるとこの活性度があまり高くないため、お酒が強い酒豪の人が少なく下戸の人が多く存在します。

お酒が弱い人が強くなる方法はあるのか?

飲み会でパンチ

では、遺伝子によて決められているお酒の弱い人が強くなる方法はあるのか?

酒豪まではいかなくても、実際に強くなる方法はあります。

飲酒のタイプはお酒が飲める酒豪、お酒が飲めない下戸、お酒が弱い人と3つに分別され、この中でお酒の弱いタイプの方はお酒に強くなる可能性があるタイプとなります。

自分のタイプが知りたい場合、病院にて検査を受けて知ることが可能です。

【飲み過ぎ必見】1秒でも早くお酒の酔いを早く冷ます方法とは? 
今日はちょっと飲み過ぎたや体調不良だからヤバいかも、明日も仕事だという時のお酒の席ではできるだけ二日酔いや酔いを早く冷ましたいと思うことでしょう。酔いを早く冷ます方法があれば是非実践しておきたいところですね。
お酒を飲むと頭痛が起こる原因はなに?治す方法は薬しかない?
飲み会での頭痛、二日酔いなどに悩まされた事のある人必見!お酒による頭痛の原因や治す方法、事前に出来る対策など書いてみました!これさえ読めば2軒目3軒目も余裕!2日酔いにもならないかも!?参考になれば幸いです。

お酒が強くなる方法①【お酒を飲む機会を増やす】

飲み会

お酒を飲んでいけば強くなると言われますが、確かに強くなれる可能性はあります。

お酒の強さの基となるアセトアルデヒド脱水素酵素はお酒を飲むことで活性が強まる可能性があるのです。

少しずつお酒の量を増やしたり、飲み会などお酒を飲む機会を増やしたりしていくことで徐々に飲めるようになっていきます。

お酒を飲む機会を増やしてもお酒が強くならない方は全く飲めない下戸のタイプかもしれませんので無理はしないようにしましょうね。

お酒が強くなる方法②【肝臓の機能を高める】

肝臓の健康管理

肝臓の働きが悪いと、脱水素酵素などの活性度も下がってしまい、アルコールが分解できず酔いやすくなってしまいます。

毎日の日課としては、バランスのよい食事を心がけるのが大事です。特に肝臓を元気にさせるためにタンパク質を摂取するようにしておきましょう。

また、飲み会などのときは脂質や糖質系のものを多く食べてしまうと肝機能が衰えてしまうのですが、お酒を飲む前に軽く食べておくこくことでアルコールの吸収スピードを遅くし消化器系の負担を減らすことができます。

お酒が強くなる方法③【禁煙する】

タバコとお酒

タバコを吸っている方は禁煙をすることもお酒が強くなる方法といえます。

タバコを吸うことで血管が収縮し血液中の酸素の量を減らしてしまうため、肝臓の働きを悪くさせてしまいます。

また、脳にも酸素が行き渡らなくなってしまうため、脳が酸欠状態になり一気に酔いが回るようになってしまいます。

飲み会の席での禁煙はもちろんのこと、普段から禁煙に努めることで肝臓の機能を高めることにも繋がります。

お酒が強くなる方法④【水分を多くとる】

コーヒードリンク

お酒を飲むときにはできるだけ水分を多く摂取し、アルコールを薄めることと、排尿回数を増加させ体内のアルコールを素早く排出させるようにしておきましょう。

水などが一般的ですが、利尿作用のあるコーヒーやお茶でもよいでしょう。

水やお茶などのチェイサーがあるだけで、お酒を飲むペースもゆっくりとなりますので無理な飲み方にもならないのでおすすめです。

ヘパリーゼZを事前に飲む

【ヘパリーゼZ】を事前に服用することで、アルコールを分解する肝臓の働きや身体の働きをサポートします。

アルコールの分解は体調に左右されるので、身体の機能を活性化させるヘパリーゼZは酔わないカラダを作り出すきっかけになってくれます。

また、男性にも女性にも嬉しいのが毛髪と健康をサポートするL-シスチンが含まれているのもヘパリーゼZの特徴です。

これで一安心!お酒の酔いが覚める飲み物と食べ物には何がある?
お酒の席で長く楽しむためには悪酔いせず意識をしっかりと保つことが必要ですね。特に接待や女性とのお酒の席では意識を保っておきたいもの。そんなときに酔いが覚める飲み物や食べ物があれば二日酔いにも効果を発揮し次の日の影響も少ないですよ。
ヘパリーゼVSウコン!どっちが効く?とことん調査してみた結果
ヘパリーゼとウコンの力はどっちが効く?飲み過ぎによる二日酔いに対して効果的な栄養剤情報をご紹介!効果効能以外にも栄養剤における副作用や注意点などもまとめていますので、日常的にお酒を飲んでいる方はぜひご参照ください。

サプリや栄養ドリンクは効果があるのか?

栄養ドリンク

飲み会の前に栄養ドリンクを飲んだりしますが、ウコンなどは肝臓の働きを高めるため二日酔いの防止にもなりとてもおすすめです。

栄養摂取としてサプリなども効果的で、飲み会前にウコンやオルニチンを摂取し、飲み過ぎた時にはビタミン系のサプリ(特にビタミンB1)などを摂取し体調を維持するようにしておきましょう。

無理せずゆっくりとお酒を楽しみましょう

お酒が飲める人にはタイプがあり、酒豪の人、お酒が弱い人、下戸の人と3タイプに分かれ遺伝子によって分類されております。

お酒が弱い人の場合はお酒を飲む回数を徐々に増やすことでアルコールを代謝する機能がアップしお酒が強くなる可能性があります。

そして、肝臓に負担を掛けないような生活を心がけたり、チェイサーを用意することでアルコールの濃度を薄めたり排出を早めることができるので、お酒が強くなる方法のひとつとなります。

せっかく飲み会に誘われたのに直ぐに酔っ払ってしまい楽しめないから強くなりたいと思う方もいるでしょう。

しかしお酒が強くなる方法を実践しても直ぐに強くなることはありませんので、少しずつ無理せずゆっくりと今の飲める範囲で楽しみながら強くなっていきましょうね。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*