メタボを放置すると危険?『自分はまだ大丈夫』は死を招く可能性も!

デブまっしぐら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「メタボリックシンドローム」

略してメタボ

メタボ、メタボと簡単に使用されている言葉ですが、死の四重奏などと言われているものだと知っていますか?

国によって定義は異なるものの、メタボをそのまま放置してしまうと死亡リスクを上昇してしまいます。

また、「俺、デブじゃないから大丈夫」と思っている方もメタボの定義は単なるデブだけでは収まらないものとなっておりますので、体重がそれほどなくてもメタボの可能性は十分に考えられます。

今回はメタボについて、死との関連性やリスクについて紹介したいと思います。

痩せるのを助けてくれるものがある?!

シボヘール

食事制限と運動をしっかり行っている方、それなのに中々痩せにくいという方に是非試してもらいたいのがこちら【シボヘール】という機能性表示食品です。

こちらは適度な運動・バランスの良い食事と併せて使用する事で抜群な効果を発揮してくれる製品で、効率良く痩せたいという場合にもおすすめです。

きちんと運動して痩せたいけど、中々効果が出なかったら嫌だなぁ…という方は一度試して欲しいです!

Web限定のらくらく定期便なら、効果が出なければ2回目から停止が可能なので気軽に始めてみて下さい♪

日本でのメタボの定義とは

どこからメタボ?
PR

メタボリックシンドロームの定義は国によって異なります。国際基準もありますが、日本の場合、国際基準よりも若干厳しい数字となっております。

判断基準として、男性の場合、復囲が85cm以上(BMI25以上)に加え、中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl未満、血圧が収縮期130mmHg以上、拡張期85mmHg以上、空腹時血糖値が110mg/dl以上が2つ以上要因しているときと定義されております。

つまり、内蔵型肥満に加えて、脂質異常、高血圧、高血糖の状態のうち2つを発症しているとメタボリックシンドロームとなります。

脂質異常、高血圧、高血糖は三大生活習慣病に数えられ、ガンや脳血管疾患や心臓病などの死因を高めることとなります。日本の死因の4割は脳血管疾患と心疾患ですので、メタボの方はより死へと足を運ぶことへと繋がります。

会社の健康診断では関係するメタボリック診断を行っていることでしょう。国は将来の医療費の削減を図るために健康保険組合にメタボリック診断を義務付けました。国が義務化するということは、将来の病的リスクが非常に高く死亡リスクも高いと認めていることにもなります。

「会社の健康診断で経過観察ってでたけど放っておこう」

は、いずれ再検査、そして毎日薬を飲むことになってしまいますよ。

メタボは死へのカウントダウン

メタボ

メタボリックに定義されている、肥満や脂質異常、高血圧、高血糖で主にどんな症状となるのか確認していきましょう。

メタボと糖尿病

メタボ1

高血糖が進むことで糖尿病に羅漢します。糖尿病はさまざまな合併症を引き起こし失明や腎不全、勃起不全をお越し、老化によって進行する白内障や動脈硬化をより進行させてしまいます。

日本人の平均寿命を10年縮めることにもなり、死亡率の1位であるガンの発生も増大させます。

メタボと高脂血症

メタボ2

脂質異常が進むことで高脂血症となります。血液中の脂質が過剰に多くなることで血管がドロドロになり血管壁に脂質が蓄積され動脈硬化を発症しやすくなります。

いずれは血液が詰まってしまい脳で詰まると脳梗塞、心臓で詰まると心筋梗塞を発症する原因となります。どちらも死ぬ確率が高い病気であることはおわかりですよね。

メタボと高血圧

メタボ3

ヒトは血液を体内で循環させることで体中に栄養を送りとどけ生きております。怪我をすると血が出てくるのも循環している証拠でもあります。運動時や病気をしたときに血圧が上がるのも体により栄養を送り届けるためにポンプとなる心臓が激しく活動するためです。しかし、正常時に血圧が高い場合、血管には負荷がかかってしまいます。

若い時は血管も柔軟なので高血圧に耐えることも可能かもしれませんが、動脈硬化が進むと血管は血圧に耐えられなくなり破裂してしまいます。脳で破裂したら脳出血、心臓が負荷に耐えられなくなると心肥大や心不全を起こします。

メタボと肥満

メタボ4

肥満は上記3つの症状を発生させやすくなります。特に40代以降の肥満と糖尿病との関連では、BMI値が高いほど糖尿病を発症しやすくなっております。

肝臓がんやすい臓がん、食道がん、大腸がんなどガンの発生原因も高く、無呼吸症候群や内臓機能の低下による体臭の悪化も起こりやすくなります。


以上、メタボとメタボの定義における4つの症状の病気との関連をみてきましたが、いずれも死に繋がるリスクが高くなり、死の四重奏と言われる所以がわかったのではないでしょうか。

PR

脂肪燃焼に効果的なのは…

シボヘール

お腹の脂肪燃焼を助けてくれると今大人気なのが【シボヘール】

その秘密は葛の花由来イソフラボンという成分。これが脂肪燃焼に効果を発揮してくれる事が研究の結果判明したんです。

葛は古来より根っこが漢方薬の材料になる事でも有名だったのですが、こちらは葛の花の部分から抽出された成分。

元々薬として使用されていた物が入っているシボヘール、間違いなく効果は絶大です。

ただし、シボヘールは栄養バランスの良い食生活と適度な運動にプラスして飲む事で効果を発揮します。

ですので、何もしなくても飲んでいるだけで痩せる訳ではない、という所に注意してくださいね。

今なら初回限定980円(税込)なので、始めるなら今がチャンスです!

隠れメタボにご注意を!

倒れる男性

日本でのメタボリックシンドロームの定義には肥満が入っておりますが、海外では肥満を診断基準に入れていない国もあったりします。これは肥満はメタボと関係ないというわけではなく、肥満でない普通の方でも、その他3つのリスクが複合してしまうと、死のリスクが高くなるためで、肥満を入れなくてもメタボになることを示すために診断基準から肥満を外しているようです。

ちなみに肥満以外のメタボの定義として、高血糖、脂質異常、高血圧の3つのリスクのうち2つ以上が要因となっております。

ある死亡の因果関係を調べてみたところ、肥満なしでリスク2つ以上の死亡リスクと肥満ありでリスク2つ以上の死亡リスクはほとんど一緒でした。しかし、どちらもリスクゼロの方の死亡リスクと比較すると、循環器系での死亡リスクは2倍以上となっております。

つまり、肥満ではない方も脂質異常や高血圧であった場合、死亡リスクは非常に高いということであり、「脂質異常や高血糖の数値が異常だけど、俺痩せているからメタボじゃないし」といって安心することはできないということです。

逆に、肥満は3つのリスクを引き起こしやすいため、肥満が原因で高血糖になったり脂質異常になったりが考えられますが、肥満ではないののに高血糖になったということは、それは身体がかなり負荷として感じてしまっているということになるのではないでしょうか。

【死の四重奏】メタボを放置しないためには・・・

シボヘール

このように、メタボリックシンドロームと診断されてしまうということは、死へのカウントダウンが始まった証拠でもあります。そうならないためにも早期改善が必要になってくるでしょう。

自分の体と一番向き合えるのが、会社の健康診断ではないでしょうか。

毎年1回必ず受けることになる健康診断ですが、血液検査から始まり、年齢が高くなるとバリウムを飲んだりいろいろとあると思います。結果を軽く見ている方も多いと思いますが、次回の健康診断ではしっかりと確認してみてください。

脂質異常が出ていないか?血圧は高くなっていないか?糖が下りていないか?過去の結果と比べてみてください。メタボの可能性あるから新しく保険に加入しようかな?なんて思っても、健康診断で正常値の次に軽い経過観察であったとしても、保険会社での医療保険などは金額が上がったり加入できなくなってしまいますよ。それほどこのメタボの危険は高いということになります。

そうならないためにも、20代・30代のうちにメタボとさようならができる体つくりをしていってくださいね。

なかなか痩せない、ぽっこりお腹をへこませたい方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効かないサプリメントを飲んでいたり、サプリを飲むだけで簡単に痩せると勘違いしていませんか?

シボヘールは他のダイエットサプリより脂肪の合成を抑え、脂肪の分解や燃焼をサポートし、脂肪を確実に減らす事ができるサプリメントです。

継続して使用しないと効果を発揮しないダイエットサプリは、その使用方法等から「効果が無い」と勘違いされがちですが、シボヘールは違います。

※契約の縛りは無し、いつでも内容変更・停止が出来るので、先ずは公式サイトで詳細を確認してみましょう。


脂肪を簡単に減らしてみる

あなたへのオススメ

コメントを残す

*