お酒を飲んでも酔わない方法・酔わない飲み方を元ホストが伝授

ホストお酒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は外国の人に比べてお酒に弱い方が多いです。

これは、日本人などの黄色人種はアルコールを分解する体内酵素の活性が弱く、その一方、黒人や白人は体内酵素の活性が弱い人はほとんどいません。

ちなみに、この体内酵素の活性力は遺伝によって決まってしまうため、お酒に弱い方は弱いままなんです。

ということは、お酒に酔わない方法や酔わない飲み方はないってこと?

って思いますがちゃんとあるんですよ!

※2018/09/25最新の情報に更新

酔わない方法!秘密は『ヘパリーゼZ』で肝臓パワーアップ!

酔わない方法はヘパリーゼ

疲れている身体ではどうしてもお酒に酔いやすくなってしまいます。

疲れた身体をパワーアップ!【ヘパリーゼZ】ヘパリーゼを飲めば酔わないで活力取り戻して酔わない・二日酔い対策を是非ともしましょう!

1日3粒飲むだけで、身体を漲らせる5つの成分がアルコールの分解のバッチリ手助けしてくれるから、酔わないというワケです。

ヘパリーゼと言ったらドリンクを思い出すかもしれませんが、このヘパリーゼZは粒サプリメントなので、どこでも気軽に持ち運びすることができます!

通販限定でコンビニに売っていないヘパリーゼ。980円で始められるお試しもあります!是非ともお酒を飲む前にチェックしておきましょう!

ヘパリーゼはいつ飲むのがいい?飲むタイミングと効果や副作用
ヘパリーゼの製品情報・特徴・効果効能・飲むタイミングなどについてご紹介。ヘパリーゼは様々な種類の商品があり、市販やコンビニで気軽に購入できます。疲労回復や栄養補充、二日酔い防止に効果的なので、ぜひご参照ください。
ハイボール1杯分のカロリー・糖質は缶とジョッキで全然違う?
ハイボールはダイエットに良いとは本当なんでしょうか?真相は明らかにするためにハイボールに含まれるカロリーと糖質について、また市販のハイボール缶とジョッキで出されるハイボールでカロリーや糖質が違う件についてもまとめました!

お酒に酔う仕組みを理解すること

トイレで吐く酔っ払い
PR

なぜお酒に酔うのか?

まずは、ここを理解することでかなりお酒の飲み方も変わるはずです。

「お酒=酔う」と漠然に考えるのではなく、「お酒を飲むことで体のドコが影響をうけるのか?」を考えることで、どう対応していけばよいのか、お酒に酔わない方法が明確になっていきます。

お酒はまず肝臓で分解される

肝臓とビール

口から飲んだお酒のほとんどは、小腸でアルコールが吸収され肝臓で分解されます。

肝臓の役割には体内に入り込んだ有害物質を解毒するはたらきがあり、有害物質であるアルコールは、
【アルコール⇒アセトアルデヒド⇒酢酸】と分解酵素によって分解され、最終的に水と炭酸ガスとなり排出されます。

この分解酵素の力でアルコールを無害な物質へ素早く分解することができれば、お酒に酔いにくくなります。

とはいえ、一般男性が血中のアルコールを消失させるにはビール中瓶1本あたり4時間ほどはどうしてもかかってしまいます。

肝臓ではどんだけ頑張ってもアルコールを一瞬で無害化させることはできないため、分解を待つアルコールは一度肝臓を通り抜け血液によって全身に運ばれることになります。

もう絶対に吐きたくない!お酒が簡単に強くなる方法4選
酒豪や下戸などお酒の強さは遺伝子によって決められているのですが、それでもお酒に強くなる方法はあるのでしょうか?肝臓で分解されるアルコールは遺伝子によって分解酵素の活性度が違うのですが、飲み会などで少しずつお酒を飲む回数を増やしたり、肝臓の機能をアップするなどすればお酒に強くなる可能性はあるようです。
発泡酒とビールの違いは?男性はどちらを好んでよく飲んでいる?
「とりあえずビール!」なんて居酒屋に入ったときに必ず言う合言葉のようなものですが、ビールって呼んでいるもの全てがビールではないのはご存知ですよね。発泡酒とビールの違いや好きな種類の銘柄などランキングしてみました。

血中アルコールが脳に達すると酔うことになる

脳とアルコール

血液によって全身に運ばれたアルコールが脳に到達すると、脳の活動を麻痺させ酔っ払いの状態を作り出します。

お酒を飲んでから脳に到達するまではおよそ30分~1時間ほどかかるのですが、分解されなかったアルコールが脳にどんどんと到達するとやがて理性を失い”へべれけ状態”になってしまいます。

血中アルコール濃度は、

  • icon-beer【飲酒量(ml)×アルコール度数(%)/833×体重(kg)】

  • という計算式から成り立ちますので、
    体重60kgの人がアルコール5%のビール中ビンを飲んだとすると、

  • icon-beer【500×5/833×60=0.05】

  • になります。

    血中アルコール濃度 状態
    0.05%

    ほろ酔い

    0.1%

    悪酔い開始

    0.3%

    へべれけ状態

    血中濃度が0.05%であればほろ酔い程度ですが、血中濃度が0.1%を超えてくると悪酔いが始まり、0.3%を超えると”へべれけ状態”になり、段々と生死に関わる危険な状態になってしまいます。

    上の計算はあくまで基準となる目安数値ですので、肝臓での分解が弱い方の場合は血中濃度は上がりやすいといえるでしょう。

    PR

    お酒に酔わない方法・酔わない飲み方とは?

    酔って眠る男性

    お酒でなぜ酔うのか?を理解することができれば、後は酔わないように対処するだけです。

  • 肝臓がアルコールを分解する

  • 血中濃度が高くなると酔っ払う

  • この2つを抑えて酔わない方法・酔わない飲み方を考えていくと、

  • アルコールの体内吸収を遅くする

  • 血中アルコール濃度を低くする

  • 肝臓の機能を高める

  • などが考えられることになります。

    お酒に酔わない方法・酔わない飲み方実践編!

    カップル

    前半では、人がお酒に酔う仕組みについて学んでいきました。

    肝臓でアルコールを分解する力は遺伝で決まっていますが、肝機能をできるだけ妨げないようにすることで本来の機能を発揮することができます。

    脳がアルコールに侵され酔っ払わないよう血中アルコール濃度を急激に上げないようにすることも必要です。

    ヘパリーゼZを飲んでみる

    ヘパリーゼは酔わない方法である

    30年以上も肝臓エキスの研究を行っているゼリア新薬から、ドリンクタイプではない新しい活力サプリ、【ヘパリーゼZ】酔わない方法を実践するが登場!

    これを飲んで肝臓が元気になれば、気持ち・体力ともギンギンにみなぎり、お酒に対応する力を発揮してくれるでしょう。

    肝臓エキスはドリンクタイプのヘパリーゼVMの2倍!たった3粒の中にギュギュっと凝縮しています!

    ウコンエキスやオルニチン、セサミンなど身体に嬉しい成分も入っているので、もう一度飲んだら手放せなくなってしまいますよw

    詳しくは上の緑ボタンをクリックで公式サイトへ!

    もしくは下のオレンジボタンクリックから、たった980円で試せる超お得なお試し版をチェックしましょう!

    【飲み過ぎ必見】1秒でも早くお酒の酔いを早く冷ます方法とは? 
    今日はちょっと飲み過ぎたや体調不良だからヤバいかも、明日も仕事だという時のお酒の席ではできるだけ二日酔いや酔いを早く冷ましたいと思うことでしょう。酔いを早く冷ます方法があれば是非実践しておきたいところですね。
    ヘパリーゼVSウコン!どっちが効く?とことん調査してみた結果
    ヘパリーゼとウコンの力はどっちが効く?飲み過ぎによる二日酔いに対して効果的な栄養剤情報をご紹介!効果効能以外にも栄養剤における副作用や注意点などもまとめていますので、日常的にお酒を飲んでいる方はぜひご参照ください。

    食べ物を食べてからお酒を飲む

    空腹状態でいきなりお酒を飲んでしまうと、アルコールが胃を素通りしてダイレクトで小腸へ運ばれてしまうため体内に吸収されやすくなってしまいます。

    できるだけ肝臓に負担をかけずアルコールの体内吸収を抑えるために何か食べてからお酒を飲むようにすると、食べ物が障害物となり小腸にお酒がダイレクトに届かなくなり体内吸収が遅くなります。

    アルコールの吸収を妨げる食べ物は乳製品がおすすめ

    アルコールのほとんどは小腸で吸収されます。食べ物は胃などで分解され小腸などで吸収されます。乳製品などの脂肪分は吸収が遅いため、お酒を飲む前に食べておくことでアルコールが体内吸収されるのを抑制してくれます。

    アルコールが高いお酒は控える

    アルコール度数が高いお酒を飲んでしまうと、肝臓で分解されないアルコール量が一気に増えてしまうので、できるだけアルコール度数の低いお酒を飲むようにしましょう。

    体内に入れば全て同じアルコールですので、アルコール度数が同じであれば違うお酒を飲んでも酔いはかわりません。

    ちゃんぽんが酔うと言われるのは飲んだ量がわからなくなることで飲む量が増えてしまい酔ってしまうことが原因ですので、ちゃんぽんしたときは飲んでいる量を覚えるようにしておきましょう。

    飲み過ぎた!誰でも簡単にできるお酒の酔いが覚める方法とは?
    お酒と楽しく付き合うためには、自分がどれだけお酒を飲めるか把握しておくことが必要です。お酒を飲み過ぎると二日酔いとなり頭痛や嘔吐などの原因となりますが酔いが覚める方法としてもお酒を分解する時間を把握することも必要です。
    【飲み過ぎ必見】1秒でも早くお酒の酔いを早く冷ます方法とは? 
    今日はちょっと飲み過ぎたや体調不良だからヤバいかも、明日も仕事だという時のお酒の席ではできるだけ二日酔いや酔いを早く冷ましたいと思うことでしょう。酔いを早く冷ます方法があれば是非実践しておきたいところですね。

    チェイサーは必ず用意すること

    水などと一緒にお酒を飲むことでアルコール濃度を薄めるだけでなく、脱水症状を防ぐことにもなります。

    アルコールは利尿作用が高いため、飲んだお酒の量より多く水分を排泄してしまうため、体内の水分が失われてしまいます。もちろん血中の水分も失われてしまうため、必然的に血中のアルコール濃度が高くなってしまい酔いやすくなります。

    トイレは我慢しない

    トイレは我慢せず行きましょう。体内の毒素を出しておくだけでなくずっと同じ姿勢でいると眠くなるように、トイレに行くことで脳をリフレッシュすることもできます。

    筋トレ後のお酒は要注意!

    筋トレを頻繁に行っている人であれば、筋肉の栄養素であるタンパク質の摂取は欠かせないと思います。

    しかし、タンパク質を摂取し過ぎると余ったタンパク質は分解され窒素となりそしてアンモニアに変わります。

    アンモニアに変わったタンパク質を肝臓で再び分解しなければならないため、肝臓に大きな負担が掛かってしまいます。

    また、筋肉のエネルギーとなる糖を肝臓で作ることも行うため、筋トレ後の肝臓は疲弊した状態といえ、アルコールの分解が遅くなってしまいます。

    ≪アルコールと筋トレの関係とは?≫

    肝臓の機能を高める栄養を取ろう

    肝臓の機能が落ちてしまうとアルコールの分解が遅くなってしまうので、肝機能を高める食べ物を摂取するようにしましょう。

    糖分は肝臓のエネルギーになりますので、炭水化物や甘いものを食べるようにしましょう。

    ウコンに含まれているクルクミンや魚介類に含まれるタウリン、ビタミン類、亜鉛も肝機能を高める栄養素となるのでお酒を飲む前に摂取しておきましょう。

    こういった成分がまとめて摂取できるものが栄養ドリンクやサプリメントなどになります。

    栄養ドリンクの飲むタイミングは?効果的な時間帯と飲み方を検証
    疲れた時や風邪気味のとき、精力を出したい時など栄養ドリンクって重宝しますよね。当たり前のように飲んでいる栄養ドリンクですが、飲むタイミングがあるって知ってました?今回は万能ドリンクの栄養ドリンクの効果的な飲み方や時間帯を検証しております。
    これで一安心!お酒の酔いが覚める飲み物と食べ物には何がある?
    お酒の席で長く楽しむためには悪酔いせず意識をしっかりと保つことが必要ですね。特に接待や女性とのお酒の席では意識を保っておきたいもの。そんなときに酔いが覚める飲み物や食べ物があれば二日酔いにも効果を発揮し次の日の影響も少ないですよ。

    お酒に酔わない方法・酔わない飲み方まとめ!

    酔わない方法でヘパリーゼがおすすめ

    お酒に酔わない方法・お酒に酔わない飲み方とは、体の機能を高めアルコールの分解を早めることと、アルコールを一気に吸収させないことが重要です。

    予想以上に飲んでしまうとどんな酒豪でも酔っ払ってしまいます。

    お酒を飲む前の心がけとお酒を飲んでいるときの自己管理をしっかりと行えば悪酔いせずに楽しいお酒を飲むことができるはずですよ。

    お酒を飲む前の常識!二日酔いにならない方法とは?

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    会社・友人との飲み会、合コン、晩酌…様々な場面でお酒を飲む機会がありますが、あなたは二日酔い対策や飲み過ぎ対策をしっかり出来ていますか?

    ドリンクタイプではないヘパリーゼZなら瓶と比べて持ち運びも便利ですし、3粒飲むだけで翌朝スッキリ!二日酔い対策を簡単に行う事ができます。

    30年以上も肝臓エキスを研究し続けている有名なゼリア新薬が製造しているので、高品質で信頼性が高く通販限定の特別なヘパリーゼになります。

    ※購入者は初回を半額で購入できる「特別定期契約コース」でお得に二日酔い対策をしています。先ずは公式サイトにて詳細を確認してみましょう。


    最強の二日酔い対策を試す

    あなたへのオススメ

    コメントを残す

    *