電子タバコの副流煙に害はある?身体に悪影響を及ぼすリスクとは

電子タバコ有害性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

=害があるもの

禁煙化が進んでいる今、その考えはどんどん深まってきていますす。

そこで登場したのが主流煙や副流煙などに含まれるタバコの害を抑えて作られた電子タバコです。

アイコスやグロー、プルームテックなど、電子タバコを使用している喫煙者も増えてきていますよね。

これらの加熱式電子タバコは、有害性が大幅に削減されており、身体的リスクが無いと言われていますが実際のところどうなのでしょうか?

副流煙によって生じるリスクや、電子タバコの害についてまとめてみました。

※2018/06/04最新の情報に更新

電子タバコと紙巻きタバコの違い

どっち

電子タバコとは、従来の紙で巻かれた燃焼式タバコとは違うタバコ製品です。
電子タバコには「非燃焼・加熱式電子タバコ」と、「電子タバコ」の2つに分類されます。

非燃焼・加熱式電子タバコは、アイコス・グロー・プルームテックが挙げられ、葉タバコを加熱させて、ニコチンを含んだエアロゾルを生じさせ、吸引を行うもの。

電子タバコは、emili・ビタフル・VAPE等が挙げられ、電子タバコは中の液体リキッドを加熱させ、エアロゾルを吸引します。

それぞれ似ているようで、吸引方法や、吸い込んでいるエアロゾルが違うのです。

※エアロゾルとは、液体や、その固形の微粒子が気体中に浮遊している状態のことです。

PR

日本で販売されているVAPEなどのリキッド(液体)を使用してエアロゾルを生じさせる電子タバコにはニコチンを入れてはいけないという法令になっているので、電子タバコのうち、ニコチンが入っているタバコは、加熱式電子タバコのみとなっています。

現在国内で購入することができるニコチン入りの加熱式電子タバコは、
電子タバコが広く普及した要因を作ったアイコス
アイコスの次に販売されたグロー
そして、最近広く流通し始めた純日本製加熱式電子タバコグローの三種類です。

電子タバコの決定的な違い

虫眼鏡

電子タバコと紙巻きタバコの大きな違いといえば、火を使わないという点です。

電子タバコは、タバコの葉同様の成分を詰めたスティックを加熱し、エアロゾルを発生させ吸引します。

タバコの一番の有害物質であるタールは物質を加熱した際に発生するため、加熱するだけの加熱式電子タバコからタールは発生せず成分として混入されているニコチンを摂取できるという仕組みになっています。

人気の電子タバコ『ビタフル』はどこで購入するのが一番安い?
今話題の電子タバコ『ビタフル(VITAFUL)』は、ニコチン・タールの代わりにビタミンが入っているリフレッシュできる水蒸気スティックです。美味しくて匂いも良い人気のビタフルを購入したい!という訳でどこの販売店が一番安いのか大調査してみました!
喫煙者に質問!あなたはタバコ派?加熱式タバコ派?電子タバコ派?
今、タバコ喫煙者を大きく分けると、紙巻きタバコ派・加熱式タバコ派・電子タバコ派の3種類のタバコの喫煙者がいます。今回は、喫煙者に【どのタバコを吸っているのか、銘柄は?】というアンケートを実施!結果をランキング集計してみました。

電子タバコだと害が減る

喜ぶ

喫煙を続けていると心筋梗塞・肺癌といった様々な病気になるリスクが高まりますが、電子タバコならどうでしょうか?

加熱式電子タバコアイコスを製造販売しているフィリップモリス社は、『有害性物質を9割削減している』と紹介しています。

実際に、密室で紙巻きタバコと加熱式電子タバコで喫煙した後に副流煙にどの程度有害性物質が含まれているか実験したところ、9割程度削減したという研究結果が報告されています。

日本呼吸器学会の語る電子タバコの身体的なリスク

呼吸器

しかし、日本呼吸学会という団体は、電子タバコの主流煙にも、副流煙にも害があり、身体的リスクを伴うと警告を出しています。

電子タバコの主流煙には、紙巻きタバコと同じレベルのニコチンが混入されており、揮発性化合物などの有害物質が含まれているという研究結果を挙げました。

日本呼吸器学会は、加熱式電子タバコや電子タバコについて

1.加熱式電子タバコや、電子タバコの使用は、健康に悪影響が持たされる危険性がある。

2.加熱式電子タバコや、電子タバコの副流煙は周囲に拡散するため、受動吸引による健康被害が生じる可能性がある。

3.そのため、紙巻きタバコ同様に、飲食店やバーなどの公共の場所、公共交通機関での使用は認められない。

と、いう考えを上げています。

電子タバコによる主流煙の身体的なリスク

主流煙

電子タバコを加熱してエアロゾルを生じさせるときに、リキッドの成分が複雑に混ざり合い、発癌性に変わる恐れがあるともいわれています。

このように、発癌性などの有害物質を体内に取り込む以上、電子タバコや加熱式電子タバコには、身体的リスクを伴うので、電子タバコには害があると言っても過言ではありません。

加熱式タバコの副流煙には害や発がん性物質が入ってる?
紙煙草よりも発がん性物質などの害が少ないことで加熱式タバコの人気は急上昇しています。受動喫煙問題も副流煙がないことから少なからず問題抑制にも担っております。しかし、加熱式タバコには本当に副流煙の害はないのか?調査してみました。
【ランキング】電子タバコグローの味・種類の中で人気なのは?
加熱式電子タバコグローの味は、全部でなんと8種類!こんなにたくさんあったらどの種類・味が良いか分からない。そんな方の為に、人気のグローの味ランキングを作ってみました!味の種類や、おいしさを個人的にまとめました。

電子タバコによる副流煙の身体的なリスク

副流煙

人が吸った空気の1/3程度はそのまま吐き出されると医学的に言われており、電子タバコから吸い込んだエアロゾルも同様に1/3程度は吐き出されており、周囲の空気を汚染します。

そのため、副流煙を吸い込んだ受動喫煙者にも害があり、身体的リスクが0ではないと言えます。

電子タバコの害による身体的リスクは未知数

タバコを吸う

電子タバコは、煙が少ない・煙がないと言われていますが、実は目に見えていないだけで副流煙による受動喫煙のリスクが無いというのは大きな誤解で有り、電子タバコにも副流煙により健康被害を生じる可能性があるとされています。

とは言え、電子タバコに害がある可能性があるというだけで、加熱式電子タバコよりは害がないと考える人も非常に多いです。

電子タバコによる発癌性リスクや、どんな身体的害が有るのかというのはいまだ未知数なのです。

PR

電子タバコには、紙巻きタバコと違う害がある

タバコ害

ここまで、日本呼吸器学会の語る電子タバコの身体的リスクについての記事を簡単に紹介しましたが、喫煙者にとってはこんな話、ただの屁理屈ではないか?と思ってしまいますよね。
というか、筆者がそう思いました。

しかし、ほかのサイトにも、電子タバコの主流煙・副流煙には害が有り、身体的リスクを伴うと言われているのです。

高濃度の発癌性?

発癌

電子タバコの中でも一番有名なIQOS(アイコス)を、スイスの大学の研究者が独自に調査した結果、なんと

紙巻きタバコよりも、直接的に癌の原因になる化学物質が多い

と、報告されました。

フィリップモリス社から販売されているIQOS用のタバコの化学物質を分析した結果、「一酸化炭素」「多環式芳香族炭化水素」「揮発性有機化合物」といった有害性物質が検知され、これらの有害性物質に安全な最低基準は存在しないと言われているため、どんなに少量でも身体リスクを伴うと見解を示しています。

電子タバコに害がないはウソ!

ビビる

電子タバコは確かに、臭いが少ない・火傷や寝タバコの危険性が少ないといったリスクを下げることができますが、主流煙にも副流煙共に、有害性物質が検知されており、アイコス喫煙者の『害・リスクがないタバコ』と言ったイメージしている安全性に達しているとはとても否めません。

加熱式電子タバコからも発癌性が周囲に流出するため、副流煙によって意図せず有害性物質を吸引し、非喫煙者の健康を害する恐れがあります。

紙巻きタバコよりも、加熱式電子タバコの方が有害性物質の濃度が高かったという点については、実験方法の違いもあるとして言及されています。

加熱式タバコ徹底比較!受動喫煙で健康被害は出るか研究結果も出た?
禁煙化の進んでいる日本で話題の「健康被害が少ない」と言われているアイコスや、グロー、プルームテックといった加熱式タバコは本当に受動喫煙者に害の少ないのでしょうか?加熱式タバコと紙巻きタバコを比較しながら有害性の研究結果を調べてみました。
プルームテックのカートリッジはコンビニで購入可能?捨て方は?
加熱式電子タバコプルームテックのカートリッジはコンビニで購入できる?使用後のカートリッジとタバコカプセルの捨て方はどうしたらいい?など、プルームテックのカートリッジに重点を置いてご紹介していきます。

結論として電子タバコは…

調べる

害があるのか、ないのか、身体的リスクがあるのか、分かっていないと言うのが現状です。

普及してからもそれほど時間がたっておらず、今後、年月を重ねて電子タバコを使用する過程でどんな影響が出るのか全く分かっていないのです。

今後数年以内に、脳梗塞や肺癌での死亡者数が減り、その中に電子タバコを吸っている人がいない、もしくは少くなっていれば電子タバコの害が少ないと証明されることになるでしょう。

電子タバコが危険な理由

タバコ 害

どんなに、害が減ったといっても、害が無くなったというわけではありません。

現段階でも電子タバコに害があり危険を伴う、リスクがあるといわれている理由としては、下記のものがあります。
そのことをしっかりと理解したうえで電子タバコを喫煙するようにしましょう。

症例は少ないが症例はある

病院

副流煙に有害性が無いというで電子タバコですが、実は過去に数件ですが、報告されているのです。

この症例はリキッド式の電子タバコですが、電子タバコのリキッドに含まれているプロピレングリコールという成分が、加熱の過程でプロピレンオキサイドという発癌性のある物質に変化することがあり、電子タバコの副流煙を吸引したことが原因で、肺炎の一種の症例が報告されました。

電子タバコの副流煙には有害性の無い水蒸気であると思われていましたが、実はこのような有害性も持ち合わせているそうです。

また、このプロピレングリコールは猫に対して影響があると認められているので、絶対に猫の近くで吸ってはいけないとされています。

安全性が科学的に評価されたことがない

研究する

プロピレングリコールや、グリセリンを蒸気として、吸引した際に、肺及び身体的リスクがどの程度なのかなど、安全性が科学的に評価されたことがなく、今後後遺症として発症する可能性もゼロではないとされています。

また、加熱する事で発癌性物質へと変わるプロピレングリコールを吸引している時点で、主流煙にも副流煙にも安全性は薄いのではないかとされています。

これから先、さらに研究が進み、電子タバコには本当に害が少ないことが分かるかもしれませんし、逆に、電子タバコには、紙巻きタバコよりも害が有るということになるかもしれません。

今はまだ、規制が緩い電子タバコですが、今後どうなっていくのか電子タバコの行く末が気になるところです。

あのJTも投資したプルームテックと同技術の電子タバコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数を占める、日本でも確実に流行る『JUUL(ジュール)』という電子タバコをあなたはご存知ですか?

ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。

え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw

強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL(ジュール)』は通販で簡単に購入する事ができ、POD(リキッド)のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。勿論、液漏れも一切しない凄いヤツですw


JUULを購入する

あなたへのオススメ

コメントを残す

*