【飲み過ぎ必見】1秒でも早くお酒の酔いを早く冷ます方法とは? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しいお酒飲んでいますか?

たまにしかお酒を飲まない人もホストやキャバ嬢など毎日仕事でお酒を飲まれている方も、飲み過ぎて悪酔いしたくないですし、二日酔いにも注意したいところ。

次の日も仕事なんてときはお酒の量をセーブしてしまって楽しめないなんてこともありますよね。

そんなときに酔いを冷ます方法があれば是非実践したいところですね。

ちゃんぽんすると酔いやすいや二日酔いには迎え酒が良いなどおばあちゃんの知恵袋的なものあったりしますが、この現代に酔いを早く冷ます方法で効果があると言われているのは何なのかまとめました。

ドリンクよりも粒タイプが大人気!

手軽に栄養補給できる栄養ドリンクですが、それよりももっと手軽に摂取できるのが粒サプリメントタイプのものです。

その中でも楽天で3冠達成した【ヘパリーゼZ】は通販限定ですが、大HITしています!

お酒の酔いを醒ますために大切な肝臓をはじめとする、身体を活性化させる成分5種類をギュッと3粒に凝縮。

ポケットにも財布にも忍ばせて持ち歩くことができるので、急なお酒の場でもササッと取り出して服用することができます。

今、二日酔いも悪酔いも予防できる、たった3粒でコンパクトだから持ち運びや保管もラクラクの最強サプリだと話題沸騰中なんです!

お試し版の購入なら初回価格はたった980円!気になった方は今すぐ試しましょう!

ヘパリーゼはいつ飲むのがいい?飲むタイミングと効果や副作用
ヘパリーゼの製品情報・特徴・効果効能・飲むタイミングなどについてご紹介。ヘパリーゼは様々な種類の商品があり、市販やコンビニで気軽に購入できます。疲労回復や栄養補充、二日酔い防止に効果的なので、ぜひご参照ください。
お酒を飲んでも酔わない方法・酔わない飲み方を元ホストが伝授
日本人の多くはお酒に弱い人が多い人種です。これは遺伝によってアルコールを分解する酵素が弱いためなのですが、とはいってもできるだけ悪酔いはしたくないものです。今回はお酒に酔わない方法・酔わない飲み方をまとめてみました。

栄養ドリンクを飲む

栄養ドリンク
PR

にはお酒の酔いを醒ます方法として一番手っ取り早く行える方法となります。

お酒を飲む前に、そして飲んだ後に栄養ドリンクで栄養を摂取することで肝臓だけでなく胃腸の負担も軽減させることができます。

また、体調が悪いときには内臓の働きも悪くなってしまいますので栄養ドリンクで回復も期待できます。

一般的な栄養ドリンクの栄養素には、ビタミンを中心にカフェインやアミノ酸などが含まれており、お酒のお伴となる栄養ドリンクにはさらに肝臓機能と高めるウコンや肝臓エキス、生薬などが入っております。

また、栄養ドリンクの多くって甘いですよね。甘味成分として糖質が含まれているのですが、その糖質が肝臓が働くためのエネルギーとなるので糖質が高く設定されております。

栄養ドリンクの飲むタイミングは?効果的な時間帯と飲み方を検証
疲れた時や風邪気味のとき、精力を出したい時など栄養ドリンクって重宝しますよね。当たり前のように飲んでいる栄養ドリンクですが、飲むタイミングがあるって知ってました?今回は万能ドリンクの栄養ドリンクの効果的な飲み方や時間帯を検証しております。
おすすめの栄養ドリンクの飲み方!夜寝る前に飲む?朝飲む?
栄養ドリンクはいつ飲むのが効果的?ここでは、栄養ドリンクに関する情報をまとめています。夜寝る前に飲むのが効果的か?朝起きてからか?お昼くらいが良いか?など気になる服用のタイミングや、オススメの栄養ドリンクもご紹介。

栄養価のある食べ物を食べる

フルーツ

お酒を飲むときには食べ物を食べながらなんてことが多いと思いますが、そんなときに肝臓の機能やアルコールの吸収を抑制させるような栄養価のある食べ物を食べることで酔いを早く冷ますことになります。

果物は酔いを冷ますには優秀

果物は酔いを冷ます方法としては優秀で、ビタミンやミネラルなどが多く含まれている食材です。果物の甘味となる果糖も肝臓のエネルギーとなります。

柿にはタンニンとビタミンCが多く含まれているので、血液中のアルコール分を体外へ排出したりする働きがあります。グレープフルーツの果汁に含まれているイノシトールは肝臓の負担を和らげアルコールの分解をスムーズに行ってくれます。

野菜も摂ることを忘れずに

野菜にも果物と同じくビタミンやミネラルが豊富ですので酔いを早く冷ますにはおすすめです。

枝豆は高たんぱくですので肝臓のエネルギーとなりアルコールの分解を助けます。トマトも野菜の中ではアルコールの分解を助ける栄養素が高いです。

お酒を飲む前には脂質を摂っておく

空きっ腹にお酒を飲んでしまうとアルコールの吸収が早くなってしまい血中アルコール濃度が急激に上昇してしまいます。

アルコールの吸収を抑制させるためには体内吸収の遅い脂質を含んだ食べ物を食べておきましょう。チーズやナッツ類であれば満腹感を抑えつつ脂質を摂ることができるのでおつまみで頼んでおきましょう。

魚介類にはタウリンが豊富

魚介類にはタウリンやアミノ酸が多く含まれており、タウリンには肝臓の働きを促す作用があるため酔いを冷ます方法としても優秀な食材です。

タコやイカ、貝類にはタウリンが多く含まれており、魚肉にはアミノ酸が多く含まれております。

おばあちゃんの知恵袋の梅干しも大活躍

おばあちゃんの知恵袋的なもので梅干しが酔いを冷ます方法として聞かれたりもしますが、梅干しも酔い冷ましには効果的です。

梅干しに含まれるクエン酸は疲労回復に効果があり、お酒を飲む前に食べておくと胃腸の保護にも役立ちます。

お酒を飲むと頭痛が起こる原因はなに?治す方法は薬しかない?
飲み会での頭痛、二日酔いなどに悩まされた事のある人必見!お酒による頭痛の原因や治す方法、事前に出来る対策など書いてみました!これさえ読めば2軒目3軒目も余裕!2日酔いにもならないかも!?参考になれば幸いです。
お酒を飲んでも顔が赤くならない方法まとめ
もう飲めないのかと呆れられる、単純に顔が赤いって恥ずかしいなど理由は様々ですが、アルコールで顔が赤くなることを嫌と思う人は多いようです。そんな人のため、お酒で顔が赤くならない方法と顔が赤くなる原因についてまとめています!
PR

ツボを押して体をリフレッシュ

ツボ合谷

酔いを早く冷ますのも二日酔いの予防にも肝機能のはたらきをアップさせる必要があります。

しっかりと栄養ドリンクや食べ物や飲み物を摂取しつつも同時に行いたいのがツボ押しです。

アルコールで傷ついた肝臓や消化器官を回復させ、酔いを早く冷ます方法となります。

飲み過ぎる前に押しておきましょうね。

肝臓上にある【期門】

左右の乳首から真下、肋骨が交わるあたり期門と呼ばれる二日酔いに効果のあるツボです。右の期門はちょうど肝臓の上にあたるので肝臓をあたためより効果的でしょう。

万能のツボ【合谷】

手の親指と人差し指の付け根の部分のある合谷は各種痛み、特に上半身の痛みに対して効果のあるツボです。

血流改善に効果があるといわれているため、アルコールで体調を崩したからだを正常の戻そうとはたらき酔いを早く冷ますこととなるでしょう。

肝機能全般を高める【中渚】

今度は合谷とは逆に小指と薬指の付け根のあたり中渚と呼ばれる肝機能を高めるツボです。

肝臓の検査前に押すことをお勧めされたりするツボですので、酔いを早く冷ます方法としても優秀でしょう。

毎日栄養ドリンクを飲み過ぎていると副作用で肝臓が悪くなる?
疲れた身体を癒したり、風邪を引いて食べれないとき、お酒を飲む時などに重宝するのが栄養ドリンクですね。そんな身体の助けになる栄養ドリンクを毎日飲み過ぎると実は肝臓は悲鳴を上げており副作用を発症してしまうこともあるようです。
ヘパリーゼVSウコン!どっちが効く?とことん調査してみた結果
ヘパリーゼとウコンの力はどっちが効く?飲み過ぎによる二日酔いに対して効果的な栄養剤情報をご紹介!効果効能以外にも栄養剤における副作用や注意点などもまとめていますので、日常的にお酒を飲んでいる方はぜひご参照ください。

二日酔いでの迎え酒はもう一度マヒさせているだけ

迎え酒

二日酔いで辛いときは迎え酒で痛みの軽減を行う方などもいたりしますが、再び酔っぱらうことにより脳を再度マヒさせているだけですので体に負担をかけていいるだけですのでお勧めできません。

深酒をしなければ徐々に酔いは冷め、酔いが冷めた頃には二日酔いの痛みも軽減されていることでしょうが、迎え酒で二日酔いを抑制させる行為はアルコール依存症へ足を突っ込んでいる状態といえますので止めておきましょうね。

迎え酒より絶対に『ヘパリーゼZ』がいい!

お酒で身体をボロボロにしていませんか?

アルコールは身体には毒素ですので、素早く分解して排出することが必要ですが、酷使した身体では満足に分解することもできません。

毒素の分解に特に大切な肝臓はもちろん、身体に活力を与える成分をふんだんに含んだ【ヘパリーゼZ】なら、充実の配合成分でボロボロの身体を速やかにサポートしてくれます。

お酒でお酒を誤魔化しちゃダメです!アルコールの分解もできなくなってしまったお疲れのあなたにはヘパリーゼZが絶対オススメ!

ちょっとでも興味を持ったら公式サイトをチェックしてみてください!

飲み過ぎた!誰でも簡単にできるお酒の酔いが覚める方法とは?
お酒と楽しく付き合うためには、自分がどれだけお酒を飲めるか把握しておくことが必要です。お酒を飲み過ぎると二日酔いとなり頭痛や嘔吐などの原因となりますが酔いが覚める方法としてもお酒を分解する時間を把握することも必要です。
これで一安心!お酒の酔いが覚める飲み物と食べ物には何がある?
お酒の席で長く楽しむためには悪酔いせず意識をしっかりと保つことが必要ですね。特に接待や女性とのお酒の席では意識を保っておきたいもの。そんなときに酔いが覚める飲み物や食べ物があれば二日酔いにも効果を発揮し次の日の影響も少ないですよ。

無理せず吐くことも一つの手

吐く

無理せずに一度吐くことも酔いを冷ます方法としては一つの手となります。まだアルコールが吸収されていないときに吐いておくことでそれ以上のアルコールの吸収を抑制させることができため、血中アルコール濃度の上昇を抑え酔いも抑えることになります。

しかし、アルコールの強いお酒を飲んだときは、胃の内容物が少ないためなかなか吐きにくいもの。そんなときはできるだけ水を多く含んで吐けるような状態をつくりましょう。

ただ、あまり吐きすぎると食道が胃酸で傷ついてしまい逆流性食道炎になってしまうかも。

そのため毎回吐くことはせずに、「ここでは無理できない!」ってときに使用するようにしましょう。

もう絶対に吐きたくない!お酒が簡単に強くなる方法4選
酒豪や下戸などお酒の強さは遺伝子によって決められているのですが、それでもお酒に強くなる方法はあるのでしょうか?肝臓で分解されるアルコールは遺伝子によって分解酵素の活性度が違うのですが、飲み会などで少しずつお酒を飲む回数を増やしたり、肝臓の機能をアップするなどすればお酒に強くなる可能性はあるようです。
ハイボール1杯分のカロリー・糖質は缶とジョッキで全然違う?
ハイボールはダイエットに良いとは本当なんでしょうか?真相は明らかにするためにハイボールに含まれるカロリーと糖質について、また市販のハイボール缶とジョッキで出されるハイボールでカロリーや糖質が違う件についてもまとめました!

自分がどれだけ飲めるのか把握しておくこと

酔いを冷ます方法として一番気をつけておきたいのが、

「自分がどれだけお酒を飲むことができるのか」

です。

自分で限界を知らないと、飲み過ぎて酔いを早く冷まそうと思ったときには時すでに遅しと間に合わないことも多々あります。

今回紹介した栄養ドリンクや栄養価のある食材、ツボ押しなどの酔いを冷ます方法もあなたのお酒が強くなるというわけではありません。

誰しも体調が万全のときばかりがお酒を飲む機会だとは限りません。

「ちょっと今日の体調だといつものペースではキツイかも・・・」って思ったときに酔いを冷ます方法を実践しておけば悪酔いせずに済む可能性を高めるというものです。

お酒を飲むときは慢心せずにしっかりと自分と向き合って飲んでくださいね。

お酒を飲む前の常識!二日酔いにならない方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社・友人との飲み会、合コン、晩酌…様々な場面でお酒を飲む機会がありますが、あなたは二日酔い対策や飲み過ぎ対策をしっかり出来ていますか?

ドリンクタイプではないヘパリーゼZなら瓶と比べて持ち運びも便利ですし、3粒飲むだけで翌朝スッキリ!二日酔い対策を簡単に行う事ができます。

30年以上も肝臓エキスを研究し続けている有名なゼリア新薬が製造しているので、高品質で信頼性が高く通販限定の特別なヘパリーゼになります。

※購入者は初回を半額で購入できる「特別定期契約コース」でお得に二日酔い対策をしています。先ずは公式サイトにて詳細を確認してみましょう。


最強の二日酔い対策を試す

あなたへのオススメ

コメントを残す

*