舌ピアスは病院で開けて貰う方が痛みは無い?値段は幾らくらい?

舌ピアス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舌ピアスを開けていると「どうやって開けたの?」と良く聞かれます。

筆者はセルフで開けましたが、ピアス初心者の方は、病院やピアススタジオという専門機関で開けてもらうのがおすすめです。

値段は少々しますが、病院で舌ピアスを開けるなら麻酔を使って幾分痛みを和らげることができます。

今回は、病院で開ける舌ピアスについて、痛みや値段、注意事項をご紹介していきたいと思います。

舌ピアスを開けるなら病院がおすすめ?

ピアス 病院
Sponsored Link

舌には、太い血管が通っていたり神経が多く通っている為、非常に敏感な部位です。

さらに、口内という見にくく複雑な箇所へのピアッシングなので、ピアッシングやニードルに慣れていない方がセルフで舌ピアスをピアッシングするのは危険な行為です。

舌ピアスを開けたいけど、セルフは怖いな…という方は病院・ピアススタジオ等でのピアッシングをおすすめします。
どうしてもセルフで開けたいという方は、是非以前の舌ピアスの開け方記事を参考にしてみてください。

舌ピアスを開ける位置や場所、痛みや腫れが出ない開け方とは?
舌ピアスの王道『センタータン』の開け方を大公開!舌ピアスを開ける時の痛みはどのくらい?腫れがひどいって本当?など、筆者実体験をもとにご紹介していきます。チラリと見えるのがかっこいい魅惑の舌ピアスについて詰め込みました!センタータン以外の舌ピアスの位置と場所、名称や、痛みの少ない開け方までご紹介し...
ピアスは病院の何科で開けるべき?痛い?値段は安いの?
自分でピアスを開けるのは痛い!無理!かといって友達に開けてもらうのも怖い!と開けるのを諦めてはいませんか?実は病院でもピアスを開けてもらえるんです!病院でピアスを開けてもらうなら何科を受診すればいいのか?値段や痛さ、そして病院でピアスを開けるメリットとデメリットをまとめてみました!是非参考にして...

舌ピアスのピアッシングは美容外科・整形外科へ

舌ピアスを開けてくれる病院は、美容外科もしくは整形外科です。

耳鼻科や、皮膚科でも確かにピアッシングを行っている病院がありますが、それは耳ピアスに限った場合が多いです。
舌ピアスなどのボディピアスを開けてくれる病院は美容外科か、整形外科くらいでしょう。

舌ピアスを開けるのはいくらくらい?

ピアス値段

どの部位へのピアッシングで有っても、ピアスは自由診療なので、保険適用外になっています。
そのため、病院によって値段は異なりますし、耳と違って特殊な場所へのピアッシングになりますので、病院へ行く前にしっかりとHPや電話で問い合わせるようにしましょう。

舌ピアスへのピアッシング参考価格

東京近辺の病院では、12,000円くらいの値段が相場のようです。
麻酔込みのお値段ですが、ピアスは自分で用意する必要があるので、確認必須ですね。

更に言うと、初診料・カウンセリング料がかかる場合もあるので要注意!
病院へ行ってすぐに舌ピアスを開けてもらえるということは少ないようです。

とは言え、痛みを抑えるために麻酔が使用でき、鎮痛剤も処方してもらえるのでピアスを開けることに不安を少しでも感じるのであれば、その不安を和らげてくれるという点において、この値段は妥当ではないでしょうか。

病院で開けるメリット

メリット

病院で舌ピアスを開けるメリットとはどんなものがあるのでしょうか。
ちょっぴりまとめてみました。

PR

麻酔が使えて痛みが少ない

病院で舌ピアスを開けるメリットとして一番に挙げられるのは、やはり麻酔が使えることではないでしょうか。

ピアッシングを行っている医師は麻酔の使用ができるので、セルフで行うよりも簡単に痛みの少ないピアッシングを行うことができます。

痛みに弱い方や、針が怖いという方にはかなりのメリットとして挙げられるのではないでしょうか。

感染症など、衛生面において信頼できる

病院で使用するものはすべて殺菌処理が行われているものです。

そのため、セルフ等で開けるよりも、大幅に感染症のリスクが低減します。

口内は細菌が活発になり、感染症が蔓延しやすいので、そのようなリスクをなくせるというのは値段相応の価値があるのではないでしょうか。

アフターケアがしっかりしている

ピアッシングを行っているときの麻酔は痛みを抑えてくれますが、舌ピアスは開ける時よりも開けた後の方が痛みが強いです。

そのため、舌ピアスのピアッシング後は鎮痛剤などで痛みを抑えるのが必須。
アフターケア用の鎮痛剤を処方してくれるのも病院で舌ピアスを開けるメリットになっています。

安定するまで様子を見てもらえる

この病院で開けた。というカルテが残るので、突然のトラブルでも最後まで対応してくれるのは病院で開けるメリットではないでしょうか。

腫れが引かない場合や、万が一細菌感染してしまった場合などにも対応してくれるので、安心して舌ピアスを開けることができます。

ピアスで腫れた時、膿んだときの対処法と自宅で出来る治し方
ピアスを付けていると突如襲い掛かる”ピアストラブル”痛みにこらえて折角開けたピアスが腫れたり膿むと焦りますよね…。だからと言ってピアスをすぐに外してしまうのはもったいないです!軽度のピアストラブルなら自分で治すことができるんです!膿んだときの対処法と、治し方をご紹介していきます!これで治らなければ病...
ピアス初心者必見!開ける時に最も痛い場所ランキングはどこ?
ピアス初心者なら知りたい、筆者が独断と偏見で決めたピアスを開ける時に”痛い場所ランキング”をまとめてみました!軟骨ピアスよりも開ける時に痛くない位置はどこ?ちょっと意外な結果になりました。初めてピアスを開けるならなるべく痛くないところに開けたいですよね…。初心者は勿論、ピアスを開けたことがある人も必...

病院で開けるデメリット

デメリット

病院で舌ピアスを開けるメリットはたくさんありますが、その分デメリットも持ち合わせています。
もちろん、ピアッシングを適切に行ってくれる病院を見極めることができればデメリットの心配もないのでネットの口コミやHPなど、実績を確認して自己判断で選ぶようにしましょう。

簡単に、病院で舌ピアスを開ける時のデメリットをご紹介します。

値段が高い

自由診療に合わせて、病院でのピアッシングはカウンセリングや確認などで何度も訪れなくてはいけないこともあります。
そのため、毎回の診察料やオプション料金などで想像以上に値段が張ってしまうこともあります。

また、舌ピアスを開ける部位によって値段が変わる、もしくは対応してもらえない可能性がありますので事前によく確認することが大切です。

とはいえ、自分で舌ピアスを開けるならそれ相応の器具や用意するものでお金がかかりますし、大きなリスクもあるので、安心をお金で買うと思えば、10,000円ちょっとの値段も安いのかもしれませんね。

セルフで開けて感染症や、病気になっても自己責任になってしまう可能性もあるので、少々値段が高くても病院で開けた方がいいでしょう。

慣れていない医者が一定数いる

美容外科などの病院では本来、レーザー治療や手術を得意としている医師が多く、ピアッシングに慣れていない医者が一定数いるというのは事実です。

まっすぐ綺麗に刺さることなく貫通してしまったり、アフターケアが十分でない場合には病院で開ける時のデメリットとも言えるでしょう。

こういったピアスに慣れてない医者を見抜くには、HPや口コミの件数で判断することができます。
ピアッシング実績の多い医者を選べば痛みも少なく安定したピアッシングを行ってくれるはずです。

ニードルではなく、ピアッサーで開けるのが主流

病院でピアスを開ける場合、大半の場合がピアッサーという器具を使ってピアッシングを行っていますが、舌などの柔らかい部位に開ける場合にはピアッサーは向いていません。

ピアッサーは皮膚を押しつぶすようにしながら針を刺すのですが、その場合他の皮膚に少なからず負担をかけて痛みを長引かせてしまいます。
ホールも汚くなりやすく、形が悪くなってしまう恐れがあるので、事前に何を使って開けるか聞いておくといいかもしれません。

ニードルを使用している病院は、医師もピアスに慣れている場合が多いのでそういった病院を選ぶようにしましょう。

そもそも、ピアッシングを行っている病院が少ない

ここまで、舌ピアスの病院についてご紹介しましたが、そもそも舌ピアスのピアッシングを行っている病院が少ないと言う点が、病院で舌ピアスを開ける最大のデメリットとも言えるでしょう。

「麻酔が使えて痛みも少ないし、病院で舌ピアスを開けよう!」と決意しても大きな病院にしかなかったり、地元に無い場合が多いです。
適切な病院を探して行くのが一番大変かもしれません。

おすすめはやはりピアススタジオ?

ピアススタジオ

個人的におすすめはやはり、病院ではなく、ピアススタジオでのピアッシングではないでしょうか。
医療機関ではないので、麻酔の使用ができませんがその場で適切なアドバイスの元舌ピアスを購入することができますし、何よりピアススタジオのスタッフさんはピアストラブルについて非常に詳しくスタジオによっては無料でアフターケアをしてくれる場所もあります。

ニードルで開けるので、痛みも短期間で治まりますし、ピアスホールを綺麗に作ってくれるのもピアススタジオだからこそです。

病院よりも若干ですが値段も安いので、ピアス初心者の方は実は、病院よりもピアススタジオの方がおすすめかもしれません。

ピアススタジオの値段

ピアススタジオ内に医療従事者がいれば麻酔を使用することができますが、ほとんどの場合麻酔は使用できません。

しかし、舌ピアスはさほど刺す時の痛みはなく刺した後の痛みが主です。
そのため、痛みが強くなった時の対処法をしっかりと教えてくれるピアススタジオでのピアッシングも舌ピアスを開ける際にはおすすめです。

ピアススタジオで舌ピアスへピアッシングする際の値段はおよそ9,400円~と麻酔を使わない分割安になっています。
病院と同じく、開ける部位によって多少値段は変動しますが、ほとんどの部位に対応しているので、個性的な舌ピアスを開けたいと思っている方はピアススタジオを探した方がいいかもしれません。

ボディピアスの拡張のやり方と位置、適した種類やサイズはどれ?
ボディピアスとは、ファッションピアスよりもサイズが大きく、存在感があり付け方次第で自身の個性を演出することができるアクセサリーです。中でも今回はボディピアスの拡張の仕方について詳しくご紹介していきます!
フェイスピアスの種類やサイズ、付ける位置はどこが理想的?
今では耳たぶに開けるだけの物ではなくなったピアス。フェイスピアスだけでも口や舌、鼻など、多くのデザインがありますよね。今回はフェイスピアスの位置や名称、実際にフェイスピアスを使用している人の投稿をまとめてみました。

舌ピアスを開ける時は病院がおすすめ?まとめ

舌ピアス

いかがでしたでしょうか?

舌というのは非常に扱いづらい部位です。そのため、一歩失敗するだけでかなり痛みを伴い後悔することになります。
自分の中でしっかりと吟味して舌ピアスを開けるようにしましょう。

病院で開けてもセルフで開けても、メリットとデメリットは付きまといます。
多少値段が高くとも、安全、安心を買うと思えばそれほどの値段でもありませんし、セルフで開けるくらいなら病院で開けることをおすすめします。

麻酔を使って少しでも痛みを減らしてオシャレな舌ピアスを楽しんでください。

Sponsored Link
関連記事

コメントを残す

*