入れ墨の消し方でおすすめなのはファンデ?シール?クリーム?

入れ墨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入れ墨って、ふとした時に『消したい…』って思うんですよね。

若気の至りや、友人、恋人と合わせて入れた入れ墨の消し方にはどんなものがあるのでしょうか?

完全には消さずとも、一時的な場合どんな消し方がおすすめでしょうか?

ファンデーション?シール?クリーム?
どれが一番おすすめか、メリットデメリットをまとめながら値段や使い方などをご紹介していきます。

夏に向けて、自分にあった入れ墨の消し方覚えておきませんか?

※2018/06/08最新の情報に更新

入れ墨の消し方とは?

中央クリニック

入れ墨の消し方は大きく2種類に分けられます。

一生残らないように高額な値段を払って除去手術を行う
一時的に見えないように隠す消し方

手術には正直なところデメリットが多く、考え無しに受けてしまう事はあまりお勧めできません。できるなら、一時的に隠してその場を凌ぐのがいいでしょう。

将来を考えて過去を打ち消したい!と言う強い意志を持てないなら、隠して見えないようにしてしまうのも一つの手です。

PR

入れ墨を永久に無くす消し方

若気の至りで入れてしまった入れ墨、将来のことを考えてもう無くしたい!と思うのであれば、等で消す手術を受けるのが最善策です。

・切開手術
・剥除手術
・植皮手術
・レーザー治療方法

どれも自由診療になるので、入れ墨除去費用は高く、入れ墨を入れる時の数10倍かかるとも言われています。

今は、レーザーで体内に入っている入れ墨のスミ色素を壊し除去するのが主流となっていますが、激痛が伴い終わりが見えない治療なんだとか…

入れ墨を入れるなら、除去しないで背負い続ける覚悟まで必要になってくるのです。

【ランキング】タトゥー除去に最適!人気のクリニックベスト3
刺青・タトゥー除去に最適のクリニックをランキング形式でご紹介!全国各地にあるクリニックからオススメのクリニックBEST3をまとめています。カウンセリング・アフターケア、最新の医療技術を備えた店舗を厳選しています。
タトゥー除去の費用相場は治療方法によって金額が全然違う?
タトゥー除去にはどんな治療方法があるのでしょうか?実際の費用相場はどのくらい?まとめてドドンとご紹介します!タトゥー除去はタトゥーよりも痛くつらいものですが、タトゥー除去ができれば、隠すことなく堂々とプールや温泉に行くことができます。

入れ墨を一時的に無くす消し方

・コンシーラーやファンデーション
・テーピング
・サポーター
・シップや絆創膏
・ファンデーションテープ
・ファンデーションスプレー

温泉に入るため、友達とプールに行くため等、一時的に隠すためなら様々な方法があります。

今回は、この一時的に入れ墨を無くす消し方について、何が一番おすすめなのかをまとめてみました!

入れ墨の消し方手術でオススメなのは?

手術

もうこの入れ墨はいらない。と意思が固まったら一生入れ墨とさよならする方法があります。

それが入れ墨除去手術を行って入れ墨が入った皮膚を取り除く消し方が挙げられます。

どの消し方も高額で痛みを伴うものなので、入れ墨除去するにはかなりの覚悟が必要になるのです。

ほとんどの場合1回の手術で入れ墨を完全に除去することができますが、除去できても傷が完治するまでに期間を要しますし、それなりの覚悟なら入れ墨を背負って生きていくことを選んだ方がいいでしょう。

剥除手術

そぐ

剥除手術は、入れ墨の色素が入り込んでいる皮下深層までカミソリのような刃を使って削り取り、自然治癒を待つという手術です。

治療方法を聞くだけでも痛そうですね…。

1回の施術でほとんどの入れ墨を取り除くことができますが、深くまで入り込んでしまったものは削り取ることができず改めてレーザー治療を行う必要が出る場合もあります。

施術に慣れていない医師が行うと傷口から細菌が入り雑菌感染が起きてしまったり、ケロイド状になるなど術後の後遺症が酷くなってしまうことも。

剥除手術を行うなら、知識と経験が豊富なクリニックを探し見極めることが重要になってきます。

おすすめ度:★☆☆☆☆
価格:150,000円~

メリット

・ほとんどの場合1回で除去が完了する
・手術の中では安価
・広範囲の入れ墨も除去できる
・どんな色の入れ墨でも除去可能

デメリット

・傷口が治るまで生活がしにくい
・後遺症が残ることもある
・傷口が大きく残る可能性がある
・痛そう。

切縫手術

せっぽう

入れ墨除去の中では一番医師に勧められるケースが多い消し方です。

入れ墨部分を切り取り、周りの皮膚を縫い留めて定着するのを待つ方法です。

しかし、施術できる入れ墨は限られており、細めの入れ墨や小さめのワンポイント入れ墨にしか対応していません。
大きめのものであれば、複数回に分けて手術する方法もあります。

メスを入れ縫い留めた部分にしか傷口が残らないので、目立ちにくいという特徴があります。

おすすめ度:★★★★☆
価格:40,000~ (切除範囲の直径・場所によって変動)

メリット

・どんな色の入れ墨でも除去可能
・小さめのものであれば1回の手術で除去できる
・傷跡が目立ちにくい
・確実に除去できる

デメリット

・大きさによって金額が高くなることがある
・大きい入れ墨だと複数回手術する必要がある
・手術後皮膚が突っ張る
・高額

植皮手術

あっぷりけ

自身の太もも等入れ墨の入っていない部分から皮膚を持ってきて上に覆いかぶせるように除去する消し方です。

植皮手術の最大の特徴は、どんな色の入れ墨でも、どんな大きさでも除去できるという点が挙げられます。

自身の皮膚なので拒絶反応が起こりにくいですが、稀に皮膚が定着せず再び施術する必要が出る場合もあります。

おすすめ度:★★★☆☆
価格:262,500円~

メリット

・ほぼ1回の手術で除去が可能
・色の入った入れ墨も除去できる
・どんな大きさの入れ墨でも除去できる

デメリット

・手術の傷跡は残る
・健康的な皮膚にも傷が残る
・稀に皮膚が定着せず後遺症が残る
・高額

過去に若気の至りで入れた刺青・タトゥーを簡単に消す方法5選!
若い頃って、後先考えずにやっちゃうんですよね…若気の至りで入れたタトゥーや、刺青を後悔している方必見!過去の過ちを簡単に消す方法は無いのか探ってみました!明日だけどうにか、今だけでも、そんな時におすすめです。
タトゥー除去のピコレーザーに痛みはある?切除費用は安い?
タトゥー除去を考えている人の間で話題の『ピコレーザー』は、従来のレーザーに比べてタトゥー除去の速さや綺麗さ、痛みまでもが改善された最強のレーザーです。登場したばかりのピコレーザーは除去手術よりも値段が安いそうですが…

入れ墨の消し方レーザーでオススメなのは?

レーザー銃

手術で入れ墨を消す消し方はどうしても手術痕が残ってしまいますし、クリニックを間違えたりアフターケアを滞ると術後後遺症でより高額の治療費を払うことになってしまう場合もあります。

複数回時間をかけてでも傷痕を残さずに入れ墨を消したいと言うのであれば、レーザー治療を行うのがいいでしょう。

シミ取りなどに使用されているレーザー機器を入れ墨除去用に設定したもので施術していきます。

レーザー治療は、傷跡が残りにくく1回の施術が安価ですが、完全に消すことはできないですし、かなりの痛みを伴います。

ナノレーザー治療方法

ナノレーザー

通常の入れ墨レーザー除去方法で使われるレーザーを総称してナノレーザーと呼びます。

ナノ秒(1秒の1億分の1)でレーザーを照射し、入れ墨の色素を壊して除去していきます。

手術に比べて1回の施術が安価ですが、何度も繰り返しクリニックを訪れて施術する必要があるので、気づいたときにはかなりの高額になっていた。というケースも多いです。

黒やグレーと言った入れ墨には効果的ですが、色の入った入れ墨は除去しきれず、残ってしまうことが多いです。

おすすめ度:★★☆☆☆
価格:18,000円~(範囲に応じる)

メリット

・施術料が安価
・1度の施術は5分~10分程度
・大きな入れ墨にも施術可能
・傷跡が残りにくい

デメリット

・鋭い痛みが続く
・何度もクリニックを訪れる必要がある
・1度で消すことができず、入れ墨が消えず高額になることもある
・次の施術まで数カ月皮膚を休める必要がある
・施術後水膨れが酷くなる

ピコレーザー治療方法

中央クリニック

最近登場したばかりのピコレーザー中央クリニックは、ナノレーザーに比べて痛みが少なく短期間で入れ墨を消すことができるという新しい消し方です。

ピコ秒(1秒の1兆分の1)という高スピードでレーザーを照射するため、肌にかかる負担が少なく、色素除去の威力も上がっているそうです。

周りの肌に負担をかけにくく今注目されている入れ墨の消し方です。

ピコレーザーの機器が高いこともあり1回の施術料が少々高額ですが、数回の施術で除去が可能なのでトータルではナノレーザーより安く済む場合もあります。

色素除去にも強く、今まで消すことができなかった赤や青、ピンクと言った色の入れ墨も除去することができます。

現段階で、一番確実に刺青を消すことが出来る方法はピコレーザーです!

万が一、ピコレーザーで除去できない入れ墨があればその部分だけ切縫手術を行って完全に消すという方法もあります!

できるだけ確実に消したい!という方は、一度カウンセリングを受けてみるのも手です!

おすすめ度:★★★★★
価格:33,000円~(範囲に応じる)

メリット

・ナノレーザーと比べると痛みが少ない
・大きな入れ墨にも施術可能
・色の入った入れ墨にも対応できる
・数回の施術で除去可能
・傷跡が残らない

デメリット

・ナノレーザーと比べると施術料が高い
・少なくなってるとは言え痛みを感じる
・白や黄色等、薄すぎる色は残りやすい

一時的な入れ墨の消し方でオススメなのは?

入れ墨消し方

入れ墨の一時的な消し方は先ほど紹介した通り大きく分けて、メイクで消す方法と、シールで隠す方法があります。

それぞれの消し方のおすすめ度や、メリットとデメリット、値段はいくらくらいなのかなどをまとめてみました。

コンシーラーやファンデーション

メイク道具

一番手に入りやすく、お値段もそこそこ手ごろなのがメイクに使用されるコンシーラーやファンデーションを使用した消し方です。

ドン・キホーテや近くの薬局でもどこでも買えるのが一番のおすすめポイントです。
女性の肌の悩みを隠す役割をしているコンシーラーやファンデーションは予想以上に効果を発揮してくれます。

クリーム状のリキッド式のファンデーションや、シミ隠しに特化しているファンデーションを選ぶといいかもしれません。

ファンデーションとコンシーラーの使い方、練習次第で自然に自分の肌色と馴染ませることができバレにくいという特徴もあります。

おすすめ度:★☆☆☆☆
価格:500円~3,000円

メリット

・入手しやすい
・カラーバリエーションが豊富なため自分の肌に合った色を選びやすい
・比較的安価
・ウォータープルーフなら汗水にも強い

デメリット

・色ムラができるので消し方にテクニックが必要
・背中や腰などには適していない
・衣類に擦れると取れてしまい、色移りする
・自分に合った色を選ぶのが面倒
・消すのに時間がかかる場合もある
・綺麗に消すならコンシーラー・ファンデーション・パウダーと必要になり金がかかる

PR

入れ墨消し専用のコンシーラー・ファンデーション

みつよしドーラン

メイク用のコンシーラーやファンデーションでは消せないくらい大きい入れ墨だったり、色が濃い場合には入れ墨隠し専用のファンデーションなどを使うのがいいでしょう。

入れ墨隠し専用のファンデーションやコンシーラーなら、重ね塗りする必要もないですし、手早く入れ墨を消すことができます。

舞台用のドーランを使うのもいいかもしれませんね。
舞台用であれば、汗水にも非常に強いのでちょっとのことでは落ちにくいです。

おすすめ度:★★★☆☆
価格:3,000円

メリット

・防水性に優れているものもある
・簡単に扱えるものが多い
・ほぼ確実に消すことができる
・色混ぜする必要がないので楽

デメリット

・ムラにならないように練習が必要
・衣類に擦れると取れてしまい、色移りする
・実店舗が少ない
・そこそこ高価

タトゥー除去手術はタトゥーを入れるよりも10倍痛いって本当?
一度彫って後悔することも多いタトゥー。若気の至りや流行で入れてしまうと彫るときより痛いタトゥー除去が待っていることに。。。そんなタトゥー除去の痛みや手術方法、レーザーが人気のわけ、除去クリームについてなどまとめました。
タトゥーを入れる心理・意味とは?男女300人に聞いてみた!
タトゥーを入れる心理を知るためにはいっそアンケートを取って確認してみることが一番!ってことで男性・女性300人にタトゥーを入れる心理や意味、入れて後悔したことや痛みについてなども合わせて聞くことができました。

テーピング

テーピング

薬局や100円ショップでも安価に購入できるテーピングも、入れ墨の場所次第では十分消し方に役立ってくれます。

背中や胸元の入れ墨には不向きですが、手首や、脚、肩と言った部分には、怪我を装いテーピングで入れ墨を隠すことができます。

1重巻きだと、うっすらと見えてしまうので、2重に巻いたり、ガーゼを下に挟むなど対策するのがいいでしょう。

長時間巻いていると蒸れたり、肌荒れしやすくなるので要注意です。

化粧品を購入するのが恥ずかしいと言う方にもテーピングはおすすめですね。

おすすめ度:★★☆☆☆
価格:100円~1000円弱

メリット

・巻くだけで簡単
・貼り方次第では入れ墨隠しだとバレない
・気軽に購入できる
・安価
・大きさが豊富なので、ほとんどの大きさの入れ墨が隠せる

デメリット

・防水加工されていないものだとすぐに剥がれる
・肌荒れしやすくなる
・うっすら見えることがある
・背中などには貼りにくい
・大きい面に貼るのには向いていない

サポーター

サポーター

防水性は一切ありませんが、ちょっとしたお出かけの時に隠したいならサポーターを使うのもひとつの手です。

腕や足など隠せる部位が限定的になってしまいますが、スポッとハメるだけなので気軽に隠せる消し方としては一番楽でしょう。

隠すためだけならば、100円ショップのもので十分ですが、長時間つけ続けると蒸れたり、汗が溜まりやすくなるので夏場には向いていません。

おすすめ度:★☆☆☆☆
価格:100円~1500円

メリット

・脱着がとても楽
・100円から購入できる

デメリット

・使える場所が限られている
・夏場には向いていない
・蒸れやすく荒れやすい
・防水性は無い

湿布や絆創膏

湿布

薬局で購入できる入れ墨を隠せる消し方アイテムの中には、湿布や絆創膏といったものもあります。

伸縮性があり、小さいタイプから大判サイズまで、サイズの量が豊富なのも特徴的です。

後ろ側でも腰くらいまでなら簡単に貼れますし、入れ墨の消し方の中ではかなり楽な方法です。

ただし、湿布を貼ったまま温泉やプールには入れないので要注意。
防水の絆創膏で隠しても『入れ墨を隠しているのかな?』と思われたり、目立つことに代わりがないので要注意。

おすすめ度:★★☆☆☆
価格:3,000円

メリット

・貼るだけで簡単に隠せる
・サイズのバリエーションが豊富
・防水加工の絆創膏で有ればお風呂やプールでも問題ない

デメリット

・明らかに入れ墨を隠しているとバレやすい
・湿布だと温泉やプールには入れない
・絆創膏の粘着部分は透ける
・適切なものを選ばないと粘着力が弱い

ファンデーションテープ

ファンデーションテープ

今、入れ墨を隠したい、消したいと思っている方の間で話題になっているのがファンデーションテープです。

大き目の傷や、入れ墨を隠すために開発されたファンデーションテープは、ウォータープルーフはもちろん、1週間張り続けられると言うのも特徴的です。

0.02㎜の薄さなので入れ墨を消しているともバレず、ツッパリ感もないため貼っているのを忘れてしまうほどなんだとか!

サイズは2種類しかないので、自分の入れ墨の大きさに合っていれば必需品になること間違いなしです。

おすすめ度:★★★★★
価格:2000円

メリット

・貼ってすぐ隠せる
・肌色4色から選べるので自分の肌に合いやすい
・近くで見ないと貼っているように見えない
・水に強いので温泉やプールでも大丈夫
・1週間貼れるので、旅行でもバレずに済む

デメリット

・常に使うなら少々高価
・薄いシールのため空気が入りやすいので少々練習が必要
・大き過ぎる入れ墨は隠すことができない

タトゥー除去どっとこむの評判や口コミは?本当に綺麗に消える?
若気の至りで入れたタトゥーを今消したいけれど色々と悩んでいる方におすすめなのが名古屋にある『タトゥー除去どっとこむ』キレイに消えるレーザー除去を施すという口コミを見かけたので詳しく調べてみました!評判は如何に?
タトゥー除去クリームは効果なし!通販の口コミと評判まとめ
タトゥー除去は痛みも値段も入れる時より大きいものとされていますが、カナダで販売されていタトゥー除去クリームは簡単にタトゥー除去できるそうです。通販で購入できるそうですが、口コミでは効果なしとの声も詳しく調べてみました。

ファンデーションスプレー

ファンデーションスプレー

ファンデーションやコンシーラーの次に注目されているのがファンデーションスプレーです。

ファンデーション等を塗るのが面倒な方には、こちらのファンデーションスプレーがおすすめです。

中でもカクシスという商品は入れ墨隠しに特化したもので、下地スプレーと色合わせのスプレーを合わせて使うことで入れ墨をほぼ見えなくすることができます。

塗ったり、貼ったりする必要がないので、大き目の入れ墨の消し方として簡単で楽だと話題になっています。

乾いた後には水に入っても取れず、擦れてもなかなか落ちないという優れもの!

おすすめ度:★★★☆☆
価格:3,000円

メリット

・大き目の入れ墨も消せる
・慣れれば簡単に消すことができる
・水をはじき擦っても取れにくい

デメリット

・下地のカラーと、色合わせと2本必要なので高価
・あまり知られていない商品なので口コミが少ない
・綺麗に吹き付けるには練習が必要
・少々ダマができやすい

入れ墨の消し方おすすめはのまとめ

中央クリニック

今回は一生刺青を消す消し方と、7つの消し方隠し方をそれぞれご紹介させていただきました。

個人的に一番おすすめの入れ墨の消し方は、ファンデーションシールですね。
気軽に消せるし、落ちる心配がないという点からもメリットが多いと思えます。

最近では、入れ墨が見えなければ入浴可の温泉やプールも増えていますし、自分に合った入れ墨の消し方を覚えて持っておくといいかもしれません。

ファンデーションやコンシーラー、スプレー等のメイク品は擦ると落ちてしまったり、お湯には強くない場合もあります。温泉には適していないので要注意!
施設の規約に従って温泉やプールを楽しんでください!

いちいち隠すのではなく、完全に入れ墨を除去したい!という方はピコレーザー中央クリニックを扱っているクリニックに相談してみましょう!

タトゥーや入れ墨って簡単に消せる事はご存じですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で入れた入れ墨、もう消してしまいたいタトゥー。様々な想いで入れた刺青は簡単に消せる時代です。

中央クリニックは主要都市にあるので通いやすく、3種類のピコレーザーで痛みの緩和や治療回数の軽減に成功している最先端のタトゥー除去クリニックです。

先ずはあなたに合った治療方法をカウンセリングで提案してもらいましょう。治療期間やご予算も考慮して貰えるので何度も通院したくない方にはおすすめです。

※中央クリニックはあらゆるタイプの入れ墨・タトゥーに対応しています。先ずは公式サイトで詳細を確認してみましょう。


少しでも悩んだら相談

あなたへのオススメ

コメントを残す

*