サラサラな鼻水を止める方法は薬ではなくツボを押せば止まる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもの頃からアレルギー性鼻炎や花粉症に悩んでいる方も多いと思いますが、皆さんはどんな方法で鼻水を止めていますか?

鼻水が辛いと、仕事に集中できなかったり、彼女とデート、合コン、飲み会などすべてのイベントに集中できなくなります。

という事で、ここでは鼻水を止める方法をご紹介!

サラサラ・ダラダラと垂れ流れる鼻水を止める方法を覚えて、鼻水に悩まされる辛い日常から解放されよう。

鼻水が出る原因

鼻水が出る原因

そもそも鼻水が出る原因ってなに?

鼻水が出る理由はいくつかあります。また、鼻水にもいろんな種類がある事をご存知でしょうか?

まずは、鼻水が出る原因を簡単に紹介していきましょう!

【鼻水が出る原因】

鼻水が出る原因は、風邪・ウイルス・花粉・ハウスダスト・環境の変化などによって起こります。風邪の場合はウイルスによって鼻の粘膜が刺激されて鼻水が出て、花粉やハウスダストに関しては、ダニ・カビなどに対して体がアレルギー反応を起こすことで鼻水が出てきます。
他にも、血管運動性鼻炎や寒暖差アレルギーなど気温差で鼻水が出る場合もあります。

PR

鼻水の種類

鼻水の種類

という事で、鼻水が出る原因については、皆さんもある程度ご存知だったと思います。

次に鼻水の種類についてです。

鼻水にもいろんな種類があり、垂れ流れてくる鼻水によって原因を特定しやすくなりますし、それに対する改善・対策も実施できますので、「自分はどんなタイプの鼻水か?」を知る事から始めましょう。

サラサラで垂れ流れる鼻水

日常的に鼻水が出るという方の多くは、このサラサラタイプの鼻水だと思います。

ドロドロした鼻水よりサラサラして垂れ流れる鼻水の方が結構しんどいです。

この鼻水は、特に色もなく透明です。風邪を引いたときの諸症状や、アレルギー性鼻炎の人に多く見られます。

粘り気のある鼻水

粘り気のある鼻水

白っぽくて粘り気のある鼻水は、白血球がウイルスに反応している状態です。

鼻の粘膜に付着したウイルスを死滅させる為に、白い鼻水が出てきてしまいます。

また、この白い鼻水が続くようだと、蓄膿症の可能性もあるので、直ぐに治らなければすぐに病院に行ったほうが良いかも。

花粉症の症状と対策まとめ!花粉症に効く食べ物や薬とは?
毎年一定の時期に決まってやってくる花粉症の季節。花粉に対してアレルギーを持っている方には非常に辛い時期となります。ここでは、花粉症の症状や原因、オススメの薬、食べ物で症状を緩和する方法を紹介しています。
ルル(風邪薬)の飲むタイミングはいつ?成分や眠気の副作用は?
ルル(風邪薬)シリーズの製品情報・特徴・成分・効果効能・飲むタイミング・種類にをご紹介。ルルは喉・鼻・熱・せき・たんなど風邪の諸症状に効果的なお薬です。体調の怠さや頭痛などにオススメなので、自宅に常備しておきましょう。

ドロドロした黄色っぽい鼻水

黄色っぽい鼻水は、誰でも一度は経験しているのではないでしょうか?

黄色っぽいドロドロした鼻水は、死んだ白血球や免疫細胞が鼻水に含まれている状態です。

ほとんどはすぐ改善します。

が、場合によっては副鼻腔に炎症が起こっている可能性もあるので、こちらも長く続くようでしたら病院で治療が必要な場合もあります。

鼻水を止める方法

鼻水を止める方法

鼻水の種類や簡単な原因なども、少しずつ理解できていると思いますが、もし鼻水が出てしまった場合、どんな方法で鼻水を止めれば良いのか?

ここ項目では、誰でも実践できる「鼻水を止める方法」をまとめています。

PR

自分でも簡単にできる!鼻水を止める方法①

自分でも簡単に鼻水が止められればすべて解決!という事で、自分でもできる簡単な方法を紹介します!

【1】水を飲む

【2】鼻うがいをする

【3】鼻を温める

【1】の水を飲む場合、口に水を含んで少し時間をおいてから飲み込むという方法です。試した事があるという方も多いと思いますが、意外と効果的です!

【2】の鼻うがいに関しては、片方の鼻を押さえて、もう片方の鼻から塩を混ぜた水を流し込み、口から吐き出します。これを両方繰り返すと思った以上に鼻がスッキリします!

【3】の鼻を温める場合、蒸しタオルなどを鼻にあてるだけでOKです。鼻水の通りがよくなって鼻詰まりの解消にもなります。

こんな原始的な手段も?鼻水を止める方法②

鼻水を止める

鼻水を止める方法として、代表的なものは先ほど紹介した方法があげられます。

ただ、昔ながらの風習?言い伝え?のような方法で鼻水を止めるという情報もありましたので、そちらも参考までに紹介しておきましょう!

恐らく医師は推奨していないので、自然と言い伝えられていったオリジナル改善方法だと思いますが、結果的に鼻水が止まればOKですね。

・息を止めた状態で頭を上下に振る

・長ネギを貼ってみる

・鼻をつまんだ状態でかむ

などなど、迷信のような方法でもありますが、実は意外と効果的?な場合もあるみたいなので、気になる方は試してみよう!

オススメのメンズ脱毛クリームがコレ!ツルツル美肌で男磨き!
メンズ脱毛クリームに関する情報をご紹介!毛抜き・シェーバー・除毛クリーム・ブラジリアンワックスなど人それぞれ方法は異なると思います。本気でムダ毛に悩む方、これからムダ毛を綺麗に処理したい方向けの情報をまとめています。
ヘパリーゼVSウコン!どっちが効く?とことん調査してみた結果
ヘパリーゼとウコンの力はどっちが効く?飲み過ぎによる二日酔いに対して効果的な栄養剤情報をご紹介!効果効能以外にも栄養剤における副作用や注意点などもまとめていますので、日常的にお酒を飲んでいる方はぜひご参照ください。

試す価値あり?鼻水を止めるツボ

3つ目は、鼻水を止めるツボに関してです。

これもネット上でいろいろと情報が出回っていましたが、鼻水を止めるにはツボを刺激する事で効果を実感できる人もいるみたいです。

鼻の付け根にある睛明(せいめい)、小鼻の左右にある迎香(げいこう)は、鼻水を止めるのに効果的なツボと言われています。

アレルギー性鼻炎や花粉症、ハウスダストなどの辛い鼻水を止めるには、鼻炎薬を飲むのが一番手っ取り早いですが、薬に抵抗がある方や、薬によって眠くなると仕事に支障をきたすという方は、ツボ押しにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

鼻水を緩和する食べ物がある?

鼻水を緩和する食べ物

鼻水に効果的な食べ物は、ネギ・生姜・レバー・うなぎなどがあります。

もちろん、これらを食べたからと言ってすぐに鼻水が止まるというわけではありません。

鼻水を止める方法として、少なからず効果が期待できる手段なので、自宅にネギ・生姜などがあれば、試してみると良いでしょう!

ネギなどの食事を摂る事で、体を温める作用や発刊作用を促進し、鼻水も早い段階で止める事ができるかもしれません!

今すぐ鼻水を止めたいならコレを見ろ!

ここまで、鼻水を止める方法を文章で、皆さんが理できるように紹介してきたつもりですが、「それでもイマイチわからない」という方の為に、鼻水を止める方法に関して、参考になる動画を見つけてきたので、こちらもぜひご参照ください!

身長が低い男がモテる方法!コンプレックス解消で自信をつけよう
身長が低い男性のコンプレックスを解消するための方法をまとめています。男は背が低くても関係ない!と思わせるような魅力のある男性を目指すことが大切です。当ページでは、身長の低い男性に向けたコンプレックスの解消法をご紹介!
栄養ドリンクと風邪薬はミスマッチ?気になる市販薬情報まとめ
栄養ドリンクと風邪薬は併用しても大丈夫?風邪を引いたときに栄養ドリンクと風邪薬はミスマッチ!という意見があります。ここでは、栄養ドリンクと風邪薬の併用に関する、注意点やリスクなどまとめて紹介しています。

自力で鼻水が止められない時

これらの手段を一通り試しても鼻水が止まらない時は、最後は病院で薬を処方してもらったり、市販の鼻炎薬、風邪薬、点鼻薬などを使用するしかありません!

ただし、市販や処方されるお薬には副作用が出る場合もあり、人によっては眠くなったり、機械操作が難しくなる、集中力が途切れるなどの症状が出る事もあります。

なので、できる限り薬を使わずに改善していきましょう!

当ページで学んだこと

総評

・鼻水が出る原因について

・鼻水の種類や症状

・自力で鼻水を止める方法

ここでは、これらについてまとめていますので、すべて読んでいただければ、ある程度は自分なりの改善策が見つかっていると思います。

風邪による鼻水は辛いですが、基本的には一時的な症状なので風邪が治れば鼻水も止まります。正直、アレルギー性鼻炎やハウスダストのように、いつ発症してもおかしくない症状の方が辛いと思います。

ぜひ、当ページの情報を参考にして実践してみてくださいね。

鼻水を止める方法まとめ

鼻水を止める方法まとめ

さて、鼻水を止める方法に関しては、いかがでしたか?

知っている方法もあったり、知らない方法もあったりといろんな意見があると思いますが、なんだかんだで鼻水が止まれば結果オーライです!

辛い鼻水の症状に悩んでいるだけでは何も解決しませんので、自分でできる事はすぐに実践してみる!それでも改善しなければ薬に頼る!風邪やアレルギーではなく蓄膿症の疑いがあれば、直ぐに病院に行く!というように、鼻水のようにダラダラ悩まずに、パパっと行動に移して対策・改善していきましょう!

辛いのは皆さん自身なので、これを機に、体の悩みを1つ改善できると良いですね。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*