鼻毛を抜かない方がいい理由とは?鼻毛は抜いたらダメなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性の身だしなみに欠かせない「鼻毛問題」
たまにめちゃくちゃ出てる男性を見かけますが、本人に「鼻毛出てるよ。」と直接指摘をするのはなかなか言いづらいものです。

とあるアンケートでは、約78%の男性が鼻毛の処理を日頃から行っているとの結果が出ていますが、でも、あなたのそのお手入れ方法本当に正しいですか?

実は鼻毛は抜かない方がいいんです!

鼻毛は抜いたらダメ!と言われる理由とは?

鼻毛をどうしても抜きたいという方はコレ

ノーズワックス

鼻毛を抜くことって、人によっては「痛いしちょっと向いてない」と思う事もあると思います。

でも、笑ったり喋ったりしているときに、鼻から毛が一切見えないように綺麗になっていたら、快適だしめちゃくちゃ楽ですよね。

KING’s NOSE WAX(キングスノーズワックス)なら、一番目立つ鼻の入り口部分の毛を綺麗に脱毛できます。

綺麗になったあとは快適なノーズライフ!1ヵ月に2回ほどしか使用しないので、鼻へのダメージも少ないです!

鼻毛って必要なの?

「こないだ処理したばっかなのにもう生えてきた…」
切っても抜いてもすぐに生えてくる鼻毛の処理に嫌気がさしていませんか?

でも鼻毛って実はとっても重要な役割を担っているんですよ。

PR

4分で濃い体毛を無くせないと思っているアナタはもう時代遅れです!
皆さんは普段どんな方法で除毛していますか?・毛抜き・カミソリ・シェーバー...etc自宅でも簡単に除毛・脱毛できる方法はたくさんありますが、コレといって正解は見つかっていないと思います。そんな中、ネットでも話題の除毛スプレー「ケナイン」を発見!その驚きの効果と使い勝手の良さから話題の除毛クリームとなっ...
すね毛が濃い男の基準とは?すね毛が濃くなる原因をまとめてみた
すね毛。フサフサだと男同士でも抵抗があります。だからといって男の足がツルツルなのもどうかと思います。女子目線で見た時にその辺りはどうなのでしょう。濃い薄いの基準はどの辺りになの?そもそもすね毛の原因は?そしてその特徴は?

鼻毛の仕組み

空気中には、チリやホコリのみだけでは無く、ウイルス病原菌、花粉など目に見えない有害物質がたくさん漂っています。

大半の人間が鼻呼吸であるため、鼻から侵入してくるそれら有害物質を鼻毛でブロックしているのです。
つまり、鼻毛が少ない人ほど鼻毛で阻止できなかったウイルスや病原菌を体内に取り込んでしまうため病気になりやすいと言われています。

このように鼻毛に付着したホコリやウイルスなどは、鼻糞となって体外に排出されるわけなので、鼻糞が作られるのは鼻毛があるからなんですね。

よく、口呼吸より鼻呼吸の方がよいと言われているのは、口にはこのような機能が無いためです。

鼻毛には加湿効果も

また、鼻毛は鼻から取り込んだ乾燥した空気を加湿してくれるという役割もあるのです!
これは知らなかった人も多いのではないでしょうか。

鼻から出た粘液が鼻毛に付着して、外から入ってきた乾燥した空気を加湿し、粘膜を保護してくれるのです。

忌まわしく思われがちな鼻毛ですが、実にけなげにあなたの健康を守ってくれているんです。

加齢が原因で鼻毛が伸びる

たまに、ものすっごい鼻毛が飛び出てるおじいちゃんいますよね。

これは鼻毛が太く・長くなる理由のひとつでもある「加齢」が原因です。

鼻毛にもヘアサイクルが関係していて、ある程度伸びると自然に抜け落ちていくのでいつまでもどんどん伸び続けるというものでは無いのですが、加齢とともにヘアサイクルの周期が長くなると抜け落ちるまでの期間が長くなってその間に伸び続けてしまうからなんです。

すね毛処理後の「かゆい」「チクチクする」解決策教えます!
「かゆい!」「チクチクする!」などのすね毛を処理した後の悩み。なぜかゆくなるのか?その疑問の解決と同時に、すね毛を処理するときに知っておきたい、すね毛の正しい剃り方、剃る前後にやっておくべきことをまとめて紹介します!
体毛を薄くする方法7選!これさえ知っておけばムダ毛処理も安心
男が体毛を薄くする方法をまとめています。普通に毛を剃るだけ、抜くだけであれば自宅でも簡単にできるけど、薄くする方法はなかなか知らない方も多いです。剛毛な男性の為に薄毛にする為の方法から毛が濃くなる原因をご紹介。

鼻毛が太く長くなるのは?

次の理由が「空気が汚い」場合。

埃っぽい場所に長時間いたり、排気ガスの多い街、またタバコも同様です。

空気が汚れていると体が危険を感じて、体を守ろうと鼻毛が伸びやすくなるのです。

他には「男性ホルモンの影響」もあると言われています。

周知のとおり、男性ホルモンは体毛を濃くする作用があるのでもちろん鼻毛にも影響が出やすくなります。

よって、女性と比べるとやはり鼻毛も男性の方が長くて太くなるという訳です。

処理すべき場所とは?

というわけで、とっても大切な役割を果たしている鼻毛ではあるのですが、オトナの男性としてはやはり身だしなみとして他人に不快感を与えない程度に処理をしておく必要があります。

鼻毛をぜーんぶキレイに処理したら風邪を引きやすくなった…なんて意見も多々見られるので鼻毛を処理する場合はすべて取り除いてしまわずに、見えるところだけ処理してくださいね。

鼻毛のチェック方法

鏡で鼻毛をチェックする時は前からだけでなく、左右からもチェックしてみてくださいね!

とくに鼻の高い男性は鼻の穴が縦に長いので、前から見たときは綺麗に処理出来ているようでも横から見たときにまだ処理しきれていない事が多いです。

また、最終チェックをする場合は、鏡の前で笑ってみてください。
笑った時にだけ、ピョコっと顔を出してくる鼻毛もいますので要注意。

PR

鼻毛の危険な処理方法とは?

いつも鼻毛はどうやって処理していますか?

「切っただけではすぐにまた生えてくるし、根こそぎひっこ抜いてやろう!」
「抜いた方がスッキリする!」

なんて男性も多いのではないでしょうか?

でも実は、鼻毛は抜いたらダメ!

鼻毛を抜くのはとても危険なんです。

それでも鼻毛を抜きたい方へ

ノーズワックス

確かに、鼻の中って粘膜なので毛を抜いたりするのは刺激が強いかもしれません。

でも、カッターやハサミではうまく綺麗に出来ない!!という人も中にはいるでしょう。もしくは鼻毛真拳の使い手のごとく、鼻毛の量がやばい人もいるかもしれません。

どうしても定期的に毛を抜いた方が自分には都合がいい!抜いてみたい!!という方はKING’s NOSE WAX(キングスノーズワックス)を使ってみてください。

鼻の入口付近の毛を綺麗にするだけなので、そこまでデリケートな部分の脱毛はしませんし、使った人の口コミも上々です。

特に「ちょくちょく毛をカットするのが面倒くさい」という方にはワックスがおすすめですよ!

眉毛は抜く派?剃る派?切る派?正しい眉毛の整え方4選
眉毛を整える女性は当たり前かもしれませんが、男性が眉毛を整えるのももはや当たり前の時代となりました。眉毛のカタチでその人の印象は大きく変わります。そんな眉毛の整え方をアンケート!あなたは眉毛を抜く派ですか?それとも切る派?剃る派ですか?
あごヒゲ・口ひげの整え方4選!道具は何を使うのがおすすめ?
あなたはヒゲを生やしていますか?ヒゲが似合う芸能人は?あごヒゲや口ひげの整え方は?おすすめの道具は?など今回は男性のヒゲづくしの記事となっております。最近ではデザインヒゲが流行っており、いろいろとおすすめの道具・整え方があるようですよ!

鼻毛を抜くと毛穴が炎症を起こす

鼻毛の処理方法で一番やってはいけないことが抜くことです!

ではどうして鼻毛は抜いたらダメなのか?

鼻は呼吸をする上で、空気と同時にたくさんの細菌が侵入してくる場所です。
鼻毛を抜いてしまうと、鼻の中の毛穴にその細菌が感染してしまい炎症を起こしやすくなってしまうのです。

これが毛穴で起こると「毛嚢炎」といった状態になり、ニキビのように腫れあがります。
症状が軽ければ自覚症状のないまま治る場合もありますが、この炎症が進むと徐々に痛みを伴うようになり、化膿してしまったりと病院にかかることにもなりかねません。

重症化すると、手術で切開をして膿を除去するといったケースもあるようです。
これらの理由から、クリニックでも鼻毛の脱毛を行っていない場合が多く、それだけ鼻毛の処理は危険とされています。

鼻毛を抜くと毛細血管が傷付く

鼻毛を間違った方法で処理すると、最悪の場合「死に至る」ことがあるという事です。

鼻毛を抜いてしまったばかりに死んでしまったなんて、これ以上ない悲しいお話です。

というのも、鼻毛が生えている場所はそれこそ鼻の一番外側にあたりますが、そのすぐ後ろには「キーゼルバッハ」と呼ばれる部位があります。
キーゼルバッハには、無数の毛細血管が密集しており、とてもデリケートなつくりになっているため、鼻毛を抜くことですぐに傷つき、出血してしまいます。

その傷ついた毛穴から菌が繁殖し、そのまま脳まで進行し脳炎髄膜炎を引き起こし、

最悪の場合「死に至る」ケースがあるということです。

という訳で、死にたくなければ鼻毛は抜かない方がいいということです。

今話題のワックスは?

最近テレビや雑誌でも話題になっていますが、鼻毛をワックスで処理する方法です。

ワックスを付けた専用のスティックを鼻に挿して、ワックスが固まったところで勢いよく引っこ抜く!という脱毛方法で、鼻の中全体の鼻毛を一気に抜くことができ、多少の痛みはあるものの、ワックスに無数の鼻毛がビッシリとくっついている様子を見るのが快感に感じる人が多いようです。

ですが、ワックスには強力な粘着力があるため、脱毛時に鼻毛と一緒に粘膜も剥がしてしまう危険があります。

ワックスにしろ何にしろ抜いたらダメです。

鼻毛の正しい処理方法とは?

上記の理由から鼻毛は「抜かずに切る」というのが最も安全で正しい処理方法と言えます。
鼻毛の処理は鼻から飛び出している部分の処理だけで充分です。

カットするだけなら、毛穴から細菌が入って炎症を引き起こす危険もありません。

では、鼻毛をカットする方法をご紹介します。

ハサミで処理する

「ハサミを鼻の中に突っ込むなんてそれこそ怪我しちゃうだろ!

と、思われそうですが、鼻毛カット専用の刃先が丸くなった小さなハサミがあるのでそれを使用しましょう。
ドラッグストアや、100円ショップにも売っています。

売り場には、鼻毛カット用のハサミと同じようなサイズの眉カット用のハサミも売っていますが、それだと刃の先端が尖っているので危険を伴います。

ハサミで処理を終えた後は、付着した毛や汚れを拭き取り、清潔な状態で保管しておいてくださいね。

鼻毛カッターで処理する

電動の鼻毛カッターで処理をするのが、最も安全で簡単だと言えます。

鼻毛カッターは、粘膜にカッターの刃が直接触れることが無く毛量の多い人でもあっという間に処理をすることが可能です。

男性なら鼻毛カッターのひとつぐらい持っておくといいですね。
暇な時間にサッと処理が出来て楽チンです。

アンダーヘア手入れしてる?自宅で出来る処理方法でモテ男に近づけ!
男性にもぜひお手入れしてほしいアンダーヘア。なぜ処理が必要なのか?どうすればいいのか分からない!など、なかなか人に聞けないことを紹介していきます。自宅でも処理できる方法がありますよ!この記事を読んで、モテ男に一歩近づきましょう。
濃い体毛の『部位別』処理方法!ムダ毛の処理は自分で簡単に出来る!
ムダ毛を処理する男性が増えてきており、特に海外では濃い体毛を処理する男性が増加中です。日本でも流行に敏感なモテ男達は既にムダ毛処理を行っていますが、モテない君たちは・・・そこで今回は自分でできるムダ毛の部位別処理方法について紹介します。

鼻毛は抜かない方がいい理由まとめ

ノーズワックス

鼻毛を抜かない方がいい理由は、

・鼻毛を抜いて空いた毛穴から細菌に感染するから

・毛細血管が密集していて傷つけると死んじゃうから

・あと普通に痛いから

という訳で、鼻毛を抜かない方がいい理由をおわかり頂けましたでしょうか?
鼻毛は抜いたらダメですよ!

ハサミや鼻毛カッターを使用して安全にお手入れしましょうね♪

あなたへのオススメ

コメントを残す

*