美容整形で治すならどこ?男のコンプレックスは意外にも〇〇に集中!

美容整形手術
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今では美容整形は女性だけのものではなく男性にも拡大しつつありますね。

近年、テレビCMも多くなり、国会でも取りあげられたりしていますね。

有名美容整形のホームページなどを見てみると、女性用ホームページと男性用ホームページとに分けてあったりとその内容もかなり充実しております。

2014年に行われた美容整形での施術等は世界で約2,000万件行われており、そのうち日本が約100万件ちょっと。1位のアメリカ、2位のブラジルに次いで世界第3位の整形大国となっており、整形大国として有名な韓国よりも上回る結果となっております。

そこで今回は、美容整形で治すならどこがよいか、男性限定にアンケートを取ってみました。

治すところといえば、コンプレックスを抱えているところだと思いますが、意外にもある部分に票が集中したみたいですよ。

Q.美容整形で治すならどこ?【男性限定】

男性整形ランキング
目や鼻 87票
頬や口元 35票
顔全体や輪郭 28票
腰から下の下半身 17票
整形したくない 17票
全身整形したい 15票
その他の顔のパーツ 14票
首から下の上半身 10票
その他 4票

今回は男性限定で200名以上の方に「美容整形治すとしたらどこ?」でアンケートを行いました。アンケートご協力ありがとうございます!

結果は上記のとおりとなりました!

美容整形治すとしたら「目や鼻」87票

二重まぶた

約4割の票を集めて1位となったのが「目や鼻」を美容整形で治したいでした。

実際に外科的手術である美容整形では、まぶたが1位で2位が鼻形成となっており、誰もがコンプレックスとして気にしていることがよくわかりますね。

また、手術のイメージとして他のパーツよりも手軽にできそうな感じも1位となる要因ではないでしょうか?

プチ整形といえば目が代表される場所であり、切らなくても二重まぶたにでき、価格も1万円以下。

目にコンプレックスを持っている男性の方は「ちょっとやってみようかな」って思うことになりますね。

美容整形治すとしたら「頬や口元」35票

頬が気になる男性

目や鼻に次いで美容整形で治したいパーツは頬や口元となりました。

顔の大きさを小さくしシュッとしたり、口元を整えたりとシャープな顔立ちになるように頬や口元に整形したり、逆に頬をふっくらさせたりと、体とのバランスを整えることができますね。

頬の脂肪吸引などは短時間で施術が行うことができ、傷跡も目立たないので行う方も多いようです。

美容整形治すとしたら「顔全体や輪郭」28票

顔パーツ整形

得票数が28票と10%強の票を集めたのが顔全体や輪郭でした。

もう、今の顔から全てを変えたいやエラが張っているのが気になる、シャクれているなど顔そのものにコンプレックスを抱えている方も多いようですね。

エラやアゴの骨を削る際は、ほとんどが口の中から切開を行うようなので、傷口は目だたないようですね。削るだけでなく逆に立体的にしたい場合はシリコンなどを入れてカタチを作っていくようです。

票が集まった整形箇所は全て顔。整形したくない票もちらほら

今回のアンケートで美容整形で治したい箇所は、顔が中心となりました。

パーツとして見た時に顔の部位がやはりコンプレックスと感じているようで、顔から下を整形で治したいという票は少なかったです。

顔より下のパーツとなると、脚を長くしたいやお腹の脂肪吸引、わきがや多汗症などが考えられますね。

しかし、美容整形をしたくはないという票も結構集まっており、トータルで32票と14%ほどの票を集めております。

やはり、親からもらった体にメスを入れることはしたくないという方もまだまだ多くいるようですね。

Q.整形でいくらまでなら出せますか?

整形金額アンケート
10万円から20万円程度 142票
無料ならやってもいい・整形はしない 30票
20万円から40万円程度 25票
10万円以下 15票
50万円から100万円程度 12票
いくらでも出す 3票

美容整形で治すならどこがいいですか?の質問にもうひとつ、美容整形を行う際にいくらまでなら出せますか?も聞いてみました。

結果はダントツで10万円から20万円となり、60%以上を占めることとなりました。

やはり、安すぎるのはちょっと技術的にも不安になるし、高すぎてもそれほど美容整形をしたいと思っていないなどから10万円~20万円ほどの金額となっているようですね。

その気持ちを見越してか、美容整形による手術料金などは、ほとんどが1か所10万円~20万円で収まっているように感じます。切開をせず、施術時間の短いプチ整形などでは、施術内容によっては1万円以下でも行われているクリニックが多いようにも感じます。

プチ整形では二重の施術やシワ取り、鼻スジを通すヒアルロン酸注入など、各種あるので、ちょっとしたコンプレックスを感じている人であれば、とりあえず行ってみることもできそうですね。

美容整形を行う方は10代20代が多い

美容整形で有名な高須クリニックが、来院データーを5年間集計してみたところ、20代が一番多くて約27%、次いで10代で約21%、3番目に30代で約19%と30代までの若い年代が約70%ほどと圧倒的に占めております。

そう考えると、若さを維持するための美容整形というよりも、若い間に何かしら処置を行っておきたいということになるみたいですね。

ちなみに高須クリニックの男性患者の割合は20%~30%ほどですので、女性に比べては少ないですが、思った以上に男性も美容整形を行っているようですね。

医療技術の進歩はこれからも進んでいくことになると思うので、コンプレックスを感じる男性が美容整形でコンプレックスを解消させることは今後も増えていきそうですね。

コメントを残す

*