男はシミ対策が必須!顔のシミを簡単に消す方法とおすすめのアイテム

メンズシミ気にする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性と比べると、男性は肌を守る対策をしてないように思えます。

特に太陽から浴びせられる紫外線は、肌を黒くするだけでなく、シミを作る原因にもなってしまいますが、男性で紫外線対策を行っている方は少ないと思います。

海水浴などで、体に日焼け止めを塗る方はいるかもしれませんが、普段一番紫外線を浴びているのは顔です。また、シミが一番目立つのも顔で、シミが増えることで老けて見えてしまったりもします。

女性の場合、紫外線によるシミ対策として紫外線カットの化粧品や美白効果のある化粧品などを使用し対策を行っておりますが、男性でそこまで行っている方は少ないでしょう。

人は加齢に伴って見た目が徐々に変わっていきますが、見た目が一番変わる原因は「シミ」「シワ」です。

20代30代ではシミやシワはほとんどありませんが、40代・50代ではシミやシワができることで若くないとみられてしまいます。しかし、シミやシワが出来始める40代に対策を行っても、体は着実にシミやシワの予備軍を生成した後となってしまうので効果が半減してしまいます。

つまり、いつまでも若々しくシミとシワができないようにいるためには20代・30代のシミが少ない頃から対策を行うことが必要であります。もちろん40代、50代になってから初めることで60代70代にみられないように抑制することは可能ですよ。

そこで今回は、男性のシミ対策。顔のシミを消す方法やおすすめのアイテムなどを紹介したいと思います。

男のシミができる原因と種類

シミのでき方

男のシミの原因はさまざまですが、基本的には皮膚にメラニンが蓄積していくことで色が濃くなりシミへと変化していきます。シミにはいくつかの種類がありできる場所や原因などが異なってきます

シミのもとになるメラニンは、紫外線が直接細胞にあたらないようにするためにブロックする役割があります。通常は皮膚のターンオーバーによって排出されるのですが、皮膚のターンオーバーの乱れや過度に紫外線を浴びることでメラニンが過剰に作られてしまうことで皮膚に残りシミへと変化していきます。

男のシミ「老人性色素斑」

シミのほとんではこの老人性色素斑が原因でできます。40代に入る頃から出始め、特に紫外線を多く浴びる顔や腕などに出やすいのが特徴です。

過去にどれだけ紫外線を浴びたかが発症に大きく関係しているため、紫外線を多く浴びた方などでは20代や30代など早期に現れることもあります。

ガングロが流行した時代はとうに過ぎ去ってしまいましたが、

「日焼けパリピの俺らにはシミなんてしらね。10年後もないっしょ!ワッショイ!」

なんて思っていると、10年後にシミがウエルカムしちゃいますよ。

男のシミ「脂漏性角化症」

老人性色素斑と同じように加齢や紫外線が原因で作られるのですが、一般的なシミよりもより角質化されてイボのように膨らんでしまったものを指します。

よく高齢の方に大き目のホクロのようなイボが多いように見受けられますが、これのことです。

30代以降にできやすくこんなところにホクロなんてなかったのにと思うところに出始めます。加齢とともに増殖し始めたり大きくなっていきます。顔にできるとイボとしてインパクトが大きいため、向かい合う人はみな気づくことでしょう。30代でできてしまったりすると非常に気になり、年齢的にも高齢にみられることになります。

男のシミ「色素沈着」

皮膚が刺激を受けると、皮膚を守ろうとメラニンが生成されるのですが、日焼けやニキビ跡、ケガ、虫刺されなどでも繰り返し同じ個所に皮膚がダメージを受けると色素沈着しやすくなります。

皮膚のターンオーバーがスムーズにいくことで徐々に改善に向かいますが、食事のバランスが取れていなかったり生活習慣が悪化するとなかなか改善しないこともあります。

男のシミ対策!日頃からのシミ対策が10年後に影響する!?

日焼けシミ

シミを作らないようにするためには日頃からのシミ対策が必要です。シミはいきなり発生するものではなく、年月とともに時間を掛けて発生していきます。シミになる前段階では皮膚の中にメラニンが蓄積されていきシミ予備軍となりそのまま対策を行っていないと徐々にシミとして表面にあらわれるようになってしまいます。

基本的には紫外線対策として日焼け止めなど日光を遮断することが一番ですが、その他のシミ対策を調べてみました。

男のシミ対策にはターンオーバーの維持

ターンオーバー

なぜ若いときにシミができにくいかといったら、皮膚のターンオーバーの機能が活発だからです。

一般的に皮膚のターンオーバーは1ヶ月ほどを1サイクルとして新しい皮膚を作りやがて垢として剥がれ落ちていきます。夏の日焼けが秋頃には白くなっているのもこのターンオーバーによるものです。

常に細胞分裂を繰り返すことでターンオーバーは維持されますが、加齢により新陳代謝が落ちてしまうとターンオーバーも維持できなくなってしまいます。維持できなくなると日焼け後がなかなか消えなかったり、メラニンが皮膚に残ってしまいシミへとなっていきますのでターンオーバーを維持するような管理をしていきましょう。

男のシミ対策にはビタミン摂取

レモンビタミン

男のシミ対策にはビタミンを摂取することを心がけましょう。

ビタミンは老化予防に効果が高く特に「ビタミンC」はコラーゲンの生成に必要な成分です。ビタミンCは水溶性ビタミンですので多量に摂取しても尿として排出されるので積極的に摂取しましょう。ビタミンCを多く含む食べ物といえば果物ですが、果物の多くは「ソラレン」という紫外線の感受性を高める成分が含まれているため、朝に果物を食べるのではなく夜に食べるようにしましょう

シミができてしまった場合の消す方法とオススメアイテム

シミの取り方男性

シミができてしまった場合、そのままにしておくと徐々にシミが増えていきます。また、一度シミができてしまうとなかなかシミは消えません。それは皮膚のターンオーバーが1ヶ月以上かかるということから、ターンオーバーを促進させても直ぐには消えないことがいえます。

ハゲに効果のあるAGA治療薬の効果が半年ほど掛かることもなかなか髪の毛が生えて来ないこともいえ、髪の毛も肌も同じ皮膚の細胞分裂の機能ですので同様といえます。

そのため、自分自身で行うシミ消しにはある程度時間がかかると思ってください。

男のシミを消すアイテム「ビタミンC誘導体化粧品」

MEN'Sケシミン

前述でビタミンCが有効とお伝えしましたが、ビタミンCを含んだ化粧品等を使うことでシミを消すことができます。

ビタミンCは水溶性ですが、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いのでそのままビタミンCを化粧品に使用しても効果はいまいちです。そのためビタミンC誘導体として取り入れることで生体内でビタミンCへと変化させ皮膚に浸透しやすいようになっております。

女性用の化粧品では多く使用されておりますが、男性用では小林製薬から「MEN’S メシミン」が販売されており、クリームタイプで直接塗るものや普段から使用できシミ予防として使用できる化粧水も販売されておりおすすめですよ。

ちなみにシミは過去の蓄積されたものが発生したものとなりますので1ヶ月やそこらで消えることはありません。また、新陳代謝が活発な夜に使用するほうが効果が上がることになります。

男のシミを消す方法「レーザー治療」

レーザー治療

「そんな何か月も待っていられない!」

って方は美容外科でレーザー治療を行うことが一番だと思います。

レーザーを照射することでメラニン色素を破壊しシミをなくしていきます。レーザーを照射したところはカサブタとなりますが、1週間ほどでカサブタは剥がれおちます。そのごターンオーバーが終わる1ヶ月ほどは紫外線に注意しながら凄します。

とても効果は高く治療は数分程度で終わります。シミの大きさにより3,000円~2万円ほどが相場となります。

コメントを残す

*