【iQOS最新】アイコス民驚愕の発がん性10倍ニュースはデマ!?

アイコス電子タバコ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の最初に飛び込んできたニュースといえば、新型アイコス(iQOS2.4Plus)の登場でしたね。

旧型よりも充電時間が20%短くなり、折れやすいブレードも改良。フレバーの種類も増えて新型はより使いやすくなったアイコス(iQOS)に生まれ変わったことで、アイコス民にとって歓喜のニュースとなりましたね。

ところが、アイコス(iQOS)新型発表があったその直後、アイコス民が驚愕する最新ニュースが飛び込んできたのです。

『電子タバコアイコス(iQOS)に発がん性10倍!!』

!!!

アイコスといえば紙タバコから発生される有害成分の90%を謳っているため、このニュースにはアイコス民もただただ驚愕するばかり!

実際、私もアイコス民ですので、この最新ニュースはデマであって欲しいのですが、事の真相は何なのか、究明するべく今回詳しく調べていきたいと思います。

アイコス発がん性10倍がデマなのか最新情報まとめ

新聞英語海外

今回、元記事を探るべく、さまざまなサイトで情報を調べていくと元記事が海外であることがわかりました。

海外サイトでここまで広がりを見せるということは、元記事がとても信頼が置けるということ。そして元記事となったのがロイター社のアメリカ版サイトでした。

やはり、今回のアイコス発がん性10倍の最新情報はデマではないのでしょうか?

アイコス発がん性10倍?デマ?の最新記事はロイター海外版より

今回、アイコスの記事が取り上げられたのが2017年5月26日のロイターのアメリカ版サイトの記事からでした。

みなさん、ロイターって知っていますか?

ロイターといえばイギリスを本拠地に150の国に支局を持つ、世界各国の情報・報道を扱う世界有数の通信社です。金融情報では世界トップであるため、今回の記事ももちろん信頼性の高い記事といえるでしょう。

しかし、アメリカ版であるため全て英語。

さすがに全てを訳すことはできないのでgoogleさんの翻訳機能を使用し訳してみることにしました。

【最新】アイコス発がん性10倍?デマ?の記事を要約してみた

(ロイターヘルス) – 新しいタイプの「熱で燃えない」タバコは、伝統的なタバコの煙に含まれる同じ癌を引き起こす化学物質のいくつかを放出すると、最近の実験は示唆している。

研究者らは、従来のタバコや、使い捨てタバコの棒を加熱するように設計された新しいデバイスから、煙中の化学物質とニコチンを分析し、ユーザーに煙や灰のないタバコの味を与えました。

この「熱で燃えていない」シガレットによって放出された煙は、伝統的なタバコに含まれるニコチンの84%を持っていたと、JAMA内科医が報告しています。

発熱のないタバコはまた、一酸化炭素、揮発性有機化合物(VOCs)、多環式芳香族炭化水素(PAHs)などがんに関連する化学物質を放出した。

研究チームは、スイスのベルン大学(University of Bern University)の主任研究者、レト・アウアー(Reo Auer)博士は次のように述べています。「熱がかかっていないタバコは、従来のタバコよりはるかに高い濃度でこれらの化学物質を放出しました。

アウアー氏によると、「熱がかかったタバコを吸っていないと、健康への影響を知るためにもっと研究が必要だ」と、電子メールで語った。

アウアー氏は、「熱を嫌うタバコの煙の中には、化学物質の中には安全な最低限度がない」とし、これらの化学物質の中には喫煙者の死亡率が高いものもあるかもしれないと付け加えた。

アウアーらは、化学物質が放出された化学物質に比べて熱がかかっていないタバコを従来のタバコと比較して、ラッキーストライクブルーライトと新しい代替タバコ機器の煙を、従来のタバコや電子タバコの煙を捕まえるために開発した喫煙装置を用いて分析した。

彼らは、IQOSホルダー、IQOSポケットチャージャー、Marlboro HeatSticksのレギュラーとヒートを使用して、Philip Morris InternationalのI-Quit-Ordinary Smoking(IQOS)製品の内容を調べました。

加熱しないタバコの長期的な健康への影響を調べるためには、より多くの研究が必要ですが、それらの使用が制限されるまで、その使用は制限されるべきであると、アウアーは主張しています。

「IQOSの煙には有害化学物質が含まれていましたが、濃度は平均して低くなっています」とAuer氏は述べています。「IQOSがユーザーや傍観者にとってより安全であるかどうかを調べるために、より多くの調査を行う必要があります。

googleさんの翻訳機能でも若干言葉回しがおかしいとこもあるので、要約をしてみると、

①紙タバコと同じような化学物質が電子タバコには含まれている。

②電子タバコには、ニコチンが紙タバコの84%含まれている。

③一酸化炭素、揮発性有機化合物(VOCs)、多環式芳香族炭化水素(PAHs)などの化学物質も含まれている。

④一部の化学物質は紙タバコよりも高い濃度だった。

⑤化学物質は少なくても安全とはいえない。

⑥アイコスの有害物質の濃度は平均して低い

などと、なっております。

!!!

ロイターの元記事にはアイコスの発がん性が10倍なんてことひとつも書いてなかったのです!!

では、どこでアイコスが発がん性10倍なんてなったのでしょうか?やはり、デマの要素が強く感じてきましたよ。

煙草のヤニで歯が黄色くなるのが嫌でアイコスに変えたいと思っている人も少なからずいるでしょう。

歯を白くさせるのはなかなか難しいと言われていますが、とても簡単な方法でホワイトニングが出来るのをご存じでしょうか。アイコスを吸っている人でも煙草からアイコスに変えた人は多い筈。ヤニのせいで歯が黄色くなっている人は是非お試しください!

Close-up teeth female between before and after brush the teeth.

【話題】簡単に黄色い歯を白くする方法

最新:アイコス発がん性10倍?デマの拡散はまとめサイト

ツイッター拡散

今回の日本でのアイコス発がん性10倍の記事が広まったのはマスコミではなく情報まとめサイトからでした。ロイターで記事になった当初はまだまだ広がりはなかったものの、ある情報サイトで取り上げたところ、それがツイッターなどで拡散されたことで1ヶ月も経たないうちに広がるかたちとなりました。

またその広がりが新たな記事を作成することとなり、本質の情報がないがしろになったのではないでしょうか?

アイコス発がん性10倍はやはり最新のデマだったのか!?

電子タバコVape

ちなみに、元記事であるロイターの記事をもう一度よく見てみると、前半部分は熱タバコ全体のことを記載しており、アイコスについて記載しているわけでなないのです。

電子タバコはアイコスだけでなく、リキッドタイプのものもあり、日本ではJTのプルームテックなどがそれにあたります。海外でも直接葉を加熱するタイプとリキッドタイプとがあり、さまざまなメーカーから発売され、Vapeと呼ばれ人気となっております。

そしてこの海外で発売されているVapeには製造元がわからないような粗悪品のものがあり、その中には発がん性物質であるホルムアルデヒドが10倍以上検出された報告があるのです。

この発がん性10倍を検知し発表したのが厚生労働省の専門委員会であり、その発表が行われたのが2014年だったのです。

つまり、今回のロイターの記事では発がん性10倍の記事はどこにもなく、今より3年前に報告された他の電子タバコであるVapeの粗悪品から検出された発がん性物質であるホルムアルデヒド10倍と混同されてネットを中心に広まったことが『アイコス発がん性10倍』へと変わったと推測されます。

アイコス発がん性10倍はデマ?私的な最新の感想まとめ

アイコス吸う

今回、『アイコス発がん性10倍』の記事を調べていったことで本当の真相が分かった気がします。

ロイターの記事と日本での情報サイトの拡散内容を見ていった私的な感想をまとめてみると、

①発がん性10倍はアイコスではなく、3年前には報道されていた粗悪品のVape(他の電子タバコ)のことである。

②粗悪品のVapeとアイコスが同電子タバコとして混同され、情報サイトやツイッターなどで拡散されてしまった。

②アイコスにも有害物質は含まれるが、それは紙タバコよりも低い。(元々、有害物質が含まれていることはアイコスも言ってるし)

と、なるのではないでしょうか?

ネガキャン?デマ?最新のアイコス発がん性10倍記事は!?

噂まとめ

今回の『アイコス発がん性10倍』の報道が拡散されたのが2017年の6月

そして、アイコスの新型が発表されたのが、2017年の3月で、コンビニで購入できるようになるのがこの6月からと言われております。

ということは、これって新型の売上を阻止するためのネガキャンではないの?

対立する相手を誹謗中傷して勢いを下げるネガティブキャンペーンは昔からよくありますね。

特に、日本人はリスクを取らず右に倣えの感が多いので、こういった最新のネガキャンはとても反応が高いです。

今回もアイコスを狙ったネガキャンだったのではないでしょうか?

新型の最新アイコスで発がん性10倍はデマの可能性大

アイコス新型

私もアイコス民ですので、新型アイコスは気になるところ。

まだ、アイコス民としての日は浅いですが、既にブレードは一度折っており、充電も接触不良で一発ではなかなか決まらないですが、それでもアイコスを吸い続けております。

新型アイコスではいくつか変わったところがあるのですが、今回の報道であった発がん性10倍など有害物質については特に変わりがないようです。

使用方法は同じですのでそれもそうですね・・・

新型最新アイコスと旧型アイコスの違いとは?

今回、新型アイコスと旧型アイコスと変わった点を簡単にまとめてみると、

①ブレードが折れにくく改良(これは嬉しい♪)

②充電時間の20%短縮(1分ほど短縮!)

③ホルダーのツメが改良(接触不良が減るってことね!)

などがあります。他にも白色LEDライトなどのデザインやバイブ機能なども追加され、全体的に旧型の不安を解消された作りとなっていますね。

今回のアイコス発がん性10倍は、新型アイコスに合わせたネガキャン要素が強くデマだと思っております。しかし、デマニュースが拡散されてもまだまだアイコス人気は収まることはなさそうですので今後は最新のポジティブニュースに期待したいですね。

Sponsored Link

コメントを残す

*