多汗症は病院の何科に行けばいい?皮膚科?それとも形成外科?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば私達が風邪を引いて辛い時、病院で診てもらおうと思いますよね。

多汗症でも同じ事が言えます。病院でしっかりと治療を受けると効果的な気がしますよね!

だけど多汗症って何科に行けば良いんだろう…ってちょっと迷ってしまいませんか?皮膚科形成外科での治療の違いもちょっと分かりにくいですよね。

今回はそんな迷えるあなたの為に、多汗症で行けばいい病院は何科なのかをばっちり解説しちゃいます!

多汗症のクリニックを探しているならココ!

「多汗症の治療を受けたい!でも、皮膚を切ったり痛いのはちょっと…」

多汗症の治療が受けれるとはいえ、何に対してもメリットデメリットってあると思います。

ガーデンクリニックで行っている多汗症治療は、皮膚を切開せずに行う治療法で多汗症を改善します!

20~30分程度で治療が完了し、受けた翌日からは臭いのストレスなしで過ごすことが出来るんです!

多汗症は、人によっては日常生活や人とのコミュニケーションに支障が出てしまう場合もあります。効果のある治療で、コンプレックスを改善してみませんか?

多汗症に対応してくれるのは何科?

看護師さん1
PR

日常生活で体の調子がおかしいなと感じた時、病院で診てもらいますよね。病院で診察してもらうと何だか安心できる様な気がします

やはり病院でプロに診てもらうのは心強いですし、的確な治療をしてもらえるのが良い所ですよね。

ではを病院で治療したい時、掛かるのは何科の病院が良いのでしょうか?順番に見ていきましょう。

メンズデオドラントおすすめランキング!人気なのはスプレー?
汗臭さや加齢臭、ワキガや多汗症などに対する視線が厳しくなっている現代で、メンズは日々体臭に悩まされる生き物です。今回はメンズにおすすめのデオドラントグッズランキングTOP10を大発表!どんな商品が人気なのか紹介します!
多汗症で脇汗タラタラ…制汗剤も効かないという方以外は絶対に見ないで下さい
春夏秋冬関係なく、汗をかけばワキ汗が気になるという方も多いのではないでしょうか?そんな時、皆さんならどうやって対策しますか?「脇汗パッドを貼る」「こまめに拭く」「着替える」いろんな方法がありますが、どれも効率の良い対策方法とは言えません!では、どんな方法が効果的でワキ汗を抑える事ができるのか?今...

1.皮膚科

皮膚科

まず多汗症の治療で最もポピュラーなのは何科なのかと言えば『皮膚科』です。

汗を作って分泌しているのは皮膚の層にある汗腺なので、専門である皮膚科で診てもらうと心強いですね。

多汗症で困ったらまず皮膚科に相談に行くのが良いと思われます。

2.形成外科

形成外科

形成外科でも多汗症の治療を行っています。

こちらは主に体の外側、皮膚表面などに出来た傷や火傷、先天的な体の異常に対して専門的な治療を行っている科です。

皮膚科では主に薬の処方や注射などで治療を行いますが、形成外科では手術的な治療が多く行われています。

3.美容外科

美容外科

美容外科は前述の形成外科から派生した診療科目です。こちらは名前の通り、主に美容に関わる分野が専門の科です。

美容外科でも多汗症の治療を行っている所がありますが、こちらでの治療は保険が効かない治療法(自由診療)が多いという特徴があります。

形成美容外科や美容形成外科など、形成外科と合わせて診療科目としている病院もあります。

4.多汗症外来

多汗症外来

多汗症外来とは、多汗症を専門として治療を行っている診療科です。

中には多汗症とワキガを纏めて専門外来としている所も。

ただし、こちらの外来は全国的に窓口があるという訳ではなく、ある所がまだまだ限られている状態です。

5. ペインクリニック

ペインクリニック

ペインクリニックとは痛みに関する治療のエキスパートである外来です。また、痛みだけではなく、神経が原因となって起こっている疾患に対しても強みがあります。

なので多汗症の治療を行っている所もあるという訳なのです。

こちらも全国どこにでもある診療科、という訳では無いのが難点でしょうか。

多汗症治療の費用は各部位の頭・顔・脇・手、病院によって違う?
ぽたぽた落ちる汗。多汗症の多くは頭や顔、手や脇など汗腺が集中する場所に発症しやすいです。多汗症を治療する場合、病院では保険適用と自由診療とに分かれ、費用も異なることになります。今回はそんな多汗症治療大全になります。
脇汗はボトックス注射で治る?治療による効果はどれくらい?
脇汗を治療したいと真剣に悩んだことはありませんか?汗染み、臭い、ワキガなど脇汗により起こる起こる問題はたくさんあります。今回はそんな方に向けたボトックス注射による治療について効果があるのか?など詳しく見ていきます!

病院の選び方のポイント

看護師さん2
PR

さて、これだけの科が多汗症の治療を行っていると、結局何科に行けば良いんだろう?となりますよね。

病院選びのポイントとして、通いやすい事・治療実績がある事・治療方法の3点を考えていきましょう。

病院選びのポイント1.通いやすい事

道のり

まず、治療方法によっては定期的に通院しなければならない事があります。

また、1回きりの手術で良い場合だとしてもあまりにも遠くの病院は行くだけで負担となってしまう事があります。

幾ら名医のいる病院だとしても、遠方の病院では高い交通費や宿泊費も必要になる事になり、費用が加算でしまいます。

それに行くだけでかなり疲れてしまう事もありますよね。ですので、一概には言えませんがなるべく近くの病院に掛かるのがおすすめです。

病院選びのポイント2.治療実績がある事

実績

症例数が多いとも言いますが、とにかく治療実績がある病院で診てもらうのがベターです。

なぜなら、治療可能と書かれていても実績のある病院とない病院では、医師の腕も大きく変わってくるからです。

経験値の高いお医者さんの方が治療も上手いと思いますよね。ですので、多汗症の治療実績が多いと大きく謳っている病院に行くのが良いと言えるでしょう。

病院選びのポイント3.治療方法

方法

各診療科による治療法の違いはこれからお話しますが、自分がどんな治療を受けたいかも勿論大切です。

症状やお財布事情、忙しさは個々によって違いますから、まずは治療プランを自分なりに考えてみましょう

費用はなるべく高くない方が良いとか、仕事で忙しいから支障がない様に治療を受けたい…という様に。

それに合わせて病院を絞り込んでいくのも1つの手です。

おすすめのクリニックはココ!!

・切らない
・痛くない
・治療時間が短い
・治療した翌日から汗を気にしなくて済む
・再発しにくい

これらを全て叶えてくれるのが、ガーデンクリニックの多汗症治療です。

ビューホット治療は、汗腺があるところに熱を浸透させ、切らずに汗の治療をすることが出来ます!

もちろん、カウンセリングも検診・診察、アフターケアまでサポートしてくれます。多汗症で悩んでいる方は、一度相談してみては?

あなたは何科?病院での治療1.皮膚科

皮膚科の場合

皮膚科での治療は予めある程度の治療方針が定められていて、症状に応じて方針と合わせながら治療を行っていく方式となります。

1.イオンフォトレーシス

水

手のひら、足の裏の多汗症に対して用いられるものです。

手や足を浸した水道水に通電して水素イオンを発生させ、それによって制汗効果を得るという治療法です。

水に電気を流すといっても感電する事はありませんのでご安心ください。

この治療法は定期的に通院する必要があります。

2.ボツリヌス毒素注射

注射

腋窩や手のひら、足の裏にボツリヌス毒素を注射して、発汗を促す神経の働きを抑制する方法です。

効果は約半年ほど持続するとの事なので頻繁な通院が必要という訳ではありません。

注射時の痛みと重度の多汗症しか保険が効かない所がネックとして挙げられます。

また副作用の筋力低下は暫くすると元に戻るとの事です。

3.胸部神経遮断(手の多汗症のみ)

手術室

全身麻酔をかけて胸部を切開し、内視鏡を使って交感神経を切ってしまう事で発汗を抑制します。

効果の高い治療法ではありますが、まれに再発の可能性がある事と代償性発汗のリスクがあります。

代償性発汗とは手のひらからの発汗を止めてしまう代わりに背中や足からの発汗が増えてしまうというものです。

あなたは何科?病院での治療2.形成外科

形成外科の場合

形成外科で行われているのは主に手術での治療です。

手術方法によっては保険の効かない自由診療となってしまうケースが多くあります。

形成外科での手術は汗腺を除去するもの

メス

その手術はどんなものかと言いますと、主に皮膚を切開して汗腺(エクリン腺)を取ってしまいます

手術の方法はいくつかあるのですが、方法は違えど目的は同じです。

大量の汗の原因となるエクリン腺を切除する事で汗そのものを出ない様にしてしまおうという作戦ですね。

術後のダウンタイムが気になる…

安静

ダウンタイムというのは、手術した部分が術後から回復するまでにかかる時間の事です。

この期間はなるべく安静が望ましく、腋窩多汗症の手術をした後は暫く腕を自由に動かせなくなってしまう場合もあります。

ですので仕事や日常生活に支障が出てしまったり、お風呂に入るのも難しいといったケース、入院しなければならない事もあるので要注意です。

多汗症の改善方法をご紹介!体臭の原因にもなるって本当?
多汗症を改善するにはどうすれば良いのか?ここでは、多汗症の種類や一般的な改善方法、また、自分でも直ぐに始められる対策方法についてご紹介。今すぐにでも臭いを対策したい方や、多汗症を抑えたい方必見の情報となっています。
手汗対策にはテサラン?効果なし・口コミの評判が悪いけど真実は?
手汗対策に効果なしの人に吉報!テサランっていう商品が手汗対策に一番効果的のようですよ!筆者の体験談をもとにテサランの口コミや効果をまとめてみました。今まで手汗対策で挫折していた人にぜひ試してみてほしいです!

あなたは何科?病院での治療3.美容外科

美容外科の場合

美容整形外科でも皮膚科形成外科と同じような治療を受けられます。

病院によっては切らないタイプの施術も受ける事ができ、なるべく傷痕を残したくない方におすすめです。

切らない方法は傷も残らなくて嬉しい…けれど

悲しい

美容形成外科で受けられるミラドライ法という施術は皮膚の上からレーザーを当てて汗腺を破壊する治療法です。

切らなくていいのはリスクも低いし嬉しい…と言いたいところですが、皮膚を切開しないタイプの施術は取り残しが問題ともなっています。

直接汗腺を確認しながらの手術ではないので、きちんと汗腺が破壊できたかは分からないのです。

その為治療の効果が薄かったり、再発してしまったりというケースも出ています。

リスクが少ない治療はお金が…

札束

美容形成外科で受けられる治療のほとんどは保険の効かない自由診療である事が多いです。

その為、治療費がかなり高額になる可能性が高いのが心配なところ。

確かに傷痕が残りにくかったり、ダウンタイムが短めだったりするのは嬉しい所なのですが…。

多汗症の自由診療では数十万円は必要になってしまう事を念頭に置いておいてください。

ちょっと考えておきたい病院治療のメリット・デメリット

看護師さん4

さて、ではここまでの内容を踏まえて、多汗症の病院治療のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

結局の所、病院治療にするのか、何科に行くのかはあなた次第です…。

・病院治療のメリット

・専門家に診てもらえるので安心

・一度手術してしまえば以後悩まされる可能性が低い

・定期的に市販の薬を買い続けなくても大丈夫

・治療法によっては掛かる費用も少なくなる

・病院治療のデメリット

・治療費が高額になる事が多い

・治療成功率は100%ではない

・手術後に数日間生活に支障をきたす可能性がある

・リスクや副作用が大きい事がある

手汗が原因で恋愛が出来ない男子が2週間で手汗を改善した方法
大好きなあなたに触れたい。しかし汚れた自分の手を見た時、その思いに蓋をしてしまう。止まらない手汗が原因です。サスペ〇スではないす。手汗がコンプレックスで恋愛出来ない皆様!2週間で改善しちゃいましょう!みんな幸せになーれ!
多汗症は市販の薬で改善できる?漢方薬の効果も調べてみた!
多汗症は市販の薬で改善することができるのか?漢方薬は効くのか?などについてお話ししていきます。多汗症は全人口の4%以上の割合で発症すると言われています。多汗症に悩む方や疑いがあるのではと思う方は参考にしてみてください。

多汗症は一体何科に行けばいい?!まとめ

やっぱりお医者さんにしっかり診てもらった方が何かと安心!…なのですが、良い事ばかりではないというのも考えたい所。

とは言え自分で市販の薬を使い続けるとしても、お金もリスクもかかってしまいます…。

病院治療のメリットとデメリットを考えた上で、やっぱり一度は病院に掛かるのも大切かも知れませんね。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*