【市販薬】かゆみ止めの薬は飲み薬・塗り薬・パッチどれが最強?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体のかゆみって本当に嫌なものですよね!

かゆいとついつい気になって気持ちが落ち着きませんし、かと言って患部を引っ掻いてしまうのも良くないですし…。

そこで今回の記事では、かゆみ止めとして最強の効果がある薬は一体どれなのかをまとめてみました!

飲み薬・塗り薬・パッチのタイプ別に分けておすすめのかゆみ止めをご紹介します。

ぜひ、スキンケアの一環としてチェックしてみてくださいね!

どうして肌はかゆくなるのか?

かゆい

肌がかゆくなる原因には『ヒスタミン』という物質が大きく関与しています。

ヒスタミンは何らかの刺激を受けると活性化し、かゆみを引き起こします。

では、このヒスタミンが活性化し、かゆみが起こる原因には何があるのかを見ていきたいと思います。

かゆみの原因 1.虫刺され

蚊やり豚

暑い季節になると厄介なのが蚊の存在ですよね。蚊に刺されて血を吸われると猛烈なかゆみを感じます。

それはなぜかというと、蚊が血を吸う為に動物の体内に管を挿入する時、血を固まらせない様に唾液を注入するのです。

これがヒスタミンと反応して強いかゆみを発生させるのです。

かゆみの原因 2.アレルギー

蕎麦

人間の体には防衛機能としての免疫機構があるのですが、体質によって、特定の刺激に過剰に反応してしまう事があります。

これがいわゆるアレルギー反応です。刺激となるものは食べ物や金属、紫外線などまであり様々です。

このアレルギー反応を引き起こしているのが前述のヒスタミンなのです。

アレルギー反応には皮膚が赤くなってかゆみが起こるものから、喘息や痙攣といった重篤な症状が出てしまう物まであります。

かゆみの原因 3.アトピー性皮膚炎

つらい

アトピー性皮膚炎もアレルギーの一種です。こちらはよく知られている通り、皮膚の湿疹や猛烈なかゆみが特徴の疾患です。

アレルギー体質の人の他にも、肌を守る機能が弱い人に見られます。

アトピー性皮膚炎は、子供の頃は何ともなかったのに、大人になってから症状が出てきた、というケースもあり、多くの方が悩まされています。

かゆみの原因 4.何らかの肌の炎症

かゆみ2

特に原因が思い当たらないのに肌のかゆみがある、という人もいます。

このタイプは元々肌が弱かったり敏感だったりする為、ちょっとした刺激でもヒスタミンが出てかゆみなどが引き起こされやすい体質といえます。

例えば肌に服や髪の毛が触れたり、体温が上がったりするだけで赤みやかゆみが出てしまう事もあります。

また、肌の赤みに特徴的な盛り上がりがある場合はじんましんである可能性も考えられます。

かゆみの原因 5.乾燥

乾燥

肌の乾燥によってもかゆみが引き起こされます。

特に冬場は肌がどうしても乾燥しがちで、かゆみに悩まされている方も多いはず。

また、実は夏も肌が乾燥しやすい季節なんです。なぜなら暑さによって肌の水分が蒸発し、乾燥が起こりやすいから。

肌のかゆみに何も原因が思い当たらない場合は、実は肌が乾燥していた、というケースもあり得そうです。

脇汗を止める市販薬で効果が高い薬はどれ?制汗剤と比較してみた
脇汗を止めることができる市販薬はある?脇汗を止める市販薬は制汗剤だけでなく、塗り薬や飲み薬などもあるそうなのですが効果はあるのでしょうか?ドラッグストアなどで気軽に購入できる脇汗止めの市販薬をまとめてみました。
【メンズ】脇汗やワキガに効果のあるおすすめ制汗剤10選!
脇が滝になっている方は絶対読むべき!暑い時期や、長袖の服を重ね着していると自然と脇に汗をかいていくもんですよね。特に脇汗やワキガの悩みを解決する効果の高い、薬局やコンビニで買えるおすすめの制汗剤をまとめていきます!

肌のかゆみでおかしいと思ったら、まずは病院へ!

看護師さん

肌のかゆみには色々な原因がある事が分かりました。

そして、かゆみって中々我慢ができないものですよね。

そんな時、薬局などで薬を買って、一刻も早くかゆみを治めたいと思われる事と思います。

ですが、自己判断で薬を買うのはちょっと待った!

自己判断で薬を使ったらかゆみが悪化する?!

薬

とにかくかゆみを止めたい!と思って、効きそうな薬を薬局で買って使う…のは、おすすめできない場合があります。

なぜなら、人によっては使用したかゆみ止めの薬で更に反応が起こり、かゆみが悪化してしまう事も考えられるからです。

また、自分ではかゆみの原因はこれじゃないかな?と思っても実は原因は別にあった、という事も充分に考えられます。

ステロイドの入っている薬には注意!

薬2

かゆみ止めの薬によく成分として使用されているステロイドという物質があります。

こちらは皮膚の炎症を強力に抑えてくれる成分なのですが、効果が強力な分、副作用にも注意が必要なんです。

例えば、過剰に使ってしまうと皮膚細胞の増殖が抑えられて皮膚が薄くなってしまったり、肌の表面の免疫、防衛機能を弱めてしまったりする事があります。

市販薬の中にはステロイドが含まれているものも普通にありますので、知らず知らずのうちに過剰に使ってしまっていては危険かもしれません。

病院で診てもらうのがやっぱり安全!

医師

かゆみに悩まされているのであれば、市販薬で安く済ませたくなる気持ちも分かりますが、まずは皮膚科などに掛かる事をおすすめします。

かゆみの原因がはっきり分かると薬を使う上でも安心ですし、病院で処方される薬の方が効果的であるケースもあります。

また、勝手に使った薬で症状が悪化する事があれば、結局病院代が高くついてしまう事にもなりかねません。

やはり、体の異常があった時はなるべく早い内に病院で診てもらう事を強くおすすめします。

制汗剤のメンズ用とレディース用の違いとは?比較してみた!
暑さがだんだん強くなるとドラッグストアの売り場面積を広げることになる制汗剤ですが、男性が女性用制汗剤、女性が男性用制汗剤を使っても問題はないのでしょうか?メンズ&レディース制汗剤の違いがあるのか?比較してみました。
【メンズ】脇汗やワキガに効果のあるおすすめ制汗剤10選!
脇が滝になっている方は絶対読むべき!暑い時期や、長袖の服を重ね着していると自然と脇に汗をかいていくもんですよね。特に脇汗やワキガの悩みを解決する効果の高い、薬局やコンビニで買えるおすすめの制汗剤をまとめていきます!

おすすめの最強かゆみ止めはこれ!【飲み薬編】

飲み薬

さて、それではかゆみ止めにおすすめな最強のお薬として、まずは飲み薬タイプのものからチェックしてまいりましょう。

飲み薬は内服薬という事で、体の内側からかゆみの原因を抑えてくれるのに効果があります。

かゆみ止めに最強飲み薬 1.アレルギール錠

こちらは飲み薬タイプのかゆみ止めとしても評価の高いアレルギール錠というお薬です。

皮膚科で処方される薬がなくなった時に繋ぎで服用するという方も多く、効果の期待できる飲み薬と言えそうです。

注意点としては、副作用として飲むと眠たくなってしまう効果があるのだとか。

運転前や仕事の前の服用は避けておいた方が無難かもしれません。

かゆみ止めに最強飲み薬 2.タウロミン

漢方タイプの飲み薬として評判のタウロミンです。

こちらも良く効くと評判で、何年も愛用している方がいらっしゃるほどの実は凄い薬と言えそうです。

ただし、薬の効き目は人それぞれなので、中には効果がなかったという方もいらっしゃいます。

過信は禁物ですが、評価の高いお薬として試してみる価値はありそうですね。

かゆみ止めに最強飲み薬 3.レスタミンコーワU

じんましんや湿疹に対して効果が高いと言われているのがレスタミンコーワUというお薬。

鼻炎に対しても効き目があるとの事。

じんましんや湿疹のかゆみも強烈で耐え難いものがありますよね…しかし搔いてしまうと傷口から菌が入るなどして悪化してしまいます。

そんな時にこちらのお薬で症状が緩和できるなら有難いですよね。

おすすめの最強かゆみ止めはこれ!【塗り薬編】

軟膏

続いての最強かゆみ止めは、塗り薬タイプをご紹介します!

かゆみが起こった時にサッと塗れて、すぐに効果を発揮してくれる塗り薬タイプは自宅や外出用の鞄に1本は常備しておきたいですね。

かゆみ止めに最強塗り薬 1.液体ムヒS2a

やはりかゆみ止めの塗り薬の定番と言えば、液体ムヒではないでしょうか。

虫刺されのかゆみの時にはお世話になっている方もきっと多いはず。

かゆみを素早く抑えてくれる効果があるので、いち早くかゆみをどうにかしたい!という時に活躍してくれます。

お肌に直接塗布できるタイプなので、手も汚さずにサッと使えるのも嬉しい所です。

かゆみ止めに最強塗り薬 2.ムヒS

こちらも定番、ムヒなのですが、液体ではなく軟膏塗布タイプのお薬です。

手で塗り込まなくてはならない為、液体タイプよりも利便性は少し劣ってしまうのですが、かゆみ止めとしての効果は抜群です。

使用感では、液体タイプよりもこちらの塗布タイプの方が効果が高いと感じる人も

チューブ入りで携帯にもあまりかさばらないので、持ち歩いて愛用している方もいらっしゃいます。

かゆみ止めに最強塗り薬 3.新ウナコーワクール

こちらも塗り薬タイプのかゆみ止めとして有名なのではないでしょうか。新ウナコーワクールです。

新版という事で以前のものよりも改良されており、直接肌につけて塗布する部分がより使いやすくなったとの事。

名前にクールと付いている通り、熱を持っているかゆみの患部をスッと冷たく気持ちよく冷やしてくれます

こちらもかゆみに素早く効果を発揮するという事で、薬効により気持ちよさを感じたい方におすすめです。

かゆみ止めに最強塗り薬 4.ユースキンI

ひびやあかぎれに効く塗り薬として有名なユースキンの別バージョン、ユースキンIです。

この塗り薬はかゆみを素早く抑えてくれると同時に肌の保湿効果も与えてくれる製品です。

ですので、乾燥によるかゆみに効果的なお薬という訳なのです。

また、肌馴染みとのびの良いクリームタイプの薬なのにべたつかず、さっぱりとした使用感なのも嬉しいポイントです。

おすすめの最強かゆみ止めはこれ!【パッチ編】

絆創膏

さて、最後に最強かゆみ止め薬としてご紹介したいのが、患部に貼り付けるパッチタイプのかゆみ止めです。

かゆみ止めとしての効果だけではなく、絆創膏の様に患部を守ってくれるのが嬉しいかゆみ止め薬と言えます。

かゆみ止めに最強塗り薬 マキロンパッチエース

かゆみ止めに効果抜群なパッチタイプの薬として、マキロンパッチエースがおすすめです。

かゆい患部ってついつい気になったり搔いてしまったりしまいがちなのですが、それを抑えてくれる効果が高いのがパッチタイプのお薬です。

ばんそうこうの様にかゆい部分に貼って使用しますが、半透明なので目立ちにくく、付けているのが分かりにくいのが嬉しい所。

注意点としてはステロイドが配合されている所、安全には問題ない様に作られてはいますが、心配な場合は使用前にお医者さんに相談しておくと安心です。

お子さん向け製品もあります!

このパッチタイプのかゆみ止めの利点として、患部をカバーできるところが大きいですよね。

この事から、かゆい場所を引っ掻いてしまいやすいお子さんに向けてもおすすめなかゆみ止めなんです。

特に子ども向けのパッチタイプのかゆみ止めは効果もきちんと調整されている上に、可愛いキャラクターのイラストが描かれているんです。

パッチを貼る事でかゆみも抑えられて、患部を搔いてしまうのも防げて、しかもお子さんが好きなキャラクターなら貼るのも嫌がりにくいという画期的な製品です。

顔汗に効果のある漢方薬とは?副作用も無く多汗症に効くって本当?
顔汗や多汗症でお困りのそこのあなた!漢方薬で体質改善してみるのはいかがでしょうか?この記事では漢方薬の驚くべき効果や、気になる副作用はどうなの?という疑問をご紹介します。漢方薬の秘密を知って健康な体をゲットしましょう!
手汗の止め方は薬局や市販されている薬ですぐに効果があるの?
手汗を何とかしたいけど止め方は薬?市販の薬は本当に効くの?効果があるものを知りたい…そんな願望や疑問を持っている方必見!この記事では手汗が出る原因や薬が効かない理由、薬局で買えるおすすめの薬までばっちりご紹介します!

かゆみ止めの薬は飲み薬や塗り薬、パッチのどれが最強?まとめ!

さて、これからの時期に向けてチェックしておきたい、かゆみ止め薬のご紹介でした!

飲み薬・塗り薬・パッチタイプと、様々な種類がありますが、それぞれ用途に応じて使い分けられるのが魅力です。

ただし、薬で何か異常が起こった時には、すぐに使用を止めて病院で相談するようにしてくださいね!

あなたへのオススメ

コメントを残す

*