洗っても匂いが…簡単に臭い匂いが消える足のにおい対策グッズ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴を脱いだ時にぷ~んと漂う臭い。

その場の空気の雰囲気だけでなく、ほんとうに変えてしまう足のにおいは1年中気を付けたいもの。

夏場は汗を大量に掻きやすいし、冬場にブーツを履く男子なんかはムレムレな状態になったりします。

この足のにおい、なんとかならないの~!?

そんな足のにおいに悩む方のために足の臭い匂いを消す対策グッズはいろいろと出ております。

洗っても洗っても足のにおいが消えない方は根本を見直すことが必要なのかもしれません。

そこで、今回は足の臭い匂いが取れない方に足のにおいを消す対策グッズ5選!紹介したいと思います。

これであなたもいつでも靴を脱ぐことができそうですね。

足のにおいの原因を知ることが臭いを消す秘訣

靴がクサイ女性

足のにおいの原因は、菌が繁殖したことで起こります。この菌の繁殖を抑えることができれば足のにおいも落ち着いてくることになります。

では、なぜ菌が繁殖するのかを追っていくことでそれぞれ対処していきましょう。

足の裏には皮脂腺がないから臭いを発する

足の裏

人間の肌から分泌されるものに汗と皮脂があります。汗は主に体温調節を、皮脂は保湿作用や殺菌作用があります。汗が出る汗腺は全身に分布しておりますが、皮脂を出す皮脂腺は毛が生える場所にしかなく、毛の生えていない手のひらや足の裏などには皮脂腺はありません。

皮脂腺がないということは皮脂の殺菌作用がないため菌が繁殖しやすいといえます。また、皮脂の保湿作用もないため、踵のひび割れなど皮膚のガサガサが起こりやすく角質化しやすい場所ともいえます。

皮脂腺がなく、皮脂による殺菌作用がないため、足の裏は他の場所よりも菌が繁殖しやすくなります。

足の裏は汗を掻きやすいため臭いが発生する

足の裏の細菌

足の裏は皮脂腺がない分、汗腺が多く汗を掻きやすいつくりになっております。しかし、足の裏から出る汗にはほとんど臭いはありません。

臭いが発生しやすい汗はワキや耳の中にあるアポクリン腺から出る汗なのですが、足の裏の汗はエクリン腺のみのためさらっとした臭いの少ない汗です。

しかし、ストレスなどを感じると汗は出やすくなるのですが、その時に汗は臭いがある汗となってしまいます。ストレスを感じている方は足のにおいが臭い可能性が高いです。

足は一番蒸れやすく不衛生

靴の臭いを嗅ぐ男性

あなたは一度着たシャツを洗わずに繰り返し着ることは可能ですか?

普通は毎日洗いますよね。しかし、靴を毎日洗う方ってどのくらいいるでしょうか?

同じ靴を毎日履き続けということは、毎日同じシャツを着ていると同じです。

また、足は汗を掻きやすい場所であり、靴などで密封されやすく蒸れやすいです。適度な湿度と温度は一番菌が繁殖しやすい環境ともいえますので、蒸れることで臭いを発生し、洗わない靴のおかけで、新品の靴下も洗ったばかりの足も直ぐに汚染されてしまい臭いを発生することとなります。

菌が繁殖すると臭いのもとが発生

靴下くさい女性

菌が足の裏に繁殖すると、角質を食べてより繁殖をしようとします。このときに臭いのもととなるイソ吉草酸が発生します。イソ吉草酸はチーズなどの刺激臭のもととなる物質で、足のにおいのもとの物質でもあります。

また、この菌のエサとなるのが角質です。足の裏は角質化しやすいので、菌のエサが豊富にあります。エサが豊富で蒸れた足の裏は菌が住みやすい環境です。

つまり、

汗を掻く→蒸れる→殺菌作用がないため菌が繁殖→臭い発生

となるのです。

汗を抑えることと、菌を繁殖させないことを意識することが臭いを消すポイントとなります。いくら洗っても臭いが残るのは、すでに靴や靴下が汚染され菌が繁殖しているからであるので、そんな靴などを履いてしまってはどんなに綺麗に足を洗って外出しても・・・ねぇ

足の臭い匂いを消す対策グッズはこれだ!

両足

足のにおい対策をするには、汗を抑えること、菌を繁殖させないことを意識することが重要です。

この中で菌を繁殖させないことは、「足を綺麗に洗う」「靴や靴下を清潔に保つ」の2つに分かれるので、合計3点に注意することになります。

それぞれの臭い匂いを対策するグッズを紹介していきます。

1.重層は人気高い消臭対策グッズです。

重層

重層は家庭の万能品といえるほどさまざまなものに使用でき、料理や掃除に重宝するものとなります。

そんな重層ですが、足のにおいの対策グッズとしてもおすすめのものとなります。

重層(炭酸水素ナトリウム)は弱いアルカリ性であり、酸性の臭いに対して脱臭効果があります。足の臭い匂いの原因となるイソ吉草酸を中和させ臭いを軽減させることができます。角質化された足の裏を柔らかくすることにもなり、菌のエサとなる角質を取り除きやすくなります。

使用方法としては、お風呂の入浴剤としてクエン酸と混ぜて『バスボム』を作ったり、お湯に重層を溶かして沐浴してもよいです。また、重層をお茶パックや使い古しの靴下などに入れて、靴の脱臭剤としても使用できます。

2.ミョウバンは消臭剤などにも含まれる臭い匂いを消すアイテム

足にスプレー

安くて大量に作れるのがミョウバンを使用したミョウバン水です。作る手間は掛かりますが、100g200円前後で販売しており、100gでミョウバン水の原液が3リットル、それを10%~50%ほどに薄めて使用しますので、相当量のミョウバン水を作ることができます。

ミョウバンは硫酸カリウムアルミニウム十二水和物などと呼ばれ、明礬と漢字で書きます。重層と同じく食品添加物に使用されたりもしますが、制汗や防臭効果があるため、制汗スプレーに使用されたりもしております。

ミョウバン水の原液を10%~50%に薄めた状態でお風呂上りなどにスプレーするだけで足の除菌、足の制汗をすることができるので臭いのもとを絶つことができます。靴の中や靴下にスプレーすることで消臭効果にもなるので重層と合わせて使用したい対策グッズといえますね。

3.薬用せっけんで臭い匂いの菌を落す

足泡洗う

薬用せっけんは通常のせっけんやボディソープとは違い、殺菌成分が入っているので、足のにおいのもととなる菌の殺菌をすることができます。

『ミューズ』などは薬用せっけんで有名ですが、その他、『柿渋せっけん』や足のにおい専門の『アニセ薬用せっけん』などが対策グッズなどでは有名なせっけんとなります。

ただ、殺菌成分が強すぎると皮膚が弱い箇所に使用してしまうと肌荒れを起こすこともありますので、足だけに使用したり、肌に合わないときは別のせっけんに変更するなどし対応しましょう。

4.足の消臭制汗対策グッズはこれだ!

足の裏スプレー

上記3つの対策グッズは、主に昔から行うことができる対策グッズですが、最新の足のにおい対策グッズもいろいろとあります。

特に夏などは制汗スプレーなども多数登場しますので、消臭効果だけでなく、匂いの違いなどにも気を使い使用してみましょう。

近年人気なものが、防臭、制汗、殺菌、角質ケアを行うことができるクリームタイプのもの。塗った直後にサラサラ感を感じるので朝と夜の2回塗るだけで、徐々に効果を発揮することができます。

『ノーノースメル』や『フットサラ』などの商品はこの4つの効果があるため人気のクリームとなっております。

5.靴を清潔に保つ対策グッズはこれだ!

靴スプレー消臭

足の制汗を行う、足を綺麗に洗うについで最後は靴や靴下を清潔に保つ臭い対策グッズとなります。

靴や靴下は一日の足の汗を吸い取ることになるので、汗が染みつき菌が発生しやすくなります。せっかく足を綺麗に洗っても靴が菌でいっぱいであったら意味がありません。

ファブリーズなどを使用してもよいですし、スプレータイプの『ドクターショール』も人気です。パウダータイプの『フットクリア』も消臭・除菌効果が強いのでおすすめですよ。

足のにおいを消すにはしっかり対策グッズを使用しよう!

靴玄関脱ぎ捨て

今回ご紹介した対策グッズですが、それぞれ役割が異なったりします。足を綺麗にするだけでもダメですし、靴の除菌をしただけでもダメです。制汗、足・靴の除菌・消臭全てをおこなわなければ、頑固な足のにおいを消すことはできません。

もし、今も足が臭いと思うかたは、今回紹介した5つの方法をそれぞれ目的に合わせて行ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

*