目のクマの消し方4選!一番効果がある消し方を大発表!

クマの消し方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寝不足や疲労によって目立ってくるクマ

不健康そうだし、目に生気は感じられないし、これじゃ何となくモテなさそう…。

でも安心してください!目の下に出来てしまったクマも、効果的に解消する方法があるんです!

クマが出来る原因がわかれば、出来てしまったクマも消しやすいですよね!

クマの色別に、クマの消し方をまとめてみました。

原因によってクマの色や種類が違うって知ってた?

クマの色や種類が違う
PR

クマって一言で言っても、黒っぽいクマや青色っぽいクマ、茶色のクマなど、種類があるのをご存知ですか?

クマの色はランダムに出てくるわけではなく、クマが出来てしまう原因によって色が変わってきます

クマの消し方を知る前に、クマの種類はどんなものがあるのかまとめてみました。

黒いクマの原因は?

黒いクマ

黒いクマの原因は、目の周りに出来た黒い影と言われています。

若い人は頭蓋骨の目の部分が大きく、へこんでしまっている皮膚の部分が影になり、どうしてもクマっぽくなってしまいます。

また、年齢を重ねていくうちに、目元がたるんでくることによってクマが出来ます。

黒クマは、他のクマのようにコンシーラーなどで塗っても隠せないのが難点です。

青いクマの原因は?

青いクマ

青いクマの原因は、血液の巡りが悪くなっていることでおきます。

たとえば、眼精疲労や寝不足、心身の疲れが原因で目の周りの血液の巡りが悪くなり、目の下に青っぽいクマが出来てしまうのです。

痣って青っぽいですよね?痣ほどの内出血みたいな状態ではありませんが、クマも血液の流れが悪くなることで、血液が青っぽく見えるようになるんです。青い血って怖い。

茶色いクマの原因は?

茶色いクマ

茶色いクマは、色素沈着が主な原因です。

紫外線や加齢によって、目の下にシミなどの色素沈着が起き、茶色のクマが出来てしまいます。

また、アイメイクを落とそうとして強く擦りすぎたりすると、摩擦が原因で色素が沈着してしまう場合もあります

特に女性は茶色いクマが多く出てしまいます。

簡単にクマを治す方法はある?治らない時は病院の何科にいくべき?
目の下のクマ。顔の表情を悪く変えてしまいますが、クマもその原因によって種類が異なります。今回は種類ごとに自宅で簡単にできるクマを治す方法と、治らない場合病院では何科を受診しどんな治療を行うのかをまとめました。
ためしてガッテンの「目の下のクマを消す方法」が凄いと評判!
あなたは目の下のクマで悩んでいませんか?ためしてガッテンの「目の下のクマを消す方法」が凄いと評判!実は簡単♪マッサージするだけで改善されます♪今回は、ためしてガッテンで紹介された目の下のクマを消す方法」をご紹介します(^^)/

種類別!クマの消し方4選

クマの消し方

クマの原因が違うという事は、消し方もそれぞれ違うという事。

こちらでは種類ごとに効果のあるクマの解消方法をご紹介します!

あれ?クマの種類は3つなのに消し方はなんで4つなのかって?フフフ…読んでいけばわかりますよ!

クマの消し方①黒クマの解消法

黒クマを解消するには、目元のマッサージが一番効果的です。

先述したように、黒クマは顔のたるみや骨格が原因で出来てしまうクマなので、コンシーラーなどで隠せませんし、血行を良くするだけじゃ解消は出来ません。

目元のマッサージは

・蒸しタオルなどで目を軽く温める
・目をギュッと閉じたり、ゆっくり大きく開ける
・目線を上下左右にぐるぐると動かす

という手順で行います。

このマッサージを行うとき、目の下まぶたがしっかり動くように意識してみましょう。

PR

クマの消し方②青クマの解消法

青クマの解消法

青クマ解消に効果的なのは、目の下のクマのできた部分の血行を良くすることが重要です。

青クマはホットタオルで目を10分程温め、冷やしタオルで2~3分温めるのがおすすめです。

ですが、蒸しタオルを作ってレンジから取り出すとき、注意しないとめちゃくちゃ熱いので本当に気を付けてください。(軽く火傷した前科のある筆者)

また、青クマの原因は睡眠不足や疲労、冷え性でもあるので、しっかり寝て疲れを癒すのも重要です。

クマの消し方③茶クマの解消法

茶クマの解消法

茶クマを消すなら、男性も女性も美白効果のある美容液などの化粧品をしようすることをおすすめします。

色素沈着を起こした肌は、ターンオーバーさえ正常に行われれば綺麗に元に戻るので、根気よくケアを行いましょう。

普段から日焼け止めで紫外線のダメージから肌を守る工夫も大切です。ビタミンCなどの肌のターンオーバーを促す効果をもつ食べ物を多く取ることが大事です。

クマの消し方④どれをやっても消えない場合は?

実は、クマには2つ以上のクマが同時に起きてしまうミックスタイプのクマがあります。

そうなってしまった場合は、

・目元を温めて、血行を良くする
・目を動かして、マッサージをする
・美白効果のある美容液などを使用する

この3つを全部試しちゃいましょう!数うちゃ当たる…というわけではありませんが、全部同時に試してみれば必ず効果があるはずです。

また、色素沈着してしまった茶色のクマは肌が再生するのに1ヵ月ほどかかるので、根気よくケアしていきましょう。

目のクマは病気?治療は病院の皮膚科?眼科?どっちにいけばいい?
クマがあると他人に暗い人なんだなとマイナスの印象を与えてしまいがちです。クマを早く治療したいから病院に行きたい!でもそもそもクマって病気なのでしょうか?行くとしたら皮膚科なのか眼科なのかもはっきりさせていきましょう!
お家で目元のクマを取る方法10選!案外簡単に取れる驚きの方法
クマがあるだけでナイーブな気持ちになるのに、周りからの声で更にナイーブになってしまいますよね。そんなクマを取る方法はお家で簡単にできるケアって知っていましたか?このページでは誰でも簡単に出来るケアをいくつか紹介します。

クマを予防するには?

クマを予防するには

折角綺麗に解消しても、またクマが出来てしまっては本末転倒です。

クマを作らないようにするにはどうしたらいいのか、まとめてみました。

黒クマはどうやって予防する?

黒クマはどうやって予防する

若い人の黒クマは、表情筋を普段から動かすマッサージを普段から意識することが重要です。
若いうちからやっておくことで、将来的に顔のたるみによる黒クマを予防することが出来ます。

年齢を重ねたことで出来る黒クマは、エイジングケアが効果的です。目元のケアだけでなく、顔全体のたるみなどをケアすることで、黒クマを予防出来ます。

お風呂に入ったり、テレビを見ているときなどに意識して表情筋を動かしてみるのもおすすめですよ!

青クマはどうやって予防する?

青クマはどうやって予防する

青クマの原因は疲労などによる血流の悪循環です。

青クマを予防するなら、しっかり寝る・軽く運動をする・冷え性に気を付けるといった方法が効果的です。

青クマは現代人にとても多く、疲れ顔と呼ばれる原因になるので、普段からしっかり休むことが重要です。

青クマは心身の疲れのサイン!目元の青クマが気になったら、休め!

茶クマはどうやって予防する?

色素沈着によって起きてしまうので、優しく慎重に普段からケアしていくのが予防法として効果的です。

具体的な方法はアイメイクなどを落とすときに目を強く擦らない・紫外線ケアをする・保湿液や美容液で普段からケアすることです。

特に女性は茶クマができやすいので、普段からの予防を怠らないようにしましょう。

男のクマの消し方は「メンズコンシーラー」を使うと簡単に消える?
顔の印象が一気に暗くなってしまう厄介な"クマ"がある男は女性からみて印象が悪いものです。そんな頑固なクマは『メンズコンシーラー』を使えば簡単に消すことができます。クマの種類を知り、種類別の消し方を詳しくご紹介していきます。
若く見える人・老けて見える人の特徴や原因は何か?老け顔を対策
若く見える人と老けて見える人の特徴にはどんな違いがあるのでしょうか?老け顔に見られがちな男性には老け顔に見える原因があり、若く見られる人が自然に行っていることができていなかったりします。若く見られる筆者が、若く見える人と老けて見える人の特徴や原因を考察してみました。

目のクマの消し方まとめ

クマの消し方まとめ

いかがでしたか?クマは色ごとに原因が違うので、ただホットアイマスクをすればOK!なんて単純なものではないんです。

今回は、クマの色・原因別にクマの解消方法や予防方法を紹介させていただきました。

何よりも普段からの意識やケアが大事です。クマが出来て疲れ顔だなと思っている人は、今回の記事を参考にしてみてください。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*