目のクマにも様々な種類がある?それぞれの見分け方を教えます!

クマのケア方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと鏡を見るとなんだか顔が疲れて見える

その原因はもしかして、目の下のクマが原因になっているかもしれません。

クマと言えば寝不足や疲労が原因と思われがちですが、実は種類によってクマができる理由は様々です。

原因も違えばケア方法も変わってくるので、見分け方を知って自分のクマに最適なケア方法でクマとおさらばしちゃいましょう!

血行不良が原因で出来る『青クマ』

青くまの特徴

青クマは血行不良が原因となって起こる種類のクマです。

疲労や生活習慣等も原因とされており、目の下の皮膚を通る血流が悪化し、うっ血や肥大することで血管が透けて見えるのが青クマの正体です。

青クマは男女問わずできる厄介なクマの種類で、寝不足やストレスからできるクマもこの青クマで、眼精疲労によっても血行不良が起り青クマができることもあります。

PR

青クマの見分け方

青クマの見分け方は触ることでわかります。

青クマは目の下の皮膚に通っている血管が原因になっている種類のクマなので押しても青いクマが消えないですが、皮膚を引っ張ると血管から浮き青い色が薄くなります

また、目の周りを押してみて筋肉を圧迫されている痛さを感じればそれは眼精疲労なので、青クマができている可能性が高くなります。

体型が細い方や、色素が薄い人は特に青クマが目立ちやすいです。

青クマのケア方法

アオクマケア方法

生活習慣の悪化や疲労によってできる青クマは人に与える印象が悪いです。ので、なるべく早く改善してあげるようにしましょう。

血行不良が原因なので、血行を良くするためのケアを重点的に行い、日ごろの生活も改善していくことが大切になってきます。

男のクマの消し方は「メンズコンシーラー」を使うと簡単に消える?
顔の印象が一気に暗くなってしまう厄介な"クマ"がある男は女性からみて印象が悪いものです。そんな頑固なクマは『メンズコンシーラー』を使えば簡単に消すことができます。クマの種類を知り、種類別の消し方を詳しくご紹介していきます。
お家で目元のクマを取る方法10選!案外簡単に取れる驚きの方法
クマがあるだけでナイーブな気持ちになるのに、周りからの声で更にナイーブになってしまいますよね。そんなクマを取る方法はお家で簡単にできるケアって知っていましたか?このページでは誰でも簡単に出来るケアをいくつか紹介します。

青クマのケア方法1 蒸しタオルで血行促進

青クマは血行不良が原因なので、血流がスムーズになるように蒸しタオルなどで目元を温めるようにしましょう。

タオルを水で濡らして20秒程度レンジでチンするだけで簡単にできます。

蒸しタオルで目元を温めるだけでも効果がありますが、30秒ずつ、蒸しタオルと冷たいタオルを交互に乗せるとより血流がスムーズになり青クマケアに効果的です。

青クマのケア方法2 ビタミンKの化粧水やクリームを使用

ビタミンには様々な種類がありますが、中でもビタミンKには血行不良を改善する成分が含まれています。

ビタミンKは通常、緑黄野菜や食用油に含まれている成分で、口から取り入れると血液を凝固させる作用があります。

ただし、血流を促進させたい場所に直接ビタミンKが配合された化粧品などを皮膚の上から使用することで直接食べる時とは違う作用を得ることができ、血流を改善してくれます。

青クマのケア方法3 規則正しい生活とストレスケア

蒸しタオルなどで血行を促進し、一時的に青クマが改善されてもまた再び血流が悪くなってしまえば元も子もありません。

その為にも普段からの生活を改善していく必要があります。

睡眠不足の改善はもちろん、適度な運動を取り入れることで血流を良くすることもできますし、ストレス解消にもなるので根本的な青クマ対策には有効的です。

色素沈着が原因の『茶クマ』

茶色クマ

茶クマができる原因は色素沈着です。

くすみのある黄色のような種類のクマができてしまいます。

洗顔やスキンケアの時の摩擦また、紫外線のダメージや目を擦るクセを持っている方等はできやすいとされています。

女性の場合は落し切れていないアイメイクも原因になっているとされています。

目の下の皮膚は乾燥に弱くダメージを受けやすいので、何気ない行動が色素沈着を招き、茶クマになる原因になっていきます。

PR

茶クマの見分け方

茶クマは皮膚事態に定着してしまっている色なので、体調によって色が変わったり、一時的に色が濃く・薄くなることはないです。

また、皮膚を引っ張ったり押したりしてみても色が変わることが無いのが特徴で、クマの中では一番見分け方が分かりやすい種類でしょう。

常に茶色く見えているので老けて見えたり疲れた印象を与えやすくなってしまいます。

茶クマのケア方法

茶色のクマ ケア方法

茶クマがあると年老いて見える、覇気がないように見えてしまうので、やる気がないように見えてしまうこともあるのが茶クマの厄介なところです。

そんな茶クマを消すケア方法はあるのでしょうか?

茶クマのケア方法1 美白ケアとUVケア

茶クマのケア方法はまず第一にこれ以上茶色を濃くしないというのがポイントになってきます。

紫外線からのダメージを減らすためにUVケアを行い、また、少しでも茶クマを薄くするために美白系のスキンケア用品を使用してみるのもおすすめです。

乾燥から守るのも大切なのでスキンケアを徹底することで薄まることのある種類のクマです。

日差しが強い日にはなるべくサングラスをかけて出かけるというだけでも効果ありです!

茶クマのケア方法2 目元にダメージを与えない

ケア方法と言うと少々語弊がありますが、茶クマができる原因は無理に擦ったり触る事が原因ですので、先ずは目元を擦る癖を無くすのが大切です!

顔を洗う時だったり、水を拭うとき。また、アレルギー持ちで目を擦る癖がある方は普段から気にするようにしましょう。

擦ってしまったら保湿ケアをして下目蓋を守ってあげるといいでしょう。

筋肉の衰えが原因の『黒クマ』

黒クマ

黒クマは生まれつき加齢による筋肉の衰えが原因で出来る種類のクマです。

生まれつき目の下の脂肪が少ない人などは大人になるにつれて黒クマが目立つようになります。

また、加齢が原因で皮膚がたるみ影ができてしまったり、眼窩脂肪を支えてる筋肉の衰えから眼窩脂肪が加重によって膨らむことが原因で、たるみ・膨らみ・くぼみによって影ができるというのが種類のクマで黒クマの原因になっています。

その他にも、疲労や寝不足が原因で、血中のヘモグロビンが黒くなることで黒クマになる場合もあります。

黒クマの見分け方

黒クマを見分ける方法は見る角度によって黒さが違う事が一番のポイントです。

黒クマは影ってしまうのが原因なので光の当たり具合によって見え方が大きく変わってきます。

また、目の下が膨らんでいたり、たるんでいる場合黒クマである可能性が高いです。

黒クマのケア方法

クトクマの原因と改善方法

黒クマのケア方法は、陰になっている皮膚を取っ払う事です。

筋肉の衰えが原因で皮膚がたるんでいるのなら筋肉を鍛えたり、肌のハリを取り戻すようにスキンケアに気を遣うようにしましょう。

目のクマは病気?治療は病院の皮膚科?眼科?どっちにいけばいい?
クマがあると他人に暗い人なんだなとマイナスの印象を与えてしまいがちです。クマを早く治療したいから病院に行きたい!でもそもそもクマって病気なのでしょうか?行くとしたら皮膚科なのか眼科なのかもはっきりさせていきましょう!
簡単にクマを治す方法はある?治らない時は病院の何科にいくべき?
目の下のクマ。顔の表情を悪く変えてしまいますが、クマもその原因によって種類が異なります。今回は種類ごとに自宅で簡単にできるクマを治す方法と、治らない場合病院では何科を受診しどんな治療を行うのかをまとめました。

黒クマのケア方法1 肌にハリを持たせる

肌にハリを持たせたり持ち上げてあげることで影になりにくくなり黒クマが目立ちにくくなります。

まずは市販のスキンケアでいいので、コラーゲンやヒアルロン酸などの保水力の強い保湿クリームなどを使用してみてください。

効果をあまり感じられない、もっと綺麗に治したい!と言うのであればヒアルロン酸を注入するといった方法もあります。

目元用のスキンケアアイテムもあるので試してみるのをおすすめしますが、即効性はないのでゆっくりと治していく必要があります。

黒クマのケア方法2 目元のストレッチを行う

衰えてしまった目元の筋肉を取り戻して上げることで眼窩脂肪を正常な位置に戻してあげたり目元のたるみを抑えることができるようになります。

瞬きの数が少なくなればなるほど、目元の筋肉は衰えてしまうので、気づいたときに瞬きをしてあげるストレッチを行ってみてください!

黒クマを撃退する目元のストレッチ方法がこちら

・目蓋をギュッと5秒間閉じる
・その後5秒時間目を大きく見開いて正面を見る

このストレッチを繰り返し行うことで目元の筋肉を育て黒クマの原因を無くすことができるようになります。

青クマと黒クマの複合『赤クマ』

赤クマのとくちょう

赤クマという種類のクマは、主に眼精疲労が原因とされています。

もっと言うと、血流の悪さである青クマと、筋肉の衰えである黒クマによるたるみが合わさっている状態で、赤く腫れぼったく見えるのが特徴的です。

青クマは静脈の血流が滞ることが原因ですが、赤クマは静脈と動脈の両方の血流が滞っている状態です。
動脈のうっ血が筋力低下によってたるんだ皮膚から透けて見えている状態が赤クマです。

赤クマはクマの種類の中でも比較的軽度の状態でケア次第では治りやすい種類のクマなので、黒クマや青クマと言った他の種類のクマが悪化する前に撃退してしまいましょう。

赤クマの見分け方

赤クマを見分ける方法は、目元が赤くなったり腫れるというのが一番わかりやすい見分け方です。

また、赤クマは他のクマと比べて長く続くものではなく時々できる程度と言うのも赤クマの特徴になっています。

男のモテる条件は雰囲気イケメン?女性が好む性格や特徴5つを解説!
そんなに顔が良いわけでもないのになぜかモテる男いませんか?「雰囲気イケメン」です。ちょっとしたモテる条件を抑えるだけでそんな風になれるとしたら?女性に好かれる雰囲気イケメンの性格や特徴を5個解説いたします!
ニキビができやすい人の特徴とは?体質が問題?肌が問題?
ニキビができやすい人とできにくい人。その違いにはどんな特徴があるんでしょうか?ニキビ体質だから?肌に原因があるから?まずは違いを考える前にニキビができる原因を知ることが先決です。意外に知らないその原因を追究してみました!

赤クマのケア方法

赤クマのなおしかた

最近では、オルチャンメイクと言う名で女性にもの間ではわざと赤を入れている人もいるので、女性ならまぁいいか。と思ってしまうかもしれませんが、赤クマが悪化していけば消えにくい黒クマ・青クマになってしまうこととなります。

赤クマはクマを消すチャンスを教えてくれているようなもの!今後悪化しないためにもどんなケアをすればいいのでしょう?

赤クマのケア方法1 青クマと黒クマのケア方法で改善できる!

先ほどにも述べたように、赤クマの原因は

青クマのように血流が滞っている事しと、黒クマの筋肉の衰えが原因です。

そのため、青クマと黒クマの2つのクマのケア方法を合わせることで赤クマを改善させていくことができるようになります。

青クマのケア方法

・蒸しタオルと冷やしタオルで交互に目元を刺激して血流を促進させる
・ビタミンKを含む化粧水やクリームを使用する
・規則正しい生活をしてストレスを無くす

黒クマのケア方法

・コラーゲンやヒアルロン酸で肌にハリを持たせる
・目元のストレッチを行う

これらを徹底することで、赤クマは薄くなるようになります。

クマの種類と見分け方、ケアの仕方まとめ

目元を指す

今回は目元にできるクマの種類の見分け方とケアの方法についてご紹介させていただきました!

クマの種類自体は4種類しかありませんが、それぞれできる原因や理由は違いもちろん、ケアの方法も変わってきます

クマができたと焦って無理にケアをするのではなく、どの種類のクマができたのかを見分け方で見分け、適切なケア方法で対処していきましょう!

クマが無くなるだけで顔の印象は大きく変わって来ます。
第一印象で良い印象を与えられるようにクマにも気を遣うようにしてみてください。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*