クマの原因が寝不足だけとは限らない!詳しい原因と対策まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の下にできるクマの主な原因は「寝不足」「病気」と言われています。

しかし、実際には他にもいろんな原因が考えられ、自分自身で対処できる場合もあります。

このページでは、

・目の下のクマの原因
・クマを解消する方法

この2つに内容を絞ってまとめていますので、自分の目の下のクマが気になっている方は参考にして、今日からでも実施できる対策を始めていきましょう!

目の下のクマってなに?

目の下のクマ

そもそも目の下にできるクマってなんなのか?

一般的なイメージとしては、寝不足による原因だと考えられていますが、よくよく調べてみるとクマにも種類がある事がわかりました。

クマの種類を大きく分けると

・青クマ
・茶クマ
・黒クマ

この3つに分かれます。

まずは、それぞれの特徴や原因についてまとめてみたいと思います。

PR

青クマ

目の下が少し青がかっている場合には、青クマの可能性があります。

青クマの主な原因や青クマが出来やすい人は、以下に該当する方が対象です。

  • ・血行不良
  • ・眼精疲労
  • ・冷え性

茶クマ

シミ・シワが出来やすい方は茶クマの可能性があります。

茶クマは皮膚の色素沈着によって引き起こされます。

茶クマの主な原因や茶クマが出来やすい人は、以下に該当する方が対象です。

  • ・日焼けしている人
  • ・肌を焼いている人
  • ・シミ、シワのある人
  • ・アトピーやアレルギーなどで目の下を擦ってしまう人

黒クマ

最後に黒クマです。

黒クマは、肌のハリやツヤが無くなっている人に現れやすいクマです。

また、肌だけが原因ではなく、骨格や輪郭によって目の下が黒く見えてしまう事もあります。

黒クマの主な原因や黒クマが出来やすい人は、以下のような方が該当します。

  • ・肌、皮膚がたるみやすい人
  • ・目の周りの筋肉の衰え
  • ・加齢

目のクマは病気?治療は病院の皮膚科?眼科?どっちにいけばいい?
クマがあると他人に暗い人なんだなとマイナスの印象を与えてしまいがちです。クマを早く治療したいから病院に行きたい!でもそもそもクマって病気なのでしょうか?行くとしたら皮膚科なのか眼科なのかもはっきりさせていきましょう!
お家で目元のクマを取る方法10選!案外簡単に取れる驚きの方法
クマがあるだけでナイーブな気持ちになるのに、周りからの声で更にナイーブになってしまいますよね。そんなクマを取る方法はお家で簡単にできるケアって知っていましたか?このページでは誰でも簡単に出来るケアをいくつか紹介します。

クマができる原因&対処法

クマ 原因

という事で、クマにも種類がある事はお分かり頂けたかと思います。

ここからは、もう少し具体的なクマの原因を紹介していきます。

クマが気になっている方や、今すぐにでもクマを解消したい方は、クマができる原因をしっかりと理解しておきましょう!

PR

血行不良

目の下のクマは血行不良によって起こる場合があります。

血の流れが良くないと、クマが出来やすくなります。

眼精疲労や冷え性、スマホの見過ぎで目が疲れている方は、目の周りの血行が良くない事が多いので、まずは目が疲れにくい生活スタイルに改善する必要があります。

スマホやパソコンはほどほどにして、目の疲れをしっかりと癒し、ホットアイマスクなどで目の周りを温めて血行を促進させましょう。

ストレス

ストレス

ストレスが原因でクマができる事もあります。

ストレスは、皆さんが思っている以上に体は実感している事が多いです。

・仕事の疲れ
・家事の疲れ
・人間関係の疲れ
・気遣いの疲れ

肉体的・身体的なストレスは知らぬ間に蓄積されている事があり、それらがクマの原因となります。

適度に体を動かす習慣をつけたり、自分なりのストレス発散方法を身につけると良いでしょう。

色素沈着

上の項目でもお伝えした茶クマの原因の1つとなるのが色素沈着です。

皮膚そのものが茶色になっている状態なので、なかなか直ぐには改善する事は難しいです。

これを解消するにはお肌のお手入れが欠かせません。

美白効果のあるスキンケアアイテムを使ったり、洗顔を怠らないようにして肌を常に清潔な状態に保っておくことが大切。

色素沈着はクマの原因の中でも多い例の1つです。

日焼けが好きな方も、できる限り目の周りは焼かないように意識したほうが良いです。

皮膚のたるみ

皮膚のたるみ

皮膚のたるみによって起こるクマは、加齢が原因である可能性が高いです。

どうしても年齢を重ねる事によって肌のツヤやハリはなくなってしまいます。

しかし、最近ではアンチエイジング・エイジングケなどに特化したスキンケアグッズも販売されていますし、それ専用の美容外科クリニックもたくさんあります。

クリニックでは費用がそれなりに発生しますが、スキンケアグッズであれば自分でも気軽に購入できるので、まずは自宅でのケアから始めてみましょう。

30代、40代以降のクマの原因の1つとして皮膚のたるみは多い事例です。

加齢・老化

上記に付随しますが、人は年齢を重ねていくと骨格が変わったりする事もあります。

元々、目元の骨格がハッキリしている人は、なにもしなくても目の下が黒く見えてしまう事もあります。

これに関しては、どうしようもない事もありますが、メイクや美白化粧水などで少なからず改善できる余地はありますので、気になる方は積極的に対策を行っていきましょう。

寝不足クマを簡単に消す方法とは?ツボを刺激したらクマは消える?
寝不足や疲れで目の下にクマができてしまう事がよくあります。クマがあると血色悪く不健康そうに見えてしまって、あまり好ましいものではないですよね。この記事では寝不足クマを簡単に消す方法としてツボ押しをご紹介します。
クマを消したい場合は「薬」「メイク」どちらで消した方がいい?
やる気のない印象を与えてしまう目元のクマに悩んでいる人は多いはず!でもクマを消したい時はどうしたらいいのでしょうか?コンシーラーなどのメイク道具を使用してクマを消す?根本的に消すならやはり薬や治療が必須?

クマでわかる病気のサイン

クマでわかる病気のサイン

普段からクマが出来やすい人は、あまり気にならないかもしれませんが、実はクマは病気の表れである可能性も考えられます。

クマで考えられる病気には以下のような病気が挙げられます。

【うつ病】
・自律神経に異常が起こってしまい、血の流れが悪くなってクマができる事がある。
【鉄欠乏性貧血】
・鉄分の不足によって血行が悪くなり、貧血を起こしたりクマができる。
【皮膚炎】
・皮膚の炎症によって色素沈着を起こしてクマができる。皮膚が薄い箇所に起こりやすい。
【肝臓疾患(腎臓疾患)】
・肝臓や腎臓が悪いことで、代謝不良などで血液の流れが悪くなりクマができる事がある。

クマの事前対策や解消法

クマの事前対策

クマの原因をある程度把握できたところで、後はそれに対する対処法を知っておくことが大切です。

クマが絶対に治せないという事はありません!

1つずつ、自分のできる事をやっていけば完治せずとも、症状を和らげることができます。

当ページで紹介する対策方法は2つ。

・目の周りのマッサージやツボ押し
・生活習慣の見直し

以上です。

これら2つ事を実践するだけでも、クマの原因を減らすことに繋がっていきますので、積極的にやってみよう♪

マッサージやツボ押し

眼精疲労などで目にストレスが蓄積されている場合には、目の周りのマッサージやツボ押しが効果的です。

目の緊張をほぐすだけでもクマ対策になります!

眼精疲労が悪化すると緊張性頭痛になり、慢性的な頭痛を持ってしまう事もありますので、そういったことも踏まえて、目の周りの筋肉を適度にほぐしてあげると良いでしょう!

生活習慣の見直し

生活習慣の見直しだけでも目の下のクマの原因をなくすことに繋がっていきます。

・ストレスの緩和
・食生活の見直し
・睡眠不足の解消

たった3つのことを意識するだけでOKです!

不健康な生活リズムの方は、クマの原因を増やしているだけなので、日々の生活習慣を見直して改善できる事を1つずつ実践しましょう。

【メンズ】目のクマ消しにはBBクリームが鉄板な理由とは?
メンズは、目元のクマに悩まされる…。蒸しタオルやマッサージなどで対策しても、明日の予定に間に合わない!そんなときは、男性向に作られたBBクリームでクマ消ししましょう!なぜBBクリームがおすすめなのか、解説します!
寝不足クマの原因とは?消し方(治し方)や解消法を伝授します!
寝不足のバロメーター【クマ】。なぜ寝不足になるとクマができるのでしょうか?原因を探ってみました。クマができる目の下の皮膚はとても薄く約0.6mm.そのため血管が透けてクマとなり出現します。消し方と解消法をまとめました。

クマを悪化させるNG習慣

  • ・寝不足
  • ・乱れた食生活
  • ・栄養不足
  • ・運動不足
  • ・ストレスの蓄積

前項に付随する事も多々ありますが、これらはクマの原因となりますので、まずは今の現状を打破する事を最優先に考えてみましょう!

睡眠の質を高める為に枕を変えてみたり、栄養が足りなければサプリを飲んでみたり、ビタミン剤を摂取するのもオススメです。

この記事のまとめ

クマ 原因

以上のことから、目の下にできるクマの原因にもいろんな事が考えられるという事をご理解頂けたかと思います。

また、クマが全く治らない場合には病気である可能性も含めて、病院で診察してもらうのも1つの手段です。

「病気かもしれない」という不安を抱えたままだと、精神的なストレスにもなり、クマが悪化する可能性もありますので、気になっているようでしたら病院で相談するようにして下さい。

クマを治すには、まずは自分がリラックスして一番落ち着ける状況を作ってあげる事が大切です。

ぜひ、当ページの情報を参考にして、目の下の悩みであるクマを解消してみて下さいね。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*