【決定版】クマを隠す方法はコレで決まり!目元スッキリ術♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページでは、

・目の下のクマを隠す方法
・クマの種類と原因

この2点に注目して内容をまとめています。

クマを隠す方法については、クマの種類やメイク道具を使った隠し方を主に紹介していますので、男性・女性ともに参考にしてみてください。

「とにかくクマを隠したい!」
そんな方に最適な情報となっていますので、クマの隠し方を知りたい方は必見です。

クマを隠す方法はあるの?

クマを隠す方法

クマを隠す方法はあります!

それも皆さんが思っている以上に難しい事でもなく、誰でも簡単にできる方法です。

先にお伝えしておきますが、ここでは「クマを解消する方法」ではなく、あくまでも「クマを隠す方法」をメインで紹介していますので、その点を理解してご覧ください。

PR

クマ隠しで参考になる動画をピックアップ

という事で、さっそくクマの隠し方について紹介したいと思います。

ただ、文章だけを淡々とまとめても伝わりにくいかと思いますので、動画を参考にして内容をまとめていこうと思います。

動画を視聴しつつ、クマを隠す方法や重要なポイントをお伝えします。

厚塗りを避けるメイク術

「クマを隠したい」と思った時に真っ先に思いつくのがメイクで隠す方法だと思いますが、隠したい気持ちが強いあまりに、つい化粧が厚塗りになってしまう方も多いのではないでしょうか?

この動画では、厚塗りを避けるメイク術を紹介しています。

自然な見栄えでクマを隠すことができますので、参考にしてみよう!

(動画の視聴時間は1分程度です)

【ポイント】

  • ・.コントロールカラーをクマに薄く広げる
  • ・クマを避けた所にファンデーションを塗る
  • ・オレンジベージュのコンシーラーを少量のせる
  • ・明るめのフェイスパウダーでヨレを防ぐ

リップを使った方法

「え?リップでクマを隠せるの?」と思っている方もいると思いますが、実は出来るんです!

男性は少し抵抗があるかもしれませんが、どうしてもクマが気になっているのであれば、女友達や彼女に借りたり、通販でこっそり購入して試してみよう!

なかなか隠すことのできないクマを効率よく隠すことができますよ。

(動画の視聴時間は2分程度です)

【ポイント】

  • ・黒ずんでいる箇所にオレンジレッドのリップを塗る
  • ・肌色と明るめのコンシーラーを使う
  • ・肌に血色を入れる為に口紅を使う

目の下の目立つクマの原因は睡眠不足?即効で消える解消法とは?
寝不足になると目の下のクマが目立つようになりますよね。このクマ、一体どんな原因でできるのでしょうか?このページでは目の下の目立つクマができる原因とできたクマを一早く解消させる方法やアイテムをまとめました。
クマの原因が寝不足だけとは限らない!詳しい原因と対策まとめ
目の下にできるクマの原因についてまとめています。クマは成人した大人になりやすいですが、小さい頃からできてしまう方もいます。子供・大人関係なくクマができる可能性があり、寝不足解消や健康的な生活習慣を送る事が大切です。

クマの種類に合わせた隠し方

クマにも種類があります。

「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3つが代表的なクマの種類です。

ここの動画では、それぞれの種類別にクマを隠す方法を紹介しています。

自分はどのクマに該当するのかを先に把握してからご覧ください。

動画の前半でもクマの判別方法を簡単に紹介しています♪

(動画の視聴時間は6分程度です)

【ポイント】

  • ・クマのある目元に下地を塗る
  • ・コンシーラーを使って上塗りする
  • ・仕上げにルースパウダーを使用する

高評価!クマが酷い方向けの隠し方

クマを隠す方法としても非常に参考になる動画をチョイスしました。

説明もわかりやすく、プチプラで揃えられるアイテムでクマを隠す事ができるので、化粧が苦手な方にもオススメです。

クマの間違った隠し方についても丁寧に説明されているのでとても参考になりますよ♪

(動画の視聴時間は5~6分程度です)

【ポイント】

  • ・コンシーラーはファンデーションの後に使う
  • ・明るい色を使ってクマのクールな色とぶつけてかき消す
  • ・先に保湿力が高い下地を塗る

コンシーラーで隠す方法

クマを隠す方法として圧倒的に多い方法がコンシーラーを使った方法です。

コンシーラーにもいろんな種類がありますが、どんなタイプのコンシーラーを使ったら良いのかわからないという方は参考になると思います。

メイク動画でも有名な方が紹介している方法なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クマの種類についても簡単に説明しています。

(動画の視聴時間は10分程度です※クマに関する内容は3分50秒からスタート)

【ポイント】

  • ・自分に見合ったコンシーラーを使う
  • ・リキッドタイプかクリームタイプのコンシーラーを使う
  • ・伸びの良いコンシーラーを薄く伸ばす事
PR

事前にできるクマ対策&予防

クマ対策

クマを隠す方法(メイク術)について紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

クマが出来てしまった場合、その場しのぎで隠すしかありませんが、そもそもクマが出来ないように事前に対策・予防すれば良いだけの話です。

では、事前にできるクマ対策にはどんな方法があるのか?

以下に、誰でも簡単に実施できるクマ対策をまとめてみました。

  • ・食生活で鉄分やビタミンを摂り入れる事
  • ・洗顔時に目元を擦り過ぎない
  • ・メイクの落とし忘れをしない
  • ・スキンケアと保湿を怠らない

他にも細かい対策方法はたくさんありますが、最低限、これらの事は普段の生活で意識するようにしましょう。

お家で目元のクマを取る方法10選!案外簡単に取れる驚きの方法
クマがあるだけでナイーブな気持ちになるのに、周りからの声で更にナイーブになってしまいますよね。そんなクマを取る方法はお家で簡単にできるケアって知っていましたか?このページでは誰でも簡単に出来るケアをいくつか紹介します。
クマを隠すコンシーラーの色、ファンデは何色がおすすめ?
クマが中々治らない…。そんなあなたにはコンシーラーやファンデーションを使ったメイクでクマを隠す方法がおすすめです。クマは男性女性共通の悩みでもあるため、メイクに抵抗がある男性も迷わず参考にしていただきたいです。

アナタのクマの種類を把握しよう

クマの種類

このページで紹介している動画の中でも簡単に説明されていますが、クマにも種類があり、

・青クマ
・黒クマ
・茶クマ

このいずれかに該当しているはずです。

自分のクマの原因や特徴をしっかりと理解していないと、一時的に改善したとしても、また同じことが原因でクマが出来てしまう事も多々ありますので、原因を理解した上で改善したり隠したりするようにしておくことをオススメします。

それぞれの原因や特徴についてもまとめてみたので、ご参照下さい。

【青クマ】原因や特徴

瞼を下に引っ張ってクマが薄くなれば青クマです。

青クマの主な原因には体の血行不良が挙げられます。

「寝不足」「ストレス」「乱れた食生活」などが原因で、体の血液がドロドロになってしまうと目の下にクマが出来てしまう事があります。

生活習慣が不規則な方にできやすいのが青クマなので、まずは生活習慣を正すことと、睡眠を確保する事、ストレスを発散させる事から始めていきましょう。

青クマが無くなるまでは、先ほどのクマを隠す方法で応急処置しておけば良いでしょう。

【黒クマ】原因や特徴

上を向くとクマが薄くなる場合は黒クマです。

黒クマの主な原因は目の下の皮膚のたるみです。

要は、加齢が原因だという事。

しかし、加齢によるたるみが原因だとしても改善しないわけではありません。

たるみを改善したり、目元を明るくする為に美白効果のあるスキンケアを継続して行う事で、黒クマを解消する事は十分に期待できますので諦めないで頑張りましょう。

【茶クマ】原因や特徴

瞼を下に引っ張ったり上を向いてもクマが消えない場合は茶クマです。

茶クマは簡単に言えば、目の下に色素沈着が起きている状態です。

また、肌のターンオーバーが遅れている可能性も高いです。

目の下にシミ・くすみ・シワが出来ている事で茶色く見えるので、まずはお肌のお手入れに気を付けてスキンケアを行っていくのが効果的です。

また、癖や花粉症などで目を擦りがちな人も色素沈着を起こして茶クマになってしまう事があるので、擦り過ぎには気を付けてください。

目のクマは病気?治療は病院の皮膚科?眼科?どっちにいけばいい?
クマがあると他人に暗い人なんだなとマイナスの印象を与えてしまいがちです。クマを早く治療したいから病院に行きたい!でもそもそもクマって病気なのでしょうか?行くとしたら皮膚科なのか眼科なのかもはっきりさせていきましょう!
超簡単にできる!クマを消す方法まとめ。負のイメージを払拭せよ!
目の下のクマには青クマ・茶クマ・黒クマと主に3つの種類があります。このページでは、それぞれの原因や特徴を紹介しつつ、効果的にクマを消す方法をご紹介!表情が暗く見えてしまうクマに悩んでいる方は必見です!

クマを隠す方法まとめ

クマを隠す

改めてこのページでお伝えしたことを以下にまとめてみました。

  • ・クマを隠すにはメイクがオススメ
  • ・普段の生活習慣でも改善ポイントがある
  • ・クマには種類がある
  • ・クマが出来る前に対策する事が大事

以上です。

やっぱり体質や生活習慣の違いでクマが出来やすい人と出来にくい人は分かれてきます。

健康的な人はクマが出来にくく、不健康な方はクマが出来やすい印象もありますよね?

クマは相手にも良い印象を与えませんし、相手に気を遣わせてしまう事にもなるので、できる限り隠すようにして明るい表情を維持するように心がけましょう。

目元がスッキリするだけで人の印象は大きく変わってきますので、これらの情報を参考にしてクマ隠しをマスターしよう♪

あなたへのオススメ

コメントを残す

*