鼻・あご・頬の角栓をピンセットや綿棒で取る取り方とは?

イチゴ鼻
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またイチゴ鼻って言われた…好きでやってるんじゃないんだよこっちは!!とお怒りの方必見です。

角栓による黒ずみ取りたくはありませんか?

または単純に鼻やあご、頬の角栓を黒ずむ前に取りたいですよね!

そんなアナタには綿棒やピンセットを使った角質の取り方が手軽でおすすめなんだとか?!

めんどくさい角質ケアを楽しく気持ちよくしてしまう取り方をこのページで紹介していきますよ|д゚)

綿棒やピンセットで角栓を取る理由とは?

綿棒を使う女性
PR

いちいち綿棒やピンセットでつまみだすのはめんどくさい…。毛穴パックでさっさと解決した方が絶対良い!と誰しも思いますよね。

それでも綿棒やピンセットでの取り方をおすすめするには理由がちゃんとありますからm(__)m

ニキビの芯が出てこない時の出し方を画像と動画で徹底解説!
ニキビができていてショック!早い内に何とかしたいけど、芯が中々出てこない…。そんな風にお困りのあなたの為に、この記事ではニキビの芯が出てこない時の出し方を画像と動画で解説しちゃいます!ポイントは無理をしない事?!
ニキビができやすい人の特徴とは?体質が問題?肌が問題?
ニキビができやすい人とできにくい人。その違いにはどんな特徴があるんでしょうか?ニキビ体質だから?肌に原因があるから?まずは違いを考える前にニキビができる原因を知ることが先決です。意外に知らないその原因を追究してみました!

毛穴パックで取ると負担が大きい

鼻を隠す女性

毛穴パックを利用した角質除去は確かに簡単で、ごっそり一気に取れて気持ちの良いものかもしれません。

しかし毛穴パックはグッと角質を引き出すことから、毛穴が傷つきやすく、開いた毛穴が小さくならない可能性が高いんです。

傷ついた毛穴は肌の乾燥の原因となり、また角質が出来やすい肌へとなってしまいます。

そうなるのを防ぐためにも優しく角栓を取る事がおすすめされるというわけだったんです(*’▽’)

綿棒やピンセットで取る前の準備

準備に張り切る女性

角質の取り方の説明の前に、角質取る前の準備のやり方からおさらいしていきましょう。

この前準備をしっかりとやっておかないと、確実に効果が実感できなくなります(´;ω;`)

まずは洗顔

肌の汚れをまずは落とす必要があります。

後のに紹介する綿棒での角質の取り方にはオイルを用いるのですが、肌に汚れが付着しているとオイルが馴染みにくくなってしまいます。

単純に毛穴に汚れを流しこまないためにも、まずは洗顔をしっかりと行い汚れを落とすことが大切ですね!

洗顔は優しく優しく行いましょう。大事なことなので2回言いましたが、肌を傷つけないために絶対必要なことです。

毛穴を広げるために肌を温める

タオルで温まるハリネズミ

洗顔で汚れをしっかりと落とした後は、蒸しタオルなどを使って肌を温めていきましょう。

温めることにより毛穴が広がったり、角栓が柔らかくなったりするため角栓が取りやすくなります!

これをやるかやらないかでは、結果が大きく変わるので一番大切なポイントかもしれません!

洗顔自体を温水でやっておく、というのもアリかもしれませんね!

最後に保湿

ここまで来たら保湿をしっかりとして準備は終わりです!

化粧水で肌に潤いを与えつつ、角栓自体にも潤いを与え、次に使う綿棒とオイルで浮き上がりやすくしておきましょ(*’▽’)

先ほど肌を温めていることもあり、潤いの吸収自体は早く終わるでしょう。

角栓は綿棒で楽に取る!

綿棒と化粧品
PR

前準備が終わったいざ本番。綿棒で鼻やあご、頬の角栓を根こそぎ取っていきますよー!

取り方は超簡単なので誰でもお試しできるものになっていますm(__)m

ニキビを潰すと出る「白い膿」の正体は?皮膚科でも潰されるの?
ニキビを潰すと白い膿のようなモノが出てきた経験がある方はいらっしゃいませんか?固形じゃなくて液体の物が出たという方もいらっしゃいますよね。その白いモノの正体を見ていきましょう!皮膚科で取ると早く治るという噂もあります!
ニキビに効果あるオロナインの塗り方とは?絆創膏を使うのはNG?
ニキビにオロナインを塗って絆創膏を貼ると一晩でニキビが治る!なんて話がネット上で多く出回っていますが、本当にオロナインはニキビに効果があるのでしょうか?今回は、オロナインでニキビを治す正しい塗り方について大調査!

相棒はオイル

オリーブオイルを使う男性

ただ綿棒だけで角栓を取ろうとすると、毛穴が傷ついてしまいます。

これでは毛穴パックの劣化でしかないですよね。この問題を防ぐためにオイルが登場するというわけです。

オイルを綿棒にたっぷり染みこませることにより、肌へのダメージを抑えつつ、角栓をつるんっと取り出しやすくします。

ここで使うオイルはオリーブオイルでも大丈夫なので、美容オイルを持っていないという男性でも安心ですね♪

取り方は簡単!

優しいいいね!

取り方は至って簡単です。

オイルをたっぷりと染みこませた綿棒で、鼻やあご、頬など角栓が気になる箇所をグルグルと優しく撫でるように擦りつけてください。

基本のやり方をそれだけです(笑)

次第にオイルが角栓のある毛穴に行き渡り角栓が浮き上がってくると思うので、それらを綿棒で回収しましょうm(__)m

中々取りにくいなぁと思ったら、毛穴の横を綿棒で優しく押し出してみたり、2つの綿棒を使って挟み出したりすると良いでしょう。

継続が大切だけどやりすぎはNG

ダメダメ!絶対ダメ~!

この綿棒を使った角栓の取り方は最初の一回目から角栓がいっぱい取れた!という声もあれば、全然だった!という声もあります。

角栓の量の個人差などもあるとは思いますが、まずは継続することが大切ですね。

たまたま毛穴が上手く開いていなかっただけということもありますし、前準備から見直すのが良いかも!

継続が大切だからとやりすぎてしまうのはダメです。確かに肌への負担は少ないのですが、ずっとやってると傷がつきますのでm(__)m

角栓が取れたらもう一度洗顔をする

ポイントを紹介する人

いや先やったからもうええやろっと思い、オイルまみれになった鼻を水ですすぐだけはNG!

面倒かもしれませんが、もう一度洗顔をして鼻などについた脂をしっかりと落とすようにしてください。

水ですすぐだけではオイルが水を弾くという性質があるため、きちんと取れません。

残ったオイルが毛穴に入り込んでまた角栓を生んでしまい、悪化する可能性があるので洗顔は必須なんです!

ピンセットで角栓を取るのは止めた方が良い

ダメという女性

冒頭でピンセットがおすすめ!?とか言っていますが、実はこれは間違いです(笑)

ピンセットで角栓を抜くのって気持ちよいので、ついついやってしまいがちの人も多いでしょう。

しかしその取り方だとかえって肌に悪影響を与えることになるかもしれませんね。

ピンセットでの角栓取りは毛穴を傷つける

結局のところピンセットで角栓を取ろうとすると、毛穴パックと同じで角栓を傷つけてしまいます。

角栓を取るつもりが、逆に角栓が出来やすくしてしまったということになってしまいます。

毛穴が傷つくことにより、それを守ろうとした皮脂が大量に発生し、また角栓になるというメカニズムですね。

これを避けるためにピンセットで取るのでなく、綿棒で取ることをおすすめさせていただきますm(__)m

ピンセットもダメだけど爪はもっとダメ

毛づくろいする猫

爪を使って角栓を押し出している方も中にはいるとは思います。

しかしながら爪で角栓を取る事は、角栓を取る方法の中でも一番ダメなものだとされているんです。

その理由は爪に潜む常在菌が毛穴に入りこむリスクがあるためですね。

角栓を取ったはいいけど、炎症を起こしてしまったりニキビの原因になってしまったりする可能性があるので注意しましょう!

鼻の黒ずみを簡単に除去する取り方が裏技じみている件について
自慢の鼻に黒いぶつぶつが!角栓が詰まるなどしてしまうと鼻は黒い点々が浮かびあがりイチゴっ鼻になってしまいます。できてしまった鼻の黒ずみはいち早く除去したいですよね。そんな鼻の黒ずみを除去する取り方が裏技じみて面白いので追ってみました。
巨大なニキビの芯が取れたけど「穴」が出来てしまった時の対処法
ニキビ潰してゴーゴー!芯取れ芯取れゴーゴーゴー!穴が出来たらどうしよう?!…本当にどうしましょう?いやまさかこんなことになるとは思いもしないじゃないですか?ニキビから巨大な芯が取れたけど穴になった件への対処法について!

角栓の取り方は綿棒で優しく行う!まとめ

というわけで結論は角栓の楽で安全な取り方は、綿棒一択であったというわけですね!

ピンセットで取ってしまうと鼻の黒ずみなんかは一段と大きくなってしまうことでしょう…。

あっちなみに綿棒は安物で構いません!100均なんかで売っているものでも十分な成果が得られます!

コツは肌を温める事。そして優しくすることです。強い力でやると綿棒の綿がちぎれて、鼻が綿だらけになりますからね(笑)

あなたへのオススメ

コメントを残す

*