「タトゥーを消す!」決心してからやるべき事とクリニック選びのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「タトゥーを彫ったけど後悔している」
「刺青を消したいけどどの治療方法がいいのだろう…。」

このような悩みを抱えている方の為に、タトゥーを消す方法やクリニックでの治療方法に関する情報をまとめていきたいと思います。

他にもクリニック選びのコツやアドバイスを交えて、タトゥー除去について解説します。

刺青を彫って後悔している方は必見です!

タトゥーを消す前に…

タトゥーを消す前に

タトゥーを消すという事は、人生の中でも非常に大切な事です。

彫ってしまったものは仕方ありませんが、消した後の傷跡や肌の状態を気にする方もいると思います。

先に言っておきますが、タトゥーを消したとしても彫る前のように綺麗にはなりません

最近は、レーザー治療などで傷跡が目立たない治療方法が主流となっていますが、それでも彫る前の状態にまで完全に回復させるのは困難です。

なので、大前提として“傷跡は残る可能性が高い”ということを念頭に置いて治療にあたるようにしましょう。

PR

タトゥーを消す方法と特徴

タトゥーを消す方法はいくつかあります。

代表的な治療方法としては、

・皮膚の切除
・植皮手術
・アブレーション
・レーザー治療

この4つです。

それぞれの治療方法の特徴についても、もう少し詳しく説明していきたいと思います。

①皮膚の切除

皮膚の切除

1つ目の方法は、皮膚の切除によってタトゥーを消す方法です。

最も王道な手段の1つで、タトゥーが彫ってある部位の皮膚を切除して、周囲の皮膚を縫い合わせる方法です。

だいたいのクリニックは、この皮膚切除でタトゥー除去に対応しているケースが多いです。

大きさや色に関係なく、どんなタトゥーでも確実に消すことができ、1回の治療で完結するので「今すぐ消したい」という方にはおすすめですが、縫った傷跡が残るのが難点です。

②植皮手術

2つ目の方法は、植皮手術でタトゥーを消す方法です。

植皮とは、その名の通りで皮膚を移植してタトゥーを消します

彫ってある部位を切除する必要はありませんが、その上に自分の皮膚を被せて移植するので、それなりに傷跡も残ります。

切除同様に確実に消すことができますが、お尻や太ももなどの部位から植皮用の皮膚を削らないといけないので、削った部位にも傷跡が残ってしまいます。

見栄えだけを考えるならあまりオススメできない治療法かもしれませんね。

【ランキング】タトゥー除去に最適!人気のクリニックベスト3
刺青・タトゥー除去に最適のクリニックをランキング形式でご紹介!全国各地にあるクリニックからオススメのクリニックBEST3をまとめています。カウンセリング・アフターケア、最新の医療技術を備えた店舗を厳選しています。
タトゥー除去の費用相場は治療方法によって金額が全然違う?
タトゥー除去にはどんな治療方法があるのでしょうか?実際の費用相場はどのくらい?まとめてドドンとご紹介します!タトゥー除去はタトゥーよりも痛くつらいものですが、タトゥー除去ができれば、隠すことなく堂々とプールや温泉に行くことができます。

③剥削法(アブレーション)

剥削法

3つ目は、剥削法です。

剥削法はアブレーションなどとも呼ばれている治療方法で、タトゥーの入っている部位の皮膚を削り取る治療方法です。

これに関しても確実に刺青を除去する事ができますが、皮膚そのものを削り取るので傷跡が残ります。

火傷したような跡が残るので、上半身などの目立つ部位にタトゥーが入っている方には推奨しません。

足やワンポイントのタトゥーであれば良いと思います。

④レーザー治療

最後は、レーザー治療でタトゥーを消す方法です。

ここ最近では、最も人気があり主流となりつつある治療法で、医療用のレーザー機器を使用してタトゥーを除去する方法です。

レーザーをタトゥーの部位に照射する事で少しずつ薄くしていき、最終的には傷跡もほとんどわからない程度にまで治療する事ができます。

切除や植皮よりも傷跡は目立たないのが最大の特徴ですが、数回に分けて治療するので通院する必要があります。

急いで消したい方には向いていませんが、綺麗に消せるのでおすすめです。

PR

タトゥーを消すと跡は残るのか?

上記4つの治療方法をまとめみると、

皮膚切除→傷跡が残る
植皮手術→傷跡が残る
剥削法→傷跡が残る
レーザー治療→傷跡がほとんどない

と、このような結果となりました。

結論を言えば、「どの方法でも傷跡は残るがレーザー治療が一番目立たなくすることができる」という事ですね。

自分の刺青に最適の除去方法を選ぶ事が大切

最適の除去方法

タトゥーを消す際に傷跡を気にする方も多いですが、一番重要な事は“自分の刺青に適した治療法を選択する”という事です。

例えば、刺青の範囲が広い場合にはレーザー治療でコツコツと治療するのが傷跡も目立ちにくくなるのでおすすめですが、ワンポイントタトゥーなど小さな入れ墨であれば切除等の方が手っ取り早く治療できて、そこまで傷跡も目立ちません。

彫ってあるサイズ感や色合いなどによって治療方法を考える事も必要なので、まずは、専門医の話を聞いたりして治療方法の選定から始めてみると良いのではないかと思います。

タトゥーを入れる時の痛みは例えられない程痛い?軽減する方法は?
タトゥーを入れる時の痛みを例えるとどんな痛み?実際にタトゥーを入れた筆者がタトゥーを入れる時の痛みを例えてみました!痛みを軽減する方法はあるのかも合わせてご紹介したのでファーストタトゥー前には必見です!
刺青除去は安い?高い?消した跡が残らないように綺麗に消せる?
刺青除去をするならどの方法がいいでしょうか?できるだけ安い金額で除去したいけど、消した跡を残したくない!そんなわがままな除去方法はどうしても高い?除去する理由に合わせて刺青除去の方法を考えてみてはいかがでしょうか?

クリニック選びのコツやポイント

タトゥーを消す方法については、概ねご理解頂けたかと思いますので、ここからは、実際に「消す」と決断した方の為に、クリニック選びのコツやポイントを紹介したいと思います。

適当なクリニックで治療を受けて後悔した方も少なくありませんので、自分が相談するクリニックは慎重に選んで、安心して任せられる医師に治療してもらいましょう。

【ポイント①】実績や信頼度で決める

実績や信頼度

実績信頼度で治療するクリニックを選ぶことは大切です。

タトゥー除去に対応しているクリニックだとしても、実績や経験が少なければタトゥー除去の技術は磨かれません。

治療経験の少ない医師には任せたくありませんよね?

なので、治療実績が豊富なクリニックやタトゥー除去の治療方法が選べるクリニックで相談するようにしましょう。

中には、「皮膚切除しかできません!」という医者もいるので、そこは避けておいたほうが無難です。

【ポイント②】コスパ重視で選ぶ

コスパ重視

タトゥー除去の悩みの1つとして、金銭的な部分も悩む要因の1つとなります。

「消したいけどお金がない」
「安く治療したら消しきれなかった」

このような悩みや不満を抱えている人もたくさんいます。

なので、金銭的に余裕のない方は、各クリニックのタトゥー除去キャンペーンなどをうまく活用するのも1つの方法です。

意外とモニター募集を行っているクリニックもあるので、まずはそこに相談する事から始めましょう。

自分の治療経過がクリニックの公式サイトなどで紹介される可能性もありますが、普通に治療を受けるよりは間違いなく安く実施する事ができます。

【ポイント③】治療方法で決める

治療方法

先程も説明させて頂いた通り、

・治療期間
・治療後の傷跡
・確実性

などを考えてクリニックを決めるのも1つの方法としてあります。

タトゥーのサイズが小さければ、どの方法でも良いと思いますし、逆に彫ってある範囲が大きければ治療方法も慎重に考えなければなりません。

クリニックによっては、治療方法が限られている事もあるので、必然と自分の希望する治療方法に対応しているクリニックに限定されます。

なので、無駄足にならないようにする為にも、事前にある程度の下調べをしてから相談しに行きましょう。

タトゥーで後悔する前に知っておくべき情報やタトゥー除去のリスク
タトゥーを彫って後悔する人は少なくありません。このページでは、タトゥーを彫ろうか迷っている方や、彫って後悔している方の為に、日本国内での刺青に対する意見や口コミ、タトゥー除去する際の治療方法などを紹介しています。
MRIはタトゥーがあるとできない?刺青との関係や皆の疑問まとめ
タトゥーがあるとMRI検査やCT検査ができないのか?このページでは、刺青と医療機器を使用した検査に関する情報をまとめています。タトゥー有りでMRI検査を受けたい方や一度拒否された事のある方などのタメになる情報をご紹介。

消すことで得られるメリット

タトゥーを消すことに迷いを感じている方に、消すことで得られるメリットを紹介しておきます。

  • ・銭湯に入れるようになる
  • ・公共のプールに行ける
  • ・スポーツジムに入会できる
  • ・生命保険で拒否されない
  • ・周囲を気にせず露出できる

このようなメリットが挙げられます。

タトゥーを彫ったことで後ろめたい気持ちがあったという方は、ぜひこれらのメリットを考えて治療を検討してみてくださいね。

この記事のまとめ

タトゥーを消す

タトゥーを消す方法やクリニック選びのコツやポイントを紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

もちろん、他にも悩めるポイントや気になる事もたくさんあると思います。

ただ、1つだけ言えることは「ある程度悩んだら相談しろ」という事です。

専門知識がない自分1人で悩んでいても解決しません!

それであれば、いろんな患者の話を聞いてきた専門医に相談してから判断するのでも遅くはないですよね?

自分の決意が揺らいでいる時や、タトゥーを消す上での悩み事などがある方は、少し時間を使ってでも専門医の話を聞いてみる事から始めてみましょう。

きっと、何かしらの解決に繋がっていくと思います!

タトゥーや入れ墨って簡単に消せる事はご存じですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で入れた入れ墨、もう消してしまいたいタトゥー。様々な想いで入れた刺青は簡単に消せる時代です。

中央クリニックは主要都市にあるので通いやすく、3種類のピコレーザーで痛みの緩和や治療回数の軽減に成功している最先端のタトゥー除去クリニックです。

先ずはあなたに合った治療方法をカウンセリングで提案してもらいましょう。治療期間やご予算も考慮して貰えるので何度も通院したくない方にはおすすめです。

※中央クリニックはあらゆるタイプの入れ墨・タトゥーに対応しています。先ずは公式サイトで詳細を確認してみましょう。


少しでも悩んだら相談

あなたへのオススメ

コメントを残す

*