しもやけの治し方はオロナインが効果的?~手指・足指の症状編~

手指足指しもやけ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬、寒い季節になると、しもやけが増えてきます。

手指や足指が寒くて冷たい…だけでなく、放っておくと赤く腫れたり痛み、かゆみなどの症状が現れます。

しもやけはどんな時になりやすいのか?しもやけの治し方や対策は?

しもやけにオロナイン軟膏は有名ですが、効果的なのでしょうか?

今回はそんなしもやけの仕組みと対策、オロナインについて見ていきましょう。

しもやけって何?

手指
PR

しもやけは、「凍瘡(とうそう)」とも呼ばれる、寒さにさらされることで起きる症状です。

よく似た語感で間違いやすい「凍傷(とうしょう)」という言葉もありますが、こちらは雪山で長時間遭難した時などにみられる、全く別物でもっと重症なものです。

今回はしもやけ(凍瘡)のほうを見ていきますよ。

しもやけの原因

しもやけ

しもやけは、ざっくりといえば、日常的に寒い外と暖房が掛かった室内を行き来することなどによって、血行が悪くなることが繰り返されると起きます。

これは人間の体が寒さや暑さに耐える仕組み上、仕方のないことです。

人間の体温調節機能

体温

人間の体には体温調節をする機能が備わっていて、寒さを感じると血管を縮めて、血液に流れる量を少なくします。

これによって、体内の熱が皮膚から外気へ持っていかれないようにしています。

暖かくなると、逆に血管は拡張して血液を多く流すことで、皮膚から体温を逃がします。

手指、足指などの体の末梢では…

末梢 指

手指や足指など、血管が細い体の先の部分では、寒暖の刺激が何度も繰り返されると、血管の収縮や拡張が追いつかず、血液循環に障害が起きます。

滞った血液はうっ血や炎症を起こし、手指や足指などの先まで栄養が届けることができずに、かゆみや痛み、赤みなどの症状が出ます。これがが手指、足指に現れるしもやけの正体です。

冬のひびわれとあかぎれの治し方まとめ!効く薬は薬局で買える?
寒くなってくると見られるようになるひびわれ、あかぎれ。手を洗うたびにジクジクと痛んで憂鬱な気分にさせてくれます。今回はそんなひびわれ、あかぎれの治し方、薬局で手に入るよく効く薬を紹介していきます。
寒いのに汗をかく原因とは?風邪を引く前に対策方法を知ろう!
暑い時や体温が上がった時に汗をかくのは当たり前の事。だけど寒い時に運動もしていないのになぜか汗をかいてしまう…その原因とは自律神経?この記事では寒いのに汗をかく原因と、風邪を引く前に取っておきたい対策をご紹介いたします。

しもやけの症状

かゆい

しもやけの症状は一番よく知られているのはかゆみですが、他にも次のような症状があります。

・手や足が全体的に赤く腫れる
・手指、足指や手のひら、足の裏に赤い発疹が見られる
・痛みがあり、温めてもかゆみが出てくる
・手指、足指が赤紫色、赤黒くなっている

寒い状態では痛くて、温めるとかゆいのは特徴的な症状ですね。

しもやけの起こりやすいのは手指や足指?他には?

寒い 冷える

しもやけは、冷えやすい手指や足指、手のひらやかかとのほか、冷たい風にさらされやすい耳たぶ、鼻、頬などにもよく起こります。

4~5度ぐらいの寒さと、10度以上差のある室内を行き来すると起きやすくなると言われています。

真冬に何本も電車を乗り換える…などはしもやけになりやすいシチュエーションですね。

また、意外と注意が必要なのが水気に触れた後です。水は乾く時に気化熱を皮膚表面から奪っていきます。

冷える原因になりますので、手洗いや水仕事の後はしっかり水気を拭きとることが手指を冷やさないポイントです。

しもやけの治し方は?

ケア
PR

足指や手指のかゆみ等の症状が気になってしまい、仕事や勉強も捗らない…耳や顔に出来たら見た目も気になってしまうし、ときには睡眠不足の原因にもなります。

ぜひとも知りたいしもやけの治し方は?

ビタミンEを摂りましょう!

ビタミン サプリメント

しもやけの治し方は、まず末梢の血行促進、血流改善が大切です。

ビタミンEは血行を良くしてくれる栄養素です。食事やサプリメントから積極的に取り入れましょう。

また、ビタミンE(トコフェロール○○という成分で入っています)を含む外用薬もあります。

ビタミンEは、ざっくりとアーモンド等ナッツ系、明太子やウナギ等の魚介類、カボチャ等の緑黄色野菜などに多く含まれています。

冷えを避けて、普段から温めることが大切!

防寒MAX

普段から冷えを避け、手足や顔を温めてあげることがしもやけの治し方において大切です。

手袋、靴下、耳当て、マフラーなどを活用しましょう。

ここで、足指を圧迫してしまうような靴下やきつめの靴を履いていたりすると、足指の血行不良を起こしやすい状態になってしまいます。

防寒具はいずれも、ゆったりとしていて暖かい物を選ぶのがポイントです。

有名なオロナインはしもやけに効果的?他に薬はある?

擦り傷切り傷のケガや、あかぎれしもやけにオロナイン軟膏は有名ですね。

オロナインはどんな成分から出来ているのでしょう?しもやけの治し方に効果的なのでしょうか?

オロナインや他の市販薬についても少し覗いてみましょう。

『オロナインH軟膏』

オロナインH軟膏の主成分を見てみると、「クロルヘキシジングルコン酸塩」と書かれています。

これはケガの消毒等に用いられる消毒成分です。

そして後は添加物です。添加物の中には「ワセリン」、「グリセリン」、「オリブ油」といった、皮膚を保湿、保護する成分が入っています。

ワセリンは皮膚の水分を閉じ込めるように保湿するので、お風呂上り5分以内に患部に塗ると、患部の高い保湿効果は期待できます。

オロナインはもともとちょっとしたケガに幅広く使えるというものなので、しもやけの治し方専用というわけにはいかなさそうです。

ニキビに効果あるオロナインの塗り方とは?絆創膏を使うのはNG?
ニキビにオロナインを塗って絆創膏を貼ると一晩でニキビが治る!なんて話がネット上で多く出回っていますが、本当にオロナインはニキビに効果があるのでしょうか?今回は、オロナインでニキビを治す正しい塗り方について大調査!
「ニキビにステロイド」VS「ニキビにオロナイン」どっちが効く?
ニキビ治療薬としてステロイド剤が出されますが危険とも言いますよね。そしてステロイドの効果の強さはいかほどなのでしょうか?オロナインの方が効果的とも聞きますね!どっちの方が効くのか気になる真相をまとめていきます!

『ユースキンA』

炎症を鎮める成分「グリチルレチン酸」と血行促進に大切な「ビタミンE」が配合されています。

皮膚の潤いの助けになる「グリセリン」、「ビタミンC」なども入っており、炎症を抑えながら皮膚を健康な状態に戻していくクリームです。

手荒れやひびわれ、しもやけの治し方としてもおすすめ。

他に、乾燥肌の場合でも、顔を含め全身どこでも使えます。

『ベルクリーンS軟膏』

トウガラシチンキ」(唐辛子の成分)と「ビタミンE」が入っていてこれが血行を促進します。

一緒に含まれている「クロタミトン」、「リドカイン」は、かゆみや痛みを抑えてくれる成分です。

オロナインと同じで軟膏タイプで、上記の成分がワセリンに混ぜられています。

既にできてしまった痛い、かゆいしもやけの治し方としておすすめです。

乾燥肌に悩む男性が保湿をキープするためのスキンケア対策
冬になると訪れやすいカサカサの乾燥肌。最近は夏でも乾燥肌に悩まされる男性も多いとか。そんな乾燥肌を対策するには肌の保湿を保たなければなりません。今回は乾燥肌に悩まされている男性の食事や化粧品などのスキンケア対策について調査してみました。
【市販薬】かゆみ止めの薬は飲み薬・塗り薬・パッチどれが最強?
肌のかゆみに悩まされている方もきっと多いはず。つい気になって搔いてしまう事もありますよね。今回の記事では、そんなお悩みを解消する最強のかゆみ止めは一体どれなのかをご紹介!飲み薬・塗り薬・パッチの中でおすすめはこれ!

しもやけの治し方はオロナインが効果的?手指・足指の症状まとめ

しもやけの治し方とオロナインについてのまとめはいかがでしたか?

夜、布団でかゆみ等の症状が気になって、睡眠不足になってしまったりと、二次的な症状も起こしかねない冬のしもやけの治し方、予防には手指、足指や顔の防寒と血行を良くするビタミンEが大切です!

オロナインは、ワセリンで皮膚を保護、保湿してくれるので、色々な皮膚トラブルやケガに効果的ですが、かゆみの症状の方がキツイときはかゆみ止めが入った他の薬が良いと思います。

しもやけの治し方で重要なビタミンEも含まれていないので、しもやけの治し方おすすめの方法!とまでは言い難いところがあります。オロナインの他に、ビタミンEやかゆみ止めを含んだ塗り薬がありますので、症状に合わせて選ぶとよいでしょう。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*