臭い男は嫌われる!様々な口臭の原因と簡単にできる対策方法を伝授!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰かと接近した時に、相手の「」が気になったことはありませんか?

 

身だしなみに気を遣っていても、気づきにくいのが自分の口臭。口臭の原因はひとつではないので、歯磨きだけでは解決できない場合も。

 

そんな口臭の様々な原因と対策方法をご紹介します。

口臭の主な原因

口臭は、唾液中に溶け込んだ「臭い物質」が乾燥により気化することで起こります。

 

この「臭い物質」とは口内の細菌が発生させます。

細菌は、口の中の食べかすや細胞の死骸などといった、たんぱく質を餌として分解しますが、この分解作業で発生するのが臭い物質です。

 

臭い物質は、口内の唾液が不足することで唾液中に留められなくなり、気化して口臭となります。

特に舌の表面や歯周ポケット、さらに扁桃腺に存在する穴は、細菌の餌となるたんぱく質が溜まりやすく、ケアが正しくできていないと口臭を発生しやすくなるのです。

自分でできる口腔ケア ・舌の表面・歯周ポケット・扁桃腺

 

舌の表面はざらざらとしていて、食べかすや細胞の死骸が溜まりやすくなっています。

 

これらが溜まってできる「舌苔(ぜったい)」を除去するには、「舌磨き」が有効です。

 

具体的には、市販の舌ブラシを使い除去する方法や、たんぱく質を分解する酵母が含まれるパイナップルやキウイを食べる方法があります。

歯周ポケット

 

歯周ポケットは、食べかすなどだけではなく、出血による血液や膿が溜まりやすい場所です。

 

血や膿も同様にたんぱく質なので、歯周ポケットまで届く細いブラシで優しく汚れを取り除きましょう。

扁桃腺

 

扁桃腺の穴に溜まる食べかすは、よく「臭い玉」などと言われます。これは「膿栓(のうせん)」と言い、やはり食べかすや細菌の死骸が溜まり、蓄積されたものです。

 

自分で無理やり取ろうとすると扁桃腺を傷付けてしまうことがあるので、耳鼻科で診てもらうことをおすすめします。

また、膿栓ができにくい環境にすることが大事ですので、前述の2つの方法に加え、日ごろからうがい薬を使用してうがいをすると良いでしょう。

口臭の原因は「口」にない場合も

 

口臭の原因は主に口内環境にあるため、口内のたんぱく質を適切に取り除き、唾液の分泌を促すことで解消されやすいですが、別の場所が原因になることもあります。

 

例えば、胃炎などによる消化不良や、肝機能の低下などです。

上記の口腔ケアをしても解消できない「口臭」は、体からの何らかのサインである可能性もあります。

 

自身の口臭対策も大事ですが、大切な人の「息の匂い」から体調の変化に気づける場合も。

「口臭=口が臭い」と悪いイメージだけではく、健康状態を把握するバロメーターとしても意識してみてくださいね。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*