男の黒ずみやニキビは毛穴の開きっぱなしが原因!治す方法はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻にできたニキビや黒ずみは男性だって気になります。

 

「毎日洗顔しているのに、なぜ改善しないのだろう?」と疑問に思う方もいるはずです。

 

そもそもなぜ黒ずみは発生するのか、なぜニキビは治らないのか?という疑問から改善方法までご紹介します。

 

黒ずみの原因は「毛穴の開き」だった!

 

毛穴に皮脂や汚れが溜まり角栓となって毛穴をふさぐと、毛穴が開きっぱなしの状態になってしまいます。

 

この状態を放置していると毛穴がこの形で留まってしまい、角栓を取り除いても毛穴は開いたまま戻らないことがあります。

 

開いた毛穴にはさらに皮脂や汚れが溜まりやすく、黒く変色してしまいます。

 

特に、鼻は毛穴が多い部分なので、黒ずみが目立ちやすいのです。

ニキビの原因は洗顔にあり?!スキンケアで対策を!

鼻の黒ずみが目立つようになると、洗顔に「力」が入ってしまいます。いつもよりゴシゴシと強く洗ってしまいますよね。

 

それが刺激となってしまい、ニキビができやすい環境へ導き、今あるニキビさらに悪化させる行為だったのです。

 

こうなる前に見直したいのが。まずは、開いた毛穴をキュッと引き締めることから始めましょう。

 

基本的なケア方法は「正しい洗顔」です。肌を刺激せず、優しく泡を転がしましょう。

肌トラブルにさよなら!正しい洗顔方法とは

 

なかなか治らなかった黒ずみやニキビが洗顔だけで改善するのか?と疑問に思う方もいるでしょう。そんな方は、今までの洗顔方法を見直してみましょう。肌に負担をかけない洗顔方法をご紹介します。

洗顔料を見直す

 

皮脂や汚れを取るために、刺激の強い洗顔料を使っていませんか?

 

洗顔後にツッパリを感じるようなら、必要以上に皮脂を取りすぎているかもしれません。

 

肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下し肌トラブルを起こしやすくなってしまいますので、ある程度の皮脂は肌表面に必要です。

 

肌に優しい洗顔料を継続的に正しく使うことが、キメの整ったきれいな素肌への近道になります。

洗顔料はたっぷりと泡立てる

 

適量の洗顔料を手のひらに取り、ぬるま湯を加え泡立てていきます。しっかりと弾力のある泡が立ったら、顔に泡を付けていきます。

 

洗顔をする際には、肌と手の間に泡がある状態をキープしましょう。泡を肌の上で転がすイメージで洗顔を行います。

泡はしっかり洗い流す

 

洗顔後、泡を洗い流すときには、ぬるま湯で流していきましょう。熱いお湯だと必要な皮脂も一緒に流れてしまい、冷たい水だと汚れがきれいに落ちません。人肌より少し冷たいくらいのぬるま湯がベストです。

 

泡を流す際には、洗顔料が残りやすいフェイスラインにも気をつけましょう。

ツッパリを感じたら保湿がおすすめ

 

洗顔後に乾燥するなら保湿をしましょう。乾燥を放置していると、毛穴周りの肌は硬くなり柔軟性を失います。そうすると広がった毛穴は元に戻りにくくなり、皮脂や汚れが詰まりやすいままになってしまいます。

 

乾燥対策をすることで毛穴がキュッと引き締まり、ニキビのできにくい肌へ導くことができます。

ニキビや黒ずみは洗顔と保湿によって改善!

 

これだけで黒ずみやニキビが改善するのか?と疑問に思う方もいるでしょう。しかし、根本的な「毛穴の開き」を見直せば、黒ずみもニキビもスキンケアで改善に導くことができるのです。

 

必要な皮脂を残しながら汚れを落とし、しっかりとした洗顔が終わった後は保湿クリームなどで乾燥対策!このことを毎日のスキンケアの際に心がけましょう。きれいな肌に近づけるはずです!

Sponsored Link

コメントを残す

*