鼻詰まりに花粉症の薬や点鼻薬が効かない理由は?原因と対処法まとめ

花粉症の薬が効かない鼻づまり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症シーズンに起きるしつこい鼻づまりで悩んでいる人、たくさんいますよね?

花粉症の薬でも効かない鼻づまりの原因や理由とは一体何なのでしょうか?

点鼻薬を使ったらいい?他の対処法もある・・?

実は点鼻薬の使い過ぎで鼻づまりを悪化させていたなんてことも…!?

PR

花粉症の薬が効かない鼻づまり…理由は?

花粉症の薬が効かない鼻づまり

花粉症の時期に現れる鼻炎の症状、くしゃみ・鼻水・鼻づまり…毎年のことですっかりお馴染みと思いきや、鼻づまりだけどうしようもなく対処法もわからなくて薬も効かない…常に口呼吸だなんて方も中にいるのでは?

実は、花粉症患者のおよそ4割はただのアレルギー対策の薬では効かない鼻の病気へ発展しているとも言われています。

花粉症の症状に紛れてしまって気づきにくいですが、花粉症の薬では鼻づまりに全然効かないという場合はアレルギーが原因の鼻づまりではないという理由が考えられます。


花粉症の薬が効かない理由は色々とある

  • ・飲んでいる鼻炎薬の効き目が弱い(又は鼻詰まりの成分が入っていない)

  • ・アレルギー性の鼻づまりが悪化して副鼻腔炎を発症している

  • ・点鼻薬の使い過ぎで薬剤性鼻炎になっている

  • ・鼻の軟骨が歪んだりズレたりしている

花粉症の薬はアレルギー反応を緩和するという所をメインにしています。

中には直接鼻づまりを抑えるための成分を含んでいないものもあるので、効かないと感じたらまずは薬の種類を変えてみるのも一つの手と言えます。

白井田七茶は花粉症に効果ない?口コミやアマゾンのレビューまとめ
花粉症の季節。鼻がスッキリしなくて悩まされますよね?そんな中、アマゾンレビュー★5がずらりの商品を発見。その名も白井田七茶!一部の口コミでは花粉症に効果ないとも言われていますが…?今回は白井田七茶の情報をまとめました。
えぞ式すーすー茶は鼻炎・花粉症に効果なし?口コミ&評判まとめ
皆さんは憎き鼻炎・花粉症でお悩みの同士だと思います。対策しても「鼻水が止まらない!」そんな方にはえぞ式すーすー茶です。えぞ式すーすー茶は鼻炎、花粉症で悩む方の最後の砦なのです。今回はえぞ式すーすー茶の効果や口コミを紹介していきます。

花粉症の薬が鼻づまりに効かないのは『副鼻腔炎』?

花粉症の薬効かない副鼻腔炎

副鼻腔とは、鼻の奥にある空洞です。人の顔は、鼻の横、目の下あたりの内側や、眉毛の上あたりまで空洞が広がっています

この鼻腔よりも奥の空洞に炎症が起きているのが副鼻腔炎です。

花粉症や、ハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎をもつ人の4割が発症しているとのデータもある一方で、花粉症患者に「副鼻腔炎という病気を知っていますか?」という質問をすると、半数以上は知らないと答えたとするデータもあります。

急性副鼻腔炎

副鼻腔炎には2種類あります。

花粉や風邪、ホコリやカビなどによる炎症で最初に起きるのが急性副鼻腔炎です。

症状は、

  • 頑固な鼻づまりで鼻の奥が詰まって苦しい

  • ・頭がボーっとする、痛い

  • ・顔面が痛い

  • ・ネバッとした鼻水が出る

  • ・ネバッとした鼻水が喉に流れる

といったもの、抵抗力がある人なら、風邪が治ると同時に勝手に治っていくものですが、顔が痛くて鼻が苦しいなどの症状、副鼻腔炎という名前は知らないままに経験したことがある人も多いと思います。

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)

痛みを伴う急性副鼻腔炎が治らずに続くと、副鼻腔に膿が溜まってきます。

異物が原因だった副鼻腔炎はだんだん膿が原因での炎症へと変わっていき、症状も痛くてツライものから不快なものへと変わってきます。

  • 頑固な鼻詰まりが続く

  • ・においが分からなくなる

  • ・ネバッとした鼻水が臭い

  • ・目や額が重い感じがする

  • ・口からも膿の臭いが出る

副鼻腔炎は慢性化すると治りにくくて厄介です。『蓄膿症は臭い』と聞いたことがある人も多いでしょう。

細菌の死骸をたっぷり含んだ膿が排出されずに溜まるため、臭いがとにかくキツくて自分にも他人にも分かるぐらいとのこと…。

副鼻腔炎の治療は?

副鼻腔炎まで発展した鼻づまりに花粉症の薬は効かないことがほとんどです。

その理由は、花粉症の薬はアレルギー反応を抑えることによって鼻づまりを抑える仕組みとなっているため、鼻の奥の炎症や膿を排出するような効果はないからです。

病院で診て貰えば、霧状の薬を直接鼻の奥に届けることのできる装置で治療したり、抗生物質が処方される場合もあります。

ちなみに、ドラッグストアでも膿を排出しやすくする漢方薬や炎症に効く漢方薬が市販されています。

有名どころは小林製薬の「チクナイン」ですね。中身は辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)という漢方薬です。

顔に吹く花粉症対策スプレーは効果なし?良い口コミと悪い口コミまとめ
皆さん!2月下旬から5月頃にかけてスギ花粉とヒノキの花粉が到来します!「まだ花粉症対策できてない…」という方の為に!顔に吹きかけるだけで効果がある花粉症対策スプレーについてや、口コミを紹介していきます。
花粉症対策の薬はいつから使用すれば鼻や目のアレルギー症状は起きない?
花粉症対策に最適のお薬はどれか?ここでは、花粉症やアレルギー性鼻炎など鼻や目のアレルギーの症状を対策&予防に必要なお薬情報をまとめています。薬を飲み始める時期はいつからがベストなのか?な花粉症の疑問を解消できます。

点鼻薬の落とし穴、『薬剤性鼻炎』とは?

花粉症の薬効かない薬剤性鼻炎

花粉症のシーズンに陥りやすい頑固な鼻詰まり、もう一つは薬剤性鼻炎です。

薬剤性鼻炎になってしまう理由は、鼻づまりを起こす鼻粘膜の仕組みと点鼻薬に入っているとある成分の使い過ぎにあります。

詳しく解説してみましょう。

鼻づまりの時の血管の状態

そもそも鼻づまりとは、アレルギー反応や炎症によって鼻粘膜の毛細血管が充血し、太くなった状態なんです。

血管が太くなると鼻の内側の皮膚粘膜が分厚くなり、空気の通り道がその分狭くなってしまい、息苦しくなります。

点鼻薬の血管収縮成分

血管 収縮

市販もされていて、花粉症対策としてたくさんの種類が出回っている点鼻薬ですが、多くの点鼻薬には血管収縮成分というものが入っています。

鼻づまりがつらい時にシュッとすれば、3分もしないうちに効いてくるスゴイやつで、太くなった粘膜の毛細血管を収縮させて細くすることによって、鼻づまりを解消してくれます。

しかしこれを長期にわたって連用してはいけない理由があります。身体が薬に慣れてくると、血管収縮成分自体が血管への効果がだんだん薄れてくるとともに、効果が切れた時のリバウンドもある成分なので、余計に鼻づまりが酷くなることになります。

血管収縮成分入りの点鼻薬は、鼻づまりの症状が特にひどい時に一時的に使用するには問題ありませんが、花粉症のように数か月にわたっての使用には向いていません。

薬剤性鼻炎の治療は?

点鼻薬 中止

つまり、花粉症の鼻づまりに点鼻薬が効かないのではなく、薬が効いている間は鼻が通っていて、薬が切れた時が塞がっているのが当たり前な状態…という理由で発生するのがこの薬剤性鼻炎なのです。

血管収縮成分の使い過ぎが原因となっているため、まずは血管収縮成分の使用を止めます

鼻が苦しいので使いたくなってしまいますが、1~2週間ただひたすら我慢することで薬剤性鼻炎による鼻づまりは改善されてきます。

外科的な手助けを必要とする鼻づまり

花粉症の薬効かない鼻中隔湾曲症
PR

花粉症の薬では効かない鼻づまり、最後は鼻の軟骨が歪んだりズレたりしている場合です。

原因がアレルギーに全く関係のない理由となっていますので、花粉症の薬が効かないのはもちろん、花粉症のシーズンでもないのに片方の鼻が決まって詰まり続ける場合なども気にしてみるといいかもしれません。

鼻中隔弯曲症

鼻中隔湾曲症

鼻の穴を2つに分けている内側の壁。鼻の穴が2つある人なら誰にでもありますよね?これを鼻中隔と言います。

この壁が、骨や軟骨のズレで曲がったりする病気があり、鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)と呼ばれています。誰にでも鼻中隔の多少の湾曲はあると言われていますが、ほとんどの人は生活に影響を感じたりはしません。

この湾曲が一際大きい人は、片方の鼻の穴が常に狭い状態となり、鼻づまりが酷かったり鼻血が出やすい、痛みがあるなどの生活に影響がある症状が出る人もいます。

そのような場合は曲がっている軟骨を削って真っ直ぐな鼻中隔に戻す外科手術で治すことになります。

なお、顔面の骨格が成長途中の子供の骨を削ることは成長に悪影響を及ぼす可能性があることから、19才以上から受けられる手術となっています。

2019年の花粉症対策はいつ行うべき?スギ花粉飛散情報&予測まとめ
2019年もやってきたスギ花粉飛散の時期です。花粉症対策は何か考えているでしょうか?いつから花粉症対策をすればいいのか?2019年のスギ花粉飛散時期はいつからなのか?予測情報やおすすめの花粉症対策と共にお届けします。
花粉症対策の薬を飲み始める時期やタイミングはいつからがベスト?
毎年皆さんを悩ませる花粉症。花粉症対策のタイミングはいつ頃始めるのが効果的なのでしょうか?スギ花粉が飛散し始める前か後か、薬を飲み始めるタイミング次第で花粉症がグッと楽になる?!花粉症と上手く付き合う方法をご紹介!

花粉症の薬や点鼻薬で効かない鼻づまりまとめ

花粉症の薬で効かない鼻づまりの原因・理由についてまとめてみましたがいかがでしたか?

花粉症の薬はアレルギー反応を緩和するという仕組みに重点を置いているため、直接鼻づまりだけに狙いを絞った鼻炎薬を飲んだら効くという場合もあります。

しかし、副鼻腔炎まで進行してしまった鼻炎はアレルギー薬による対処法では適切とは言えません。副鼻腔炎は、ねばついた鼻水が特徴の一つになっていて、花粉症のときのサラサラとした鼻水とは違いもありますので、一つの見分ける基準になるかもしれません。

それにしても、治らない鼻づまりの理由が点鼻薬の使い方にあったなんて知らなれば量を増やしてずっと使ってしまいますよね…

みなさんは正しい対処法で花粉症シーズンを乗り切って下さいね。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*