2019年の花粉症はいつから始まっていつまで続く?飛散予測まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん今年も花粉症の季節がやってきました。

一口に花粉症と言っても、スギ花粉、ヒノキ花粉などいろいろな花粉があります

これらの花粉は、いつからいつまで飛んでいるのでしょうか?

そんな疑問にお答えすべく、この記事では2019年花粉飛散予測を紹介していきます。

花粉症を代表するスギ花粉やヒノキ花粉は、一体いつからいつまで飛散しているのでしょうか?

PR

花粉症とは?

くしゃみ

まずは花粉症が、どういったものだったかのおさらいです。

花粉症とはヒノキ花粉やスギ花粉の様な、植物の花粉が鼻の粘膜に付着しアレルギー反応を起こす事を言います。

現代では日本人の4人に1人が花粉症で悩まされていると言われています。

花粉症が起きる花粉を飛ばす原因植物も確認していきましょう。

花粉症の種類は?

花粉

花粉症を引き起こす花粉で最も有名なのは、スギ花粉でしょう。

ですが、花粉症を引き起こす花粉を飛散させる原因植物は、他にも多く存在します

花粉症の主な原因植物はスギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ、イネ科、ブタクサ、ヨモギです。

聞いた事の無い植物も含まれているでしょうが、これらが花粉症の主な原因植物です。

えぞ式すーすー茶は鼻炎・花粉症に効果なし?口コミ&評判まとめ
皆さんは憎き鼻炎・花粉症でお悩みの同士だと思います。対策しても「鼻水が止まらない!」そんな方にはえぞ式すーすー茶です。えぞ式すーすー茶は鼻炎、花粉症で悩む方の最後の砦なのです。今回はえぞ式すーすー茶の効果や口コミを紹介していきます。
花粉症と風邪の見分け方はせき?のど?鼻水?何で見分ければいい?
せきや鼻水が止まらなくなる花粉症の時期がやってきました!そんな時、風邪を引いたかも…でも花粉症か風邪か見分け方が分からない時ってありますよね?今回はせきとのどの痛みが風邪か花粉症か見分け方をご紹介します!

それぞれの花粉症の特徴は?

上記の様に多くの種類がある原因植物ですが、スギ花粉ならスギ花粉の花粉症、ヒノキ花粉ならヒノキ花粉の花粉症と、それぞれの花粉で特徴があります

これらを理解しておくのも花粉を防ぐ上で大事な事です。

2019年にいつからいつまで花粉が、飛散するのかを確認する前に、それぞれの花粉の症状を確認していきましょう。

ヒノキ・スギ花粉症の特徴

杉

スギ花粉とヒノキ花粉は2月~5月にかけて飛散する花粉です。

スギ花粉とヒノキ花粉は、飛散時期が重なる為混同されやすく、花粉の構造が似ている為同時に発症しやいです。

そのため、2つの花粉症を合わせてスギ・ヒノキ花粉症とも呼ばれます。

スギ花粉のみ発症する方は多いですが、ヒノキ花粉のみ発症する方は少ないようです。

ハンノキ・シラカンバ花粉症の特徴

バーチの木

ハンノキ花粉とシラカンバ花粉が飛散し始める時期は、本州でスギ花粉とヒノキ花粉が飛散する時期とほぼ同時期です。

そのため、ハンノキとシラカンバが多く生息している北海道では、スギ花粉症とよく間違えられます。

北海道にはほとんどスギ花粉症は見られないので、2~5月に花粉症で悩まされている北海道民の方は、ハンノキ・シラカンバ花粉症である確率が高いです。

この二つの花粉も似ている為、シラカンバ花粉症になった人は、同時にハンノキ花粉症になっている事があるそうです。

イネ科花粉症の特徴

イネ科

スギ花粉やヒノキ花粉がようやく収まった頃に、飛散し始めるのがイネ科の花粉です。

イネ科の植物が飛散し始める時期は梅雨の時期と被っているので、湿度が高く飛散しにくい時期になります。

スギ花粉などと違って、飛散距離もせいぜいが数キロ程度なので、お住いの近辺にイネ科の植物がなければ、イネ科花粉症のリスクはかなり低くなります

しかし北海道では梅雨が無く、乾燥しているのでイネ科の花粉症患者が多く見られます。

キク科・クワ科花粉症の特徴

ブタクサ

キク科・クワ科の花粉は8~10月頃に飛散のピークを迎えます。

中でも有名な植物はヨモギでしょう。

古くから重宝されてきたヨモギですが、ヨモギ花粉症になると、果物過敏症を引く起こす可能性があるので注意が必要です。

ブタクサは数が減少しており、発症率が低くなっていますが、ブタクサ花粉症の方は果物過敏症の方が多いと言われています。

花粉症にはべにふうき茶が効果的?気になるお茶の作用を調べてみた
花粉症に対してべにふうき茶は本当にオススメなのか?べにふうきに含まれている成分や花粉症やアレルギーの症状に対して期待できる効果効能などについてご紹介。花粉症にはお茶が効くのかどうか?詳しく知りたい方は必見です。
花粉症によく効くお茶をご紹介!ペットボトルで買えて利便性抜群
花粉症の対策や予防に効くお茶をご紹介!コンビニやスーパーなどの市販でも購入できるペットボトルのお茶を厳選してまとめています。その他、お茶に秘められたさまざまな効果やお茶以外での花粉症対策などもまとめています。

2019年花粉飛散予想

日本

いよいよ2019年の花粉飛散予想を見ていきます。

2019年の花粉はいつからいつまで飛散しているのでしょうか

いつからいつまで飛散しているのかを確認しておけば、花粉症の対策にもつながります。

地域によって花粉の飛散する時期は大きく変わって来る場合があるので、今回は地域ごとに同じ時期に飛散している花粉をいつからいつまで飛散しているのか?と言う風に、まとめて紹介していきます。

あなたの地域はいつからいつまで花粉が飛んでいるのでしょうか?

【2019年】北海道エリアの花粉飛散予想

北海道は本州と比較して、花粉の飛散が少ない地域です。

花粉症に悩まされている方に、引っ越しをおすすめしたいぐらい花粉の飛散が少ないです。

そんな北海道ですが、2019年はいつからいつまで花粉が飛散しているのでしょうか

早速見ていきましょう。


ハンノキ・スギ花粉

まず2019年に入って一番最初に北海道で飛び始める花粉はハンノキ花粉とスギ花粉です。

これらの花粉は3月の中頃から同時に飛び始めます。

飛散する量は少なめと予想されています。

5月に中頃にはどちらの花粉も飛散が落ち着くでしょう。

ヒノキ・シラカンバ花粉

2019年のヒノキ・シラカンバ花粉は4月の中頃から飛散し始めます

北海道ではシラカンバ花粉の量が一番多く、4月の下旬から6月上旬までやや多目の花粉が飛散するでしょう。

7月に入るころにはヒノキ・シラカンバ花粉共に飛散は落ち着いてくるでしょう。

イネ科の花粉

イネ科の花粉は2019年の北海道では、5月上旬から10月上旬頃まで飛散します。

1年を通して最も長く、飛散しているのがイネ科の花粉です。

6月の中頃から7月上旬がイネ科の花粉のピークのなるでしょう。

北海道は乾燥しやすい時期なので、花粉対策をお忘れなく!

ヨモギの花粉

ヨモギの花粉は8月に入ってから飛散し始めるでしょう。

飛散する量は少なめになりそうです。

飛散の終了時期はイネ科の花粉と同じ10月上旬頃になりそうです。

【2019年】東北エリアの花粉飛散予想

東北エリアは日本で1,2を争うほど花粉が多い地域です。

2019年ではいつからいつまで花粉が飛散しているのでしょうか?

東北エリアにお住まいで花粉症の方は、いつからいつまで花粉が飛散しているのかを確認して、何らかの対策をたてる事をおすすめします。


ハンノキ・スギ花粉

東北エリアで最も脅威になる花粉がスギ花粉です。

ハンノキ・スギ花粉共に1月の中頃から飛散し始めています

ハンノキ花粉の量は常時少なめですが、スギ花粉は2月の中頃から4月の中頃まで、飛散量がとても多くなるでしょう。

ハンノキ・スギ花粉が落ち着いてくるのは6月の中頃になるでしょう。

ヒノキ・シラカンバ・イネ科花粉

2019年の東北エリアでは、ヒノキの花粉は3月の中頃から飛散し始めるでしょう。

シラカンバ・イネ科花粉はやや遅れて3月下旬頃から飛散し始めると予測されます。

ヒノキの花粉は4月でピークを迎え、5月の中頃には落ち着きます

イネ科の花粉は11月に入るまで飛散し続けますが、5月6月あたりがピークになるでしょう。

ブタクサ・ヨモギ花粉

2019年の東北エリアではブタクサ・ヨモギ花粉は8月上旬から飛び始めます

ブタクサ・ヨモギ花粉共に9月の上旬にピークを迎えます。

その後は10月の下旬まで、少ない量の花粉が飛散しているでしょう。

花粉症にヨーグルトは効くの?効果的な食べ方や必要量を徹底調査!
ヨーグルトを食べる事で花粉症の予防や対策にどうつながっていくのか?主に花粉症に対してのヨーグルトの効果・作用や、その他で期待できるヨーグルトの意外な効果についてまとめています。日常生活から花粉症予防したい方は必見です。
【Q&A】花粉症におすすめのヨーグルトは?いつ食べればいいの?
花粉症に対するヨーグルトの効果や期待できる作用についてまとめています。いつ食べればいいのか?どんなヨーグルトがおすすめか?食べ方や花粉症に効果的な善玉菌の種類なども紹介していますので、花粉症に悩む方は必見です。

PR

【2019年】関東エリアの花粉飛散予想

関東エリアは季節を問わず、何らかの花粉が飛散している、花粉症患者からすれば地獄のようなエリアです。

2019年はいつからいつまで、どの花粉がピークを迎えるのかだけでも確認しておきましょう。

関東エリアはピークの予想だけ紹介していきます。


ハンノキ・スギ・ヒノキ花粉

ハンノキ・スギ・ヒノキ花粉はややピークの時期がずれます。

ヒノキ・スギ花粉は2月の上旬から4月下旬までにかけて大量の花粉が飛散するでしょう。

ハンノキは3月の中頃から4月下旬までがピークになりますが、量はそこそこ多い程度です。

イネ科の花粉

2019年の関東エリアでは5月に入ってからが、イネ科の花粉の飛散量がピークを迎えそうです。

5月の中頃には落ち着いてくるでしょう。

しかし、2019年の関東エリアではほぼ1年中イネ科の花粉が飛散しているので、注意が必要です。

ブタクサ・ヨモギ花粉

ヨモギ・ブタクサ花粉は8月の中頃から10月下旬にピークを迎えるでしょう。

特に2019年の関東エリアでは、ブタクサ花粉が多く飛散する予想です。

ブタクサ花粉症の方は、花粉症対策を怠らない様に気を付けましょう

【2019年】中部・東海エリアの花粉飛散予想

関東に比べると花粉の飛散量はとても可愛いものです。

しかし量は少なくても、1年中何かしらの花粉が飛んでいるので花粉症対策は怠らない様にしましょう。

それでは2019年はどの花粉が、いつからいつまで飛散しているのかを見ていきましょう。


ハンノキ・スギ花粉

ハンノキ・スギ花粉はどちらも1月上旬から5月頃まで飛散するでしょう。

たし大きく違うのはその飛散量です。

ハンノキ花粉はずっと少なめですが、スギ花粉は2月中頃から3月下旬までかなりの量が飛散します

イネ科花粉

イネ科の花粉は2019年の中部・東海エリアでは、3月下旬から飛散し始めるでしょう。

イネ科花粉の飛散量はそれほど多くはありません

しかし11月頃まで飛散しているので、イネ科の花粉症の方は注意が必要です。

ブタクサ・ヨモギ花粉

ブタクサ・ヨモギ花粉は9月の上旬から10月の上旬頃と比較的短い期間の飛散になるでしょう。

飛散する量もそれほど多くはない予測なので安心してください。

花粉症に効果のあるのはR-1ヨーグルト?LG21ヨーグルト?
スギ花粉の季節、R-1ヨーグルトやLG21ヨーグルトは必ずと言っていいほど話題にあがりますよね?R-1やLG21ヨーグルトって、実際どっちが花粉症に効果アリなのでしょうか?なぜ花粉症に効果が現れるのかも一緒に解説します!
花粉症薬の強さランキング!処方薬と市販薬を徹底的に比較してみた
スギ花粉の厄介な季節、花粉症対策に欠かせない薬ですが、たくさんの種類の抗アレルギー薬が出回っていますね。市販薬と処方箋薬の強さはどれぐらい違うのでしょうか?花粉症の処方箋薬と市販薬の強さをランキング形式でまとめます。

【2019年】関西・中国・四国エリアの花粉飛散予想

2019年の関西・中国・四国エリアでは、スギ・ヒノキ花粉はもちろんですが、ブタクサ・ヨモギの花粉にも注意が必要です。

それぞれ飛散量は、そこまで多くないのが不幸中の幸いでしょうか。

それでは2019年の関西・中国・四国エリアでは、どの花粉がいつからいつまで飛散しているのか、見ていきましょう。


ハンノキ・スキ・ヒノキ花粉

2019年ハンノキ・スギ・ヒノキ花粉は1月の中頃から飛散し始めました。

スギ花粉は2月から4月にかけてピークを迎え、スギ花粉のピークが終わったと思えば、ヒノキ花粉のピークがやってきます

ヒノキ花粉のピークは5月頃まで続くでしょう。

イネ科花粉

イネ科の花粉は2019年では、ほぼ1年中飛散しているでしょう。

飛散する量が増える時期が数回あります。

まずは4月の下旬から6月にかけて、次に8月の上旬から9月上旬まで、10月に入ってからも少しだけ飛散量が増えるでしょう。

ブタクサ・ヨモギ花粉

ブタクサ・ヨモギ花粉の飛散し始める時期は8月の中頃から、ピークは9月下旬から10月上旬までとなっています。

花粉の飛散が終わる時期がバラバラで、ブタクサは10月中旬まで、ヨモギは11月の中旬までと予想されます。

飛散し始める時期やピークの時期は同じでも、ヨモギ花粉の方が1ヵ月長く飛散しているのは不思議ですね。

【2019年】九州エリアの花粉飛散予想

九州も他の地域と同様、スギ・ヒノキ花粉が猛威を振るうでしょう。

2019年の花粉飛散量と、いつからいつまで花粉が飛散するのかも確認しておきましょう。

スギ花粉の飛散している時期にも注目です。


スギ花粉

2019年の九州エリアのスギ花粉は1月に入った段階で既に飛散しています

ピークは他の地域と同じく、2月から3月下旬にかけてになりそうです。

その後、7月まで、少し飛散しています。

そして、2019年の10月頃から飛散し始め、来年まで飛散すると予想されています。

ハンノキ・ヒノキ花粉

2019年のハンノキ花粉は1月から徐々に飛散し始めます。

一方ヒノキ花粉は3月の上旬から飛散し始め、3月の中頃から4月の中頃までがピークになります。

ハンノキ・ヒノキ花粉共に、5月の下旬には飛散が落ち着いてくるでしょう。

イネ科花粉

2019年の九州エリアでも、イネ科の花粉はほぼ1年中飛散しています

ピークは4月中頃から6月の中頃まで、8月の下旬から9月の上旬まで、10月の上旬と、3回に分けてやってきます。

イネ科の花粉症の方は、十分に花粉症対策をしておきましょう

ブタクサ・ヨモギ花粉

ヨモギ花粉は、8月の上旬から飛散し始めます。

ブタクサは9月に入ったあたりから、飛散が始めるでしょう。

ブタクサ・ヨモギ花粉のピークは9月下旬から10月にかけてになりそうです。

ブタクサ・ヨモギ花粉の飛散は、共に11月の上旬には落ち着いてくるでしょう。

花粉症のステロイド注射は副作用が出る?値段や注射を打つ時期まとめ
スギ花粉に悩まされるこの時期も安心して迎えられるようになりたいならステロイド注射です!「ステロイド注射って何?」「危険じゃないの?」と言う方の為にステロイド注射の値段や副作用などについて紹介していこうと思います。
子供の花粉症の症状を止める裏技はある?対策をしていても無駄?
主に子供の花粉症に関する情報をメインでまとめています。子供と大人の花粉症では症状などにも違いがあり、薬の種類や治療法が異なるケースもあります。正しい治療と花粉症の初期段階での予防が大切なので気になる方はご覧ください。

2019年の花粉はいつからいつまで?花粉飛散予測まとめ

杉

ご自分の地域の花粉の飛散する時期は、確認できましたか?

飛散している花粉は、地域によって種類も時期も大きな差があるので、必ずご自分のお住まいの地域を確認しましょう

いつからいつまで飛散するのかさえ分かれば、花粉症の対策も立てやすくなるはずです。

花粉症対策をしっかり行い、2019年を乗り越えましょう

あなたへのオススメ

コメントを残す

*