メンズにおすすめのピアッサーは?耳たぶや軟骨など用途別にご紹介!

メンズピアッサー選び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアスを開けるなら手軽に開けられるピアッサーを使用したい!

ピアッサーと言っても世の中にかなりの量がありますし、耳たぶ用や軟骨用、種類を合わせるとどんなピアッサーが良いのか分からなくなってしまいますよね。

メンズ用のピアッサーはあるの?おすすめはどれ?と言った疑問にお答えしていきます。

ピアッサーの選び方と耳たぶ・軟骨それぞれにおすすめのピアッサーの種類をまとめてみました。

PR

ピアッサーの特徴

メンズピアッサー特徴

ピアスを手軽に開けたいというなら、ピアッサーはおすすめです。

バネ状の機械で押し込む事でピアス穴をあけると共にファーストピアスを挿入させることができるためピアッサーは扱いが簡単なのが特徴的です。

ピアッサーは、1つ穴をあけるのに1個消費するため、ボディピアスや、複数個ピアスを開けたい場合にはコスパ的におすすめできませんが、メンズなら少量のピアスがオシャレですし一番最初のピアッシングであればピアッサーを選ぶのが良いでしょう。

ピアッサーにメンズ用はない!

メンズ用ピアッサー

メンズ用のピアッサーを探している方!

ピアッサーにメンズ・レディースはありません

残念ながらないんです…。

ただ、メンズ用として今回ご紹介する理由としてはファーストピアスの種類をご紹介したいから!

女性向けにキラキラとしたが多いピアッサーですが、ファーストピアスは2.3週間付けっぱなしにしなければいけない!
女々しいのずっと付けるのも嫌ですよね…。

なので、メンズでも気軽につけて居られるファーストピアスのピアッサーをご紹介します。

男の片耳ピアスはどっちにつけるべき?右と左では意味も違う?
男が片耳ピアスを付けるなら右耳と左耳どっちがおすすめなのでしょうか?付ける耳や、数によって意味が変わってくるという話もありますがその真相とは?メンズが片耳ピアスとして付けるのにおすすめのピアスの種類などもご紹介!
自分でピアスを開ける方法とファーストピアスの期間、消毒方法まとめ
ピアスを自分で開ける方法、知りたくないですか?この記事では、自分でピアスを開ける方法と、筆者おすすめのピアッサーを紹介しちゃいます♡また、気になるファーストピアスの期間や消毒方法の情報も集めてみました!

メンズにおすすめのピアッサーの選び方

メンズピアッサー選び方

まずはピアッサーの種類と選び方についてご紹介していきます。

選び方については分かってる!という方はさっさとおすすめピアスを紹介しているとこに飛んじゃってください(/・ω・)/

⇒耳たぶにおすすめのメンズピアッサー
⇒軟骨におすすめのメンズピアッサー

PR

ピアッサー・ファーストピアスの素材

ピアスの素材

まず確認してほしいのが、ピアッサー本体やファーストピアスに使用されている素材です。

金属アレルギーを持っている方や、肌荒れしやすい方は特に気を付けてください。

金属アレルギーを持っているのにステンレス製のものを使用してしまうと傷口から膿んでしまったり荒れる原因になってしまいます。

耳たぶの場合皮膚が薄いので悪化しやすいですし、軟骨ピアスは骨ですからね…膿んだら治りにくくなりますし気を付けましょう。

アレルギーかよくわからない。という方は金属アレルギーに反応しにくいチタン製のものを選んでおけば比較的安全です。

ピアッサーのG数

ピアッサーのG数

G数(ゲージ数)というのは、針やファーストピアスの太さのことを表しています。

耳たぶで有れば18Gが一般的です。

お店で販売されているオシャレピアスのほとんどが18Gですし、ボディピアスや太いものを着けたいというわけでは無ければ18Gで問題ないでしょう。

ただし、軟骨にピアッサーで開けたい・将来的に拡張したいと考えているなら16Gもしくは14Gのもので開けるのがおすすめ。

痛みに弱いのであれば20Gなどの細目のもので開けると痛みを感じにくいです。

ポストの長さ

シャフトの長さ

ポストはファーストピアスの軸部分の長さの事です。

ポストが短いファーストピアスを内蔵しているピアッサーを使用すると圧迫や埋もれる原因になります。
耳たぶがあまりにも薄いという方以外は8㎜のポストタイプがおすすめ。

軟骨の場合はまた長さが変わってくるので軟骨専用ピアッサーを使用しましょう

ファーストピアスのヘッド部分の大きさ

意外と見落としやすいのですが、ピアッサーに内臓されているファーストピアスのヘッドの大きさは確認しておいた方がいいでしょう。

ピアスバレしにくいように小さめのストーンが付いているものを選ぶ気持ちはわかりますが、危険です!

筆者はポストが短くストーンが小さいファーストピアスを付けた結果、耳たぶの中にストーンが埋もれるというピアストラブルを起こしました。

ピアス穴を少し切って抜くのですがこれがめちゃくちゃ痛いので…軸の1.5倍くらいあるヘッドのファーストピアスであることを購入前に確認しておくといいでしょう。

ファーストピアスのデザイン

メンズ向けピアッサーデザイン

そして、メンズがピアッサーを選ぶ上で一番大切なのがファーストピアスのデザインです!

耳たぶなら最低でも2週間長くて1ヵ月以上、軟骨の場合は3週間以上着けておく必要があります。

あまり気にいらないデザインをずっと着けておくのは嫌ですよね?
特にピアッサーは女性向けが多く可愛らしいものが多いです。

メンズが使用していても違和感のないデザインを見つけてなるべく長くファーストピアスを着けておくようにしましょう。

ピアスを開けるならピアッサーとニードルどっち?痛みにも違いがある?
ピアッサーとニードルどっちでピアスを開けるのがおすすめなのでしょうか?ピアスを開けたいと考えているなら気になるピアッサーとニードルの痛みの違いや準備するものの違いなどを細かく比較していきたいと思います!
金属アレルギー対応のピアスでおすすめの素材はチタン?樹脂?
金属アレルギーだからとピアスを諦めてはいませんか?樹脂やチタンを初め、アレルギーに対応している素材をまとめてみました!また、アレルギーを起こしやすい素材も調査してみたので、ピアスを購入する時の参考にしてみてくださいね!

耳たぶを開けるのにおすすめのピアッサー

さてさて、それではメンズにおすすめのピアッサーをご紹介していきましょう!

一部筆者の独断で選んだものもありますが、上記のピアッサーの選び方を踏まえてご紹介するので是非参考にしてください。

ピアチェーレ ピアッサー

筆者も一時期使用していたピアチェーレ ピアッサーは、開ける際にズレにくいように耳たぶを挟んでからピアッシングを行うピアッサーになっています。

黒猫のパッケージが女性らしくメンズから距離を置かれそうですが、ちょっと待ってください!

このピアッサーの特徴はセットされているファーストピアスが透明ピアスであるというところ!

ファーストピアスで透明ピアスに差し替えるのは基本的にNGとされていますが、ピアチェーレはもともと透ピなので安心して使用できます。
また、中央部分が開いているため12㎜以上の市販のピアスを付けることができるのも特徴的です。

ピアスバレしたくない。綺麗にピアスを開けたいという方におすすめです。

ファーストピアスの材質:医療用樹脂
G数:16G
デザイン:透明ディスクタイプ

ピナック

ピアスガンのような形のピアッサーピナックは両耳用・片耳用など、様々な種類で展開されています。

ファーストピアスのデザインは誕生石のものと、ボディピアスのようなシルバーボール・ゴールドボールがあるのですが、ストーンが結構キラキラするのでメンズならシルバーボールがおすすめかなと思います。

G数が小さめなので痛みが少なく、手軽に開けることができるのが特徴的です。

ピナック1αという両耳用のピアッサーはピアスガンのような形をしており力を入れやすいので開け方が簡単でおすすめです。

ファーストピアスの材質:医療用ステンレス
G数:19G
ヘッドサイズ:3㎜
ポスト長さ:8㎜

セイフティピアッサー

ドンキ・ホーテやドラッグストアでよく目にするセイフティピアッサーは種類が多く、メンズにもおすすめのピアッサーです。

通常のサージカルステンレスピアッサーと、金属アレルギー対応のチタンタイプと展開されているのも嬉しいところ!

手のひらに収まる程小さなピアッサーなので力も加えやすく簡単にピアッシングを行うことができます

ストーンがメンズには好まない色かもしれませんが、ダークカラーやボールのものなら問題なく使えるのではないでしょうか?

ファーストピアスの材質
 医療用ステンレス
 純チタン処理をした医療用ステンレス
G数:16G
ヘッドサイズ:3㎜ ポスト長さ:8㎜

ピアスは病院の何科で開けるべき?痛い?値段は安いの?
自分でピアスを開けるのは痛い!無理!かといって友達に開けてもらうのも怖い!と開けるのを諦めてはいませんか?実は病院でもピアスを開けてもらえるんです!病院でピアスを開けてもらうなら何科を受診すればいいのか?値段や痛さ、そして病院でピアスを開けるメリットとデメリットをまとめてみました!是非参考にして...
男のピアスはダサい?かっこいい?女子ウケが良いピアスまとめ
男がピアスをつけているのはダサいと感じている女性が大半なのをご存知でしたか?男性がつけているピアスはもしかして女子ウケが悪いのかもしれません。それでもオシャレなピアスを身に付けたい男性はどんなピアスを付ければかっこいいと思ってもらえるのでしょうか?女子ウケが良くなるピアスの種類と選び方をまとめて...

軟骨へのピアッシングにおすすめのピアッサー

続いては軟骨へのピアッシングを行う際におすすめのメンズ向けピアッサーをご紹介。

軟骨へのピアッシングは必ず軟骨用を使用するようにしてください。

軟骨は骨です。耳たぶ用のピアッサーを使用することで周辺の軟骨を割ってしまったり、上手く刺さらない場合があります

また、G数も耳たぶよりも大きなものを使用するのでケチらず専用のものを使って開けるようにしてくださいね!

セイフティピアッサー

先ほどもご紹介したセイフティピアッサーは、耳たぶ用から軟骨・ボディピアスのピアッサーまで揃っているので本当に使い勝手がいいです。

軟骨用は14Gの太さになっており、ステンレスタイプ・純チタン処理をした医療用ステンレスとさらに、透明の樹脂タイプのもの迄あります。

メンズならボールタイプか透明の樹脂タイプがおすすめです!

ファーストピアスの材質
 医療用ステンレス
 純チタン処理をした医療用ステンレス
 純金処理をした医療用ステンレス
 樹脂
G数:14G
ヘッドサイズ:3㎜ ポスト長さ:8㎜

ピナック・Aα

ピナックも耳たぶの方でもご紹介したピアッサーですね。

ピナックの軟骨用ピアッサーピナックAαも手軽に軟骨ピアスを開けられるピアッサーになっています。

ヘッドデザインも銀色のボールなのでメンズでも気兼ねなく使用できますし、男女問わず人気が高いです。

医療用ステンレスを使用しているので、金属アレルギーが無い方におすすめ

ファーストピアスの材質:医療用ステンレス
G数:14G
ヘッドサイズ:3㎜
ポスト長さ:8㎜

メンズにおすすめ!耳たぶ用・軟骨用ピアッサーまとめ

ピアッサーの選び方やおすすめピアッサー分かったでしょうか?

メンズならピアッサーの種類をファーストピアスのデザインで選んでしまうのが手っ取りばやくおすすめだったりしますw
結局どれで開けたって痛いですからね。

自分好みじゃないファーストピアスだと外したくなってしまいますし、最初からお気に入りにできるピアスを選びましょう。

軟骨用ピアッサーはあまり種類が多くなく、耳たぶ用としても販売されているシリーズで購入できます。
軟骨は耳たぶよりも力が必要になってくるので、一度耳たぶでピアスを開けてみて力の入れ方を覚え、同じシリーズで軟骨を開けると比較的スムーズにピアッシングが行えます。

セルフで開けるのが怖いというのであれば友達などに頼んで開けてもらいましょう。躊躇って開けるのが一番危険ですからね。

コンプレックスは全国85院展開中の湘南美容クリニックで解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは今、どんなコンプレックスがありますか?身体に関わるコンプレックスは誰にだってあるものですが、あなたは変わりたいと心から願っていますか…?

TVCMも放映し、全国に85院も展開している「湘南美容クリニック」ならあなたが悩んでいるコンプレックスを簡単に解消する事が出来ます。

タトゥー除去は勿論、ニキビ、わきが、脂肪吸引、バストアップ、毛穴、薄毛、リフトアップからプチ整形まで様々な施術に対応しており、症例写真も充実しています。

先ずはカウンセリング予約から無料で相談をしてみましょう。初診料や診察料も無料なので気軽に来院してカウンセラーと治療の流れを決める事が出来ます。

悩んだままではなく、先ずは「行動」をする事から始めてみましょう。きっとあなたのコンプレックスは改善される筈です。


コンプレックスを無くす

あなたへのオススメ

コメントを残す

*